スイス・ジュネーブで働く (就職編)

b0168823_17554826.jpg
突然気温が下がったジュネーブ。最低気温5度。

昨日の朝のラジオの天気予報で「今日から冬です」と言っていた。
冬が来るの、早すぎ!(日本は30度越えたとか?)

ところで、8月末に就職しました。
働きはじめてから、あっという間に1ヶ月以上。
今回は仕事探しのことなど。

去年の12月に「自立計画」という目標を掲げ、本格的に仕事を探しを始めたのが今年の1月。
ネットや新聞で興味のあるポジションをみつけては履歴書を送る毎日。
スイスで働いたことがないので失業手当はもらえないけれど、アドバイスや仕事紹介をしてもらえるかもしれないと、職安にも登録。

履歴書、たぶん50通は送りました。
そのうち面接に呼ばれたのが10社ほど。
ジョブディスクリプションが英語でも面接はフランス語というところが多く、「こりゃいかん!」とばかりにまた就職を目的とするフランス語学校にも3ヶ月通いました。(この学校は厳しくて大変だったけれどとても良かった!)

そんな生活を続けること、半年ちょっと。

日本滞在中にスカイプで面接をしたインターナショナル企業に採用していただいたのです。

同時期にスイスの企業からもオファーを頂いたけれど、私が希望していたポジジョンではなかったのでこちらは辞退させていただきました。

今まで海外で日系企業2社、海外でフリーランス、日本で外資系企業、日本で日系企業と働いてきて、今回は初めての海外で外資系企業(日系ではない会社)。
毎日忙しいけれど、とても満足。楽しく働いています。
フレックスだから出勤時間も帰宅時間も自由、家からも働ける。
仕事さえきちんとしていれば良い自由な雰囲気で、ソファで仕事している人がいたり、音楽聴いてる人もいたりも。同僚達も基本、仲がいい。

同僚達は国籍も母国語もばらばら。
社内共通語は英語だけど、みんな最低3ヶ国語は話せるので、色々な言葉が飛び交っています。
フランス語圏の同僚達とは仕事以外の話はフランス語が多いかな。

日本人は私だけ。私がどこの国出身か、日本人だってことも知らない人がほとんどで「どこの国生まれ?どこで育ったの?」と聞かれたのは、グローバル会社ならではという感じ。
日本語を使うことがないのはちょっと残念なような気もするけど。せっかく母国語なのに。(笑)

半年間の就職活動&面接は私にとっては大変でした。
「この国では就職できないかも?」と何度も思ったので、本当にラッキーだし感謝せずにはいられません。
ほとんどがフランス語での面接だったから、面接の後に自分のフランス語のできなさに落ち込んでべそかきそうになったり。(苦笑)そして不採用でまたがっかりしちゃって。
ストレスで全身蕁麻疹が出たり。(全身ボツボツ!!)
「そんなに頑張らないで、このままお茶ライフでいいかなぁ」と開き直ったり。
だからスカイプ面接の数日後にまたスカイプで「採用」と言って頂いた時は、本当に本当にうれしかった!!
でもジュネーブに戻って初めてオフィスに行き、契約書にサインするまではどきどきでした。

私はキャリア追求とかバリバリ仕事に燃えて頑張るタイプじゃないと思うけれど、やっぱり働くことは嬉しく楽しい。
数年間のお気楽お茶ライフ(これも楽しかったけれど)を経て、あらためてそう感じている毎日です。

仕事探しを始める前に「こんな会社/仕事だったらいいなぁ」と好き勝手に条件をリストアップしたのだけれど、採用されてから見たらほとんどあてはまっていて、これはちょっとびっくり。
(引き寄せ!?)

それにしてもスカイプ面接(2時間)だけで採用されたのにも驚き。
他の候補者数名はオフィスでの面接だったらしく、スカイプは私だけ。会社側も初めてのスカイプ面接だったとか。
いまさらながら、時代は変わったのねぇ…。

先日、イギリスへ出張へ。
b0168823_19582433.jpg


チューダー様式のホテル。ザ・イギリス!
b0168823_201085.jpg


そしてあまりにイギリスらしいお天気。
滞在中ずーーーっと曇り/雨で、とても寒かった。
9月なのにヒーターをオンにしてしまった…。

b0168823_2021672.jpg


こんなダイニングルームもイギリスらしい。
このホテルはレストランのごはんがおいしくて、なかなか良かった。




♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-10-12 20:10 | Work in Geneva