カテゴリ:未分類( 26 )

Birthday Picnic

b0168823_551419.jpg


抜けるような青空。
ちょっと風は強かったけれど、気持ち良い5月最後の日。

スペイン人友人の息子のお誕生日ピクニックに行ってきました。

b0168823_562569.jpg


旧市街近くの一角。
子供の遊び場があるこんなところ、何度も通っていたのにピクニックも出来ることに気が付いていなかった。
テーブルもあってちょうど日蔭で景色が良くて、小さい子供連れには最高の場所。

b0168823_593394.jpg


12時半から13時の間に来てと言われていたけれど、スペイン人達が多い今回のピクニック。
過去の経験から13時過ぎに行ってみると、やっぱりまだ準備を始めたばかり。
結局だんだんと人が集まって始まったのは14時過ぎ。
12時半に行かなくて良かった。

b0168823_573526.jpg


デザイナーの友人は育ちが良く、何をしてもセンスがいい。
お洋服もインテリアもハイブランドとストリートブランドの混ぜ方、色使い、頑張りすぎでいないのになんだかオシャレ。
「Effortlessで洗練されていで上品ちょっとやんちゃ」が、かっこいいと思う私にはお手本です。

b0168823_59643.jpg


お料理の並べ方も、素敵な気がする。
写真はまだ準備中のところを撮ってしまって、全部並んでから撮るの忘れた。
そのころにはお腹がすきすぎていました。

b0168823_5341895.jpg

パンもシナモンロールもミニピザもレモネードもケーキも手作り。
スイカは三角に切ってアイスキャンディーみたいなスティックをさせてかわいい。
(写真はスティックなし。この後ゲストが手伝って作った。)
サンドイッチを並べた青と白の平らな皿も彼女が趣味でやっている陶芸で作ったもの。

30人くらい集まったかな。そのうち子供は10人くらいかしら。
スペイン語、フランス語、英語が飛びかう賑やかで楽しいピクニックでした。

5月も終わり!

追加
何人かに「ピクニックがお誕生日会なの?」と聞かれたのですが、本当のお誕生日の日はわざわざスペインに戻っておじいちゃんおばあちゃん、親戚達と盛大なお誕生日をやるそうです。



Instagramはこちら☆





♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2015-06-01 17:17

エリトリア/ケニア友人の子供の洗礼式へ…

b0168823_4392247.jpg


エリトリア/ケニア友人の第二子の洗礼式に行ってきた。

快晴の日曜日。
待ち焦がれちゃったよ、太陽!

b0168823_4411148.jpg


ワタクシ、この日は栄えある(?)ハンディカメラでの撮影係に任命されたので張り切ってしまいました。(笑)

洗礼式は、日曜日の御ミサが終わった後の教会で。

b0168823_4441094.jpg


友人家族はカトリックでもプロテスタントでもない、彼らの国のキリスト教なので、わざわざ神父様(牧師様?)もロンドンから来てもらったそう。

ヨーロッパのあちらこちらに住んでいる家族や親せきもかなり来ていた。

b0168823_4475314.jpg


私はカトリック教育を受けているけれど信者ではないから、洗礼式に対しても特別な思いはないけれど。
でも大きな力に守られて、幸せに健康に育って欲しいと思う気持ちは、日本のお宮参りなどと同じなんでしょう。

ちょっと感動的だった。

と言っても、セレモニーは彼らの言葉で行われたので、私には赤ちゃんの名前くらいしかわからなかったのだけれど。
神父様のお説教は熱く激しく、長く。
何言ってるかわからないけれど、熱烈に声を上げ表情豊かに感情をこめて話しているのはわかるから、「映画に出てくるプリーストみたいだ」なんて思ったり…。(不謹慎な!笑)

b0168823_4522230.jpg


洗礼式の後は場所を移して、ランチ。

エリトリア/ケニアのお料理。
初めて食べました。

b0168823_453147.jpg


長時間煮込んであるものが多いみたい。

「辛いのがあるけど、大丈夫?」と心配されたけれど、私には丁度いい辛さだった。

b0168823_4541896.jpg


戸惑ったのはこれを手で食べること。
片手で。

クレープみたいなのをちぎって、お料理を包んで食べるのですが。
そのうちこのクレープがシットリして、料理を包めなくなるし、難しかった。

最後ギブアップ。
私と香港人の友人はフォークを使ってフィニッシュ。
(ちょっと失礼じゃないかと心配になってしまった)

