本、本

相変わらず読書の日々。
通勤の電車、休憩中はもちろん、夜も何もなければ8時半にはベッドに入って読み出してしまう。
はやっ。
寝るのは毎日11時きっかり。
健康的・・・。

今読んでいるのは、夏目漱石が絶賛した中勘助の「銀の匙」 (角川文庫)。
その頃の子供の遊びや様子を私が知っているはずはないのに、懐かしい気持がする。
擬声語や擬態語のいきいきとした響き、やわらかな日本語が心地よい。
日本語の美しさを堪能できる文章。
幸福感に包まれます。

「健全な肉体に狂気は宿る-生きづらさの正体」 内田樹 春日武彦 (角川書店)。
出版されてすぐ(2005年)に一度読んでいるけれど、目についたので読み返してみた。
30代女性の生きづらさ。(苦笑)
う~ん、生きづらいとは思ってないんだけれど・・・生きやすくもないので、今読んでも参考になる。
これが出版された頃は「負け犬」とか「オニババ化」とか、そういうことが話題になっていたみたい。
(読んでいないけれど)
「中腰」と「自己客観視」「秘密」に賛成。
内田樹の本は面白くて好き。
b0168823_21504426.jpg

白糸の滝
[PR]

by sahobo | 2009-07-01 21:52 | Books & Music