世界遺産のある街 ザンクトガレン(St.Gallen) スイス その2

世界遺産のある街 ザンクトガレン(St.Gallen)。(その1はこちら)

街歩きのあと、世界遺産の修道院へ。

この門からすでに世界遺産らしい。

b0168823_20132537.jpg


世界遺産の基準を良くわかっていなかったのですが、

「世界遺産(せかいいさん World Heritage)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」(Outstanding universal value)をもつ不動産を指す。」 

Wikipedia


だそうです。

修道院のあるカトリックの教会。
b0168823_20164293.jpg


2つの塔がある教会はマルタやイタリアなどカトリックの国にあよくある形で馴染み深い。

大聖堂は1755年から1767年にかけて建築されたバロック後期の建築。
1983年にUNESCOの世界遺産に登録されたそう。

天井にびっしりと描かれた絵。
b0168823_20182044.jpg


エメラルドグリーンの花飾りが美しい。

ずいぶんと明るく綺麗な教会でした。
b0168823_20202848.jpg


そしてお目当ての修道院図書館へ行ったのですが・・・。
さすがにここは厳しく、写真撮影は禁止!(が~ん)

b0168823_20223614.jpg教会の横の小さなドアを入って、2階にのぼり、右のお店でチケットを購入。

カメラや荷物は無料のロッカーに預けて、いざ図書館へ。

図書館前でチケットを見せて、大きなスリッパを靴の上からはいてやっと図書館ホールへ。

おぉ~~~~!
「スイスで最も美しいロココ様式の最高傑作」とガイドにあったけれど、さすがに素晴らしかった。
優美な空間。

b0168823_20323290.jpg展示されていた楽譜は8世紀頃のものからモーツァルトまで、どれも興味深い。
ザンクト・ガレン修道院図書館には現在17万巻が所蔵されているそうです。
(写真、お借りしました)



バーチャル図書館で一部閲覧できます。www.cesg.unifr.ch

世界遺産になった場所って綺麗になりすぎていたり観光地化されすぎていたり(白川郷とか)することがあるけれど、それでもやっぱり「素晴らしい」んですよね。
だから世界遺産になっているわけだけれど・・・。

ザンクトガレンではこんなものも食べました。
仏人が「おいしいらしい」とどこかで読んだこのソーセージみたいなの。
b0168823_2038599.jpg


こういうプロセスフード、体に悪そうな気がして食べないのですが・・・。
寒いしおなかは空いてるし、挑戦。
b0168823_20393561.jpg


普通の丸いパンとこれをポンと渡されました。
(や、野菜が欲しい・・・)

でも、おなかも空いていたからかおいしかった。(笑)

この気候じゃやっぱりグリーンの冷たい野菜っていう気分じゃない・・・。
風土にあったものがおいしいと感じるわけです。

この後ちょっと離れた湖のある小さい町に行ったり。

スイスもまだまだ行きたいところがたくさんある。
世界遺産もいくつもあるし、次はどこへ行こう?

♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr UP DATED!
[PR]

by sahobo | 2011-01-25 20:45 | Travel Switzerland