みなさん片手ですごく器用にちぎって、包んで、ほいっと食べる。
なぜか同じように出来ない…。

お箸をうまく使えない外国人の気持ちがわかったような気がする…。

b0168823_4565896.jpg


ご飯の後は、ケーキカット。

食前にもケーキカットの前にも神父様が何か言い、祈りがささげられていた。
ケーキはベイビーもパパとママと一緒にカット。
かわいいぃ。

b0168823_4575912.jpg


シャンペンもあけられて、音楽が流れ、みんなが踊り出すのもこの時。
輪になって、足でリズムを取りながら前に進んでいく踊り。

踊っている人も見ている人も、みんな「わらららららら…!」って声をあげて、やっぱり映画みたい~。
楽しい!

女性はこの白い民族衣装を着ている人が多かったけれど、綺麗だった。
友人は結婚式に来た衣装をまた着たそう。

セレモニーの正式の色は白なんだそうだ。
私も一応白いジャケットを着ました。

女性はすらっと背が高くて細く、美人が多い。
首も細くて長く、顔が小さくて、目が大きくて。
なんとなく「ネフェルティティってこんな感じかなぁ~」と。
きっとまったく人種も民族も違うんだろうけれど。

b0168823_502031.jpg


あま~いケーキ。

この日はほとんどファミリーだけだったので、私が出席していいのかなと思ったけれど。
こんなおめでたいセレモニーに呼んでもらえて、光栄でした。

b0168823_523293.jpg


「コーヒーを入れるよ」と、始まったのは上の写真。

青いコーヒー豆をその場で炒って入れるみたい。
青い(Raw)コーヒ豆ーって美容にとてもいいって前にどこかで読んだんだけど!
これのことか!?と興味深々…。

b0168823_53026.jpg


慣れた手つき。

ちょっと見えないけれど床に置いてあるお水の入った壺。
物語に出てくる壺みたいで良い感じ。

b0168823_55465.jpg


真っ黒になるまで炒って。

コーヒーはとても濃い!

そういえば、エリトリアには私の名前と同じ名前の民族がいて、同じ名前の言葉を話しているらしい!
さっきWikiで調べたら本当だった。
友人曰く、「女性がとっても綺麗な民族」だそう…。(なんだかうれしい。笑)

その民族の人に会ってみたいな。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-06-04 06:52

ディボンヌ レ バン(Divonne-les-Bains)をお散歩@フランス

b0168823_2393184.jpg


先週の、最高にお天気が良かった日の午後。
仏人義理両親に誘われて、フランスのディボンヌ レ バン(Divonne-les-Bains)へお散歩に行ってきた。

ジュネーブからは車で15分ほど。

初夏の雰囲気さえ感じられたこの日。
花々も咲き乱れて綺麗。
桜はもう葉桜だった。

カメラを忘れてしまってiPhoneで撮った写真がちょっと残念でした。

b0168823_23111534.jpg


たまにお散歩やお出かけ、ランチ等に誘ってくれる義理両親。
色々相談に乗ってくれたり、本当に良くしていただいている。

義理両親は英語を話さないので、必然フランス語100%の会話になる。

辛抱強く聞いてくれるし、間違えると直してくれて、新しい言葉を教えてくれたりもする。
ま、なかなか覚えられないんだけどね…。

でもこの日は、なぜか「ポルトガル」が通じなくて困った!
英語発音でも通じないし、そのうちフランス語の発音がわからなくなってきてしまい、「うーん、ポルトガル?」って、日本語で言ってみたり。

もちろん通じず・・・。

やっと最後にわかってくれ、「あぁー!Portugal(ぽぉ~ちゅぎゅぁ~る)!!」って。(笑)

いやいや、さっきからそう言ってるつもりだったんだけど…?

