真珠

b0168823_19281759.jpg

"Ma petite perle"と呼ばれることがある。
直訳してしまえば「僕の小さな真珠」。
小さな=大切な、でしょうか。

深い海の底の貝の中、密かに眠る真珠=大切なもの、プレシャスなものという気がする。
掘り出して磨くダイアモンドより、静かではかなげな感じ。
「男の人に大切にされている」と思えるのは悪くない。

真珠はいくつか持っているけれど、全部両親から贈られました。

ファースト・パールは17歳の時に贈られた取りはずしの出来る一粒パールのペンダントヘッドがついたベビーパールのネックレスと一粒パールのピアス。
まだピアスホールをあけていなかったけれど、高校を卒業したらピアスにすると宣言していた私に「最初のピアスは本物にしなさい」と贈ってくれた。
2連のネックレスとブレスレットは繋げて長いネックレスとしても使える。
母が自分のパールのグレードを上げて新しい物を買った時に譲ってくれた。
留めの部分をわざとサイドに見せてつけるのが好き。
5本の淡水パールは胸までの長さでバラバラでも使えるし、ねじって首まわりに巻いて付属の金具でとめればチョーカー風にもなる。
真珠のリングは母が昔使っていたもの。アンティック風。
淡水パールのチョーカーとおそろいのピアスは、誰だったかデザイナーもの。
一番最近贈られたのは、良いパールをみつけたからと作ってくれた一粒のピアス。
10代で贈られた一粒ピアスよりもグレードが高く、顔周りが明るくなる。

どれも誕生日などではなく、普通の日に突然贈られた。
私はかしこまった時だけでなく、普段からカジュアルな服に合わせて使っています。
「カジュアルな服の時にこそ小物類は質の良い本物を身に着ける」というのを理想としているので。

6月の誕生石の真珠。
風水の李家幽竹さんによると、真珠は女性の幸せと豊かさを象徴するそう。
今年は「陽の気」が強い海水パールがお勧めだそうです。
[PR]

by sahobo | 2009-06-07 19:46 | Favorites