いつもここの仏人に「Rをちゃんと発音して!」って言われるんだ…。

結局PORもTUもGALも発音を間違っていたらしい。
つまり、全部。わはは。

「発音違うよな~」とはわかっても、では一体どんな音だったのか?がわからなくなってしまって、自分で出せないことが多いのは…なぜでしょう・・・?

b0168823_23124088.jpg


この日のお散歩は湖の周りを1周。
普段は3周くらいするそうだけれど、私がこのところ午後やることがあるので早めに切り上げてくれた。

でもお散歩の後は、町(村?)の中心に行って、お茶。

ここは温泉があって、お水も綺麗なよう。
温泉のある町に必ずあるカジノもあった。

b0168823_2316198.jpg


それから美味しいと教えてくれたパン屋さんでパンを買い。
ケーキ類もおいしそうだった!
暑かったのであまりケーキという気分ではなかったのだけれど、次回は買ってみよう。


でもこの日以降お天気が悪い日が続いていて、がっかり。
お散歩&自転車もなかなかできません。



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-05-01 07:25

脳内フランス語化計画、ふたたび。

b0168823_1125857.jpg


ただいま第何回目かの「脳内フランス語化計画」実行中なので、今は読む本もフランス語に。

タイトルと表紙に惹かれて選んだこの本。

猫のKafkaも犬みたいにリードを付けて公園を歩く!
この表紙、うちのフランス人がKafkaを連れてスイスの山を歩いているみたい!(笑)

そんな理由だけで選びました。

薄いので今週中に終わるだろうと思ったら…終わらなさそう。

今は読むべきもの、書くべきのが多すぎて、返って頭がこんがらがってきた…。

とりあえず、この薄い本は来週には終わらせよう。

b0168823_1191798.jpg


↑、先日お友達(のワンちゃん)が来た時の最初の反応。

ドアのあちら側から「な、な、なんだ?」って感じで目もぱっちり、耳もピンッ!


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-04-19 02:08

小さなお客さま

b0168823_2594194.jpg


小さなお客さま、我が家にご滞在中。
2晩お泊まり。

昨夜は1人で寝たくなかったらしく、ベッドに上がりたがり、結局ベッドで2人➕2匹で寝ることに。
4人でギュッと集まって、なんだか家族っぽい。笑

私は猫派だけど、小学校中学年からずっと犬をかっていたので犬も好き。
とてもお利口な犬だった。

それにしても二匹で家中をくっついてくるのが、めちゃめちゃ可愛い!
賑やかな楽しい週末でした。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-04-08 02:44

コモ(Como)へ@イタリア

b0168823_2020369.jpg


Pâques (復活祭)の休暇はイタリアのコモ(Como)とコモ湖周辺、それからスイスのルガーノ(Lugano)へ行ってきました。

Como到着の日は雨。

ジュネーブから道すがら、ずーっと雨。

b0168823_20202416.jpg


それほど寒くなかったのが救い。

b0168823_20292083.jpg


到着したのがお昼近かったので、早速友人お勧めのレストランへ。

街に人があまりいなかったのに、レストランは混んでいてびっくり。
お客さん達の話すイタリア語が耳に心地いい~。
フランス語とはまた違ったこの響き、好きです。

ウェイターは、イタリア語、フランス語、英語を話す男性だった。
ここは国境に近いし観光地だから何か国語か話す人も多いのかな。

でもイタリア、昔はローマでも英語はほとんど通じなかった記憶が…。
パリみたいだった。
今ではシチリアでも通じると聞くけれど。
(私が父とシチリア一周した時は英語、通じなかった。「英語話しますか?」ってイタリア語で聞くと「Si Si Si」って嬉しそうに答えるから、英語にすると相手はまったくわからない様子という…笑。私のイタリア語発音がまずかったわけではないと。笑)

とても雰囲気が良くて、こんなところが近くにあったら通ってしまいそう。
それに美味しい。
(あ~イタリア♥♥♥。)

b0168823_20344676.jpg


復活祭のお菓子、Colombaがあちらこちらに。

カラフルで綺麗!
この発色が…なんともイタリアっぽい!

b0168823_20364890.jpg


このパン屋さん、とても混んでいた。

鳩型のColombaもあったのだけれど、写真に撮り忘れちゃった。

仏人と「帰りに買おうね」と後で行ったら、もうこの写真の角型も鳩型もほとんど全部売れ切れ。
大きなもの1つしか残っていなかった…。
だからあんなに混んでいたのか~。

でも、次の日ホテルの朝食に出てきました。
美味しかったし、季節ものが食べられてちょっとうれしかった。

b0168823_20382869.jpg


街歩きをして、お店を覗いて、ミュージアムへ行って。

それから外に出たら雨も止んでいた。

山の上の家々に夕日があたってとても綺麗。

b0168823_20394014.jpg


コモは小さいけれどチャーミングな街。

イタリアの電気の光ってオレンジでほの暗くて独特。
この光に照らされた夜の街にいると「イタリアに来た」という気がする。

どの国にもそれぞれの「光の色」があって、その中にいると「あぁ、今、外国にいる」という気分になれるので面白い。

b0168823_20411037.jpg


夕暮れの湖沿い。
少しお散歩。

b0168823_20431428.jpg


それからまたカテドラルのある広場まで戻って…。

夜の街を散策。

お昼頃には空いていた街も午後になったら人が増えて、夜もそれなりに賑やかだった。
普段から夜は人がいなくて、特にヴァカンスの間なんてひっそりとしてしまうジュネーブとはそこが違う。

この日は行った入ったカフェも面白かったし、夜のレストランも良かったので大満足。
美味しかったから、またあらためて時間があったらアップします。


小旅行記、続く…。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-04-03 00:02

2013年、お正月の過ごし方。

b0168823_2474250.jpg


Bonne année 2013!!
明けましておめでとうございます。

2013年は我が家で、友人達と迎えた。

2012年はまた素敵な出会いがたくさんあった年だった。
我が家に来てくれた友人達も、2012年のお正月にはまだ知り合ってもいなかった。
縁があって知り合って仲良くなって…そう考えると不思議。

シードル1本、ワイン1本、シャンペン2本あけて、ほろ酔い気分で迎えた2103年。
0時と共にみんなで乾杯(それまでも飲んでいたけれど。笑)。

素晴らしい年になる予感!

b0168823_2512754.jpg


元旦の朝、いや、お昼頃に、のそのそ起きだす…。

海外で迎える新年はまったく新年の雰囲気がしない。

父が(古い)携帯で実家の新年の食事の写真を送ってくれた。
写真も古い携帯で撮っただけあってあまり綺麗ではないけれど、「食べたい!」と思ったので、載せちゃいます。
見えにくいけれど、薄くスライスしたパンの上に乗っているのはフォアグラ。
これは、私が写真を投稿しているサイトで当たったもの。
実家に送ってもらった、美味しかったみたい。喜んでくれてよかった。

年越しそばは毎年届けてくれる農家の方がいたし(今もかな)、お正月はお客様が多かったので、母もきちんと沢山のおせち料理を作って、お雑煮を作って・・・。
お正月の最初の食事は家族で日本間で。新年の挨拶をしてからいただいた。
父は3が日の間は、着物を着ていた。
0時の年明けの後には近所の神社に初もうでに行き、3日にはちょっと遠くの大社まで行ってお参りをして…。
3日にお年玉で何かを買うのも楽しみだった。

あの新年の雰囲気。新鮮さ。
やっぱりお正月は日本が一番・・・と、軽くホームシックになった元旦。

私たちは、今年もまた新年早々映画館へ。
ロンドンでもマルタでも元旦から映画館に行っていたけれど、ジュネーブでも同じ。
1月1日にすること、ないんですよね…。

家では、仏人に送られてきた「007 製作50周年記念版 ブルーレイ BOX [Blu-ray]★」を一作目から観はじめた。
結果、元旦に映画館で1本、家で2本観てしまい、今年も映画三昧になるのは確実…。

晴天の1月2日。

b0168823_2564039.jpg


自転車でレマン湖まで、ひとっとび。
大晦日から食べ過ぎで体が重い…。

思ったより風が強くて寒かったけれど、気持ち良い!

新年早々、スタバでお茶。
他があいていないから、2日から混んでいる。

写真を撮ろうと思ったら、カメラにメモリカードを入れるのをまた忘れて(ラデュレのティーサロンに行った時も忘れた…)、写真はiPhoneで。

風が強すぎてジェッドー(jet d'eau)もなかった。

b0168823_302390.jpg


でも少しぶらぶらお散歩。

こんな2013年の幕開け。

大分ジュネーブに慣れてきた去年、今年はもっとしっかり地に足をつけて「ちゃんと」生きたい。

今年も皆様にとって素晴らしい年になりますように。
健康で楽しく過ごせますように。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-03 09:43

冬の蒼い光、エスカラードのチョコレート、 Windows 8

b0168823_19213646.jpg


曇りの日。
午後、街へ。

これは午後4時半頃の街。
夕方の冷たい蒼い光。
日本では見られない空の色と光。
寒々しいけれど、この透明感、好きです。

b0168823_19231410.jpg


クリスマスのイルミネーションもなんとなく始まっているけれど(毎年ほとんど同じだと気が付いたのは去年だったか…)、その前にジュネーブはエスカラード(Escalade)。

12月11日の夜に、サボワァからの攻撃を受けたジュネーブ。
絶対的に劣性だったジュネーブ人達、がんばりました。
必至に抵抗。
女性も煮えたぎったスープを敵に浴びせ、最後はサボワァを撃退、勝利。(ポスター参照)
これを記念したお鍋(marmite)形のチョコレートが街にあふれる今の時期。
赤と黄色はジュネーブ市の旗の色。

b0168823_19261616.jpg


お鍋が方のチョコレートの中にはマジパンのお野菜が入っています。
2枚目の写真、上からお野菜がたくさん下がっている。

パレードには一度行ったから、もう行かなくていい・・・。(過去記事)
でもチョコレートは食べてもいいなー。
いつだったか、適当にスーパーのものを買って来られてしまったので、今年はショコラティエの美味しいものがいいな。

b0168823_19331073.jpg


この日はドイツ人友人とお茶。

ちょうど横を通って「そういえば、ここでお茶したことがないなぁ」と思った場所を彼が「あそこに行かない?」と言ってきたので、びっくり。
なんだか通じてる。(笑)

チョコレートケーキ、かなり濃厚だった。
そして、ほとんど甘さがない。
頼んだ時に「amer(bitter)よ」って、何度も念を押してくれたんだった。
「本当にamerなんだ」って、食べてから納得。
おいしかったけれど、久しぶりのヘビーなチョコレートケーキだったからか、しばらくお腹がいっぱいでした。
日本のお菓子類は軽いからね・・・。

ところで、戻ってきたらパソコンがWindows 8になっていた。
使い出して数日、なんだかまだ微妙に慣れない。
以前のバージョンと新しい画面と、2パターンあるのがなぜなんだかよくわからない。(苦笑)
どっちを使ったらいいんだか、よくわからない。
指紋認証も便利だけど、一度ページを閉めるとまた認証しないといけない時と大丈夫な時があったり。
うーん、いろいろ変わるとついていけないよぉー。
そのうち慣れるだろうけれど、ちょっと戸惑っている。

うーむ。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-12-06 19:39

もやもや考える・・・と、トラウマ解消?

b0168823_2023852.jpg


今週は暑い!!
真夏っ!
今日は最高気温、34度の予報。

b0168823_2021914.jpg


フラットの中は涼しいけれど、それでもKafkaはだらーんとしています。

今週は予定がいっぱい。
どんどん過ぎて、もう明日は金曜日・・・。

素敵なランチとおしゃべりの時間もあったりして、とても楽しかった。

b0168823_2055136.jpg


でもこういう楽しい日々が続くとまた「これでいいのだろうか?」と焦ってくるのが私の(悪い)癖。
もやもや・・・と考えだしてしまう。

毎日忙しく過ぎていくけれど、なんというか、「何も生み出していない。クリエイティブなことをしていない。社会とつながっていない。時間が『楽しい。面白い。』ってだけで過ぎていく・・・。」という焦りというか。
もやもや。

友人の1人はそれで「国に帰りたい」と切実に考え中らしい。
若く、美しく、頭も良い彼女。
毎日お買い物して、ジム行って、習い事して、旅行して。
旦那様の会社が出している大きなアパートに住み、まったく何の不自由も心配もない優雅な生活。
でも「自分のキャリアを築けない」し、「家族から遠すぎる」から「ここで子供は育てられない」し、「自分の人生設計が出来ない」のだそう。

今回は旦那様の転勤による2回目のジュネーブ滞在。
あと半年ほどで国に帰るはずだったのに旦那様が彼女との約束を破って(!?)また数年延長しそうなので、本気で彼女だけ帰国することを考えているとか。
びっくりです。

みんな色々あるのね・・・。


b0168823_20135736.jpg


↑カフェにあった好みの表紙の本、2冊。
上流階級と猫。
現在の「オホホホ・・・」っていうハイソサエティーには興味ないけれど(一体どんな?笑)、コスチュームドラマは大好き。

ハイソサエティーといえば、私が日本で通っていたのは、世間では屈指のお嬢様学校みたいに言われている某学院だった。

でも私は最後までその学校に完全に馴染めなかったような気がする。

周りは本当に何もかも恵まれた人達ばかり。
裕福で、美人でかわいくて洗練されていて。
能力も高くて優秀で。
無理なくなんでもさらりとこなす。(ように見えた)

そんな人達に囲まれて、ずっと自分の居場所がないような、そして、どう振舞っていいのかわからないでいたような気がする。
なんでそんなことを思っていたのか、今となっては忘れちゃったけど。

で、ほとんどがそのまま大学に上がるのに私はアメリカに留学してしまったこともあって、あんなに長い間一緒に過ごした友人達ともあまり交流がなくなってしまった。

同窓会が行われていることも知っているけれど、海外にいることもあって行ったことがないし・・・。

b0168823_20321462.jpg


それが、数ヶ月前、友人が同窓会関連のメールレターを転送してくれた。
そしたらある友人が書いた文章の中に私の名前があったのですね。

たった「OOとXXしたのを覚えている」みたいな一言、それだけのことなんだけど、「こうやって覚えていてくれる人もいるんだ」って、とても意外で。
なんだかとってもうれしかったのでした。

今考えると「なじめない」と思っていたのは、あれはティーン特有の堅くなさだったのかなぁ。
どこか構えていて、鎧をかぶっていたのかも。
勝手に思っていただけなのかもしれない。
もっと素直におおらかに10代を過ごせばよかったのに。(笑)

で、前出の友人とはまた数年ぶりに交流が復活しそう。
これまたうれしい。

自分が思い込んでいたほ浮いていたわけでもなかったのかも??などと単純にも思ったり。

こういうことでも「トラウマ」のようなものって解消されるんだ・・・と感じた出来事でした。

b0168823_20343758.jpg


この暑いのに、妙にトーンがシリアス・・・・になってしまった・・・。(笑)


♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-07-26 23:11

Pré-Fête de Genève ジュネーブの夏のイベント

夏のジュネーブはイベントがたくさん。
コンサートから野外での映画まで、有料無料、毎日あちこちで色々なことが行われていて楽しい。

b0168823_5441443.jpg


土曜日の夕方。

お天気が良かったのでまた自転車でレマン湖畔へ。
夕方と言っても既に8時近く。

Pré-Fête de Genèveで、コンサートが行われたりスタンドが出ているのでぶらぶらしてきました。

b0168823_5434823.jpg


西日がビルや船に当たるこの時間、本当に綺麗。
いつも同じ景色だけれど。(笑)

7月と8月にジュネーブ市内で行われる無料のイベントは、これでチェック。
カレンダーに一日のイベントが書かれています。

b0168823_5471555.jpg


目下、一度行ってみたいと思っているのは、朝6時にBains des Pâquis()で行われる無料コンサート。
湖沿い、朝の光りの中でのコンサート、絶対気持ちがいいと思う。

でも、間に合うように起きられない・・・・。

b0168823_5571337.jpg


コンサートは観客も多くて、それなりに盛り上がっていました。

b0168823_558328.jpg


ドリンク。
私のパナシェと彼のグレープフルーツのワイン割り??のようなもの。

このジュネーブの街とJet d'eau(大噴水)のイラストのコップは1フラン。

コップを返せばお金が戻ってくる仕組み。
色々なイベントでこの方法を取っているようです。

b0168823_5524368.jpg



子供から大人まで、楽しめるのがいいところ。

でも夕暮れになるともう寒いくらい。
私はスカーフとサマーセーターが必要。

b0168823_613929.jpg


ちょっと笑ってしまったのが上の図。

どうやらピエロのような格好をして子供達に風船を売っていた男性は、ライセンスを持っていなかったらしく。
ポリスに尋問されているのだけれど、そのまわりには風船を持った子供達が沢山集まっていて。
写真には写っていないけれど、周りをすっかりちいちゃいい子達に囲まれていたのです。

さすがに子供達の前で激しく問い詰めるとはいかないようだし、子供達は好き勝手に話しかけてくるし、で、ポリス達も苦笑い。(笑)

その状況に気がついた私達にも苦笑いしていました。

お祭り、色々ありますねぇ。


夏のお祭りFête de Genèveのサイトはこちら()。


♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-07-23 08:08