カテゴリ:Favorites( 8 )

グランド・ピアノ

b0168823_13375364.jpg


小学生の高学年だったか、浜松の工場まで行って選んだグランドピアノ。

これを弾くのも日本に滞在中の楽しみの一つです。

これの前はシュベスターというメーカーのアプライトピアノでした。
譜面の台のあたりや、足に装飾のある茶色いピアノ。
3歳だったけれど、そのピアノを買いに行った時の記憶があるのが不思議。

グランドピアノは「ピアノの部屋」に置いてあるけれど、今では悲しいかな、「お洗濯物の部屋(兼母の部屋)」になっているのだった…。とほ。

実はもう一台エレクトリックのピアノも持っていたのだけれど、それはごたごたの中、マルタに置いてきてしまった。(いいものをだったのに!くくくっ。涙)

ジュネーブにもピアノが、そろそろ欲しい。
これは大きすぎるので、送れないだろうなぁ・・・。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-11-05 13:56 | Favorites

母のタニノクリスチー(TANINO CRISCI)

昔から靴、バック好きの母。

背も165センチとその年代の日本人女性にしては高く、手足も長いので、お洋服は外国製が多い。
特にミッソーニ(MISSONI)が好きで(父の趣味でもある)、コレクションごとに何かしら購入していた。
行きつけのミッソーニの入っているデパートに招待されるファッションショーに、まだ子供だった私も両親に連れられて何度か行ったことがある。
ショーの後にはパーティーがあって、ミッソーニ夫妻にサインをいただいたりしたこともあった。
(そういえば交通費も必要なら宿泊費も全部デパート持ちだった。あの頃は外商の人がしょっちゅう家に、色々な物を持って来ては見せてくれていたけれど・・・そうか、あれはバブルだったのか!今頃気が付きました。笑)

そんな母のタニノクリスチー(TANINO CRISCI)のブーツ。
そういえばあったなと、出してもらってみた。

b0168823_14533570.jpg


母がもう何十年も前にローマで買ったもの。
日本を発つ前から絶対に買うと決めていて、「これはかかえて帰ってきた」んだそうだ。

b0168823_14562736.jpg


一度履くと脱ぐのがとても大変(誰かにひっぱってもらわないと脱げない)という、日本の生活様式にまったくマッチしていないブーツ。(笑)

でも今見ても美しいフォルム。
歩きやすさもダントツ。

b0168823_1511084.jpg


タニノクリスチー、撤退してしまったようだけれど、どうなったのかしら?



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-10-24 15:09 | Favorites

ソフィア・コッポラ と MARNI AT H&M

b0168823_171148.jpg

今日(8日)、スイスではH&MとMARNIのコラボ商品の発売日でした。
(日本は3月10日)

いつも一応売り出し前にはチェックするこのコラボもの。
実際に初日にお店に行ったことも、そもそもH&Mで服を買ったこともないのですが・・・。

でも、今回はいつもよりも気になりました。

何がってイメージビデオ(CM)が!

ソフィア・コッポラによるこのイメージビデオ、とにかく素敵でものすごく好み!!
まさに「ツボ」ってやつ。

ソフィア・コッポラの撮る映像の世界って、いつもどこかノスタルジックで少しメランコリック。
そして軽く漂う倦怠感。

ヴァージン・スーサイズ★ 」から始まり、「マリー・アントワネット★」はもちろん、去年の「somewhere ★」まで、あの映像、色、ファッション、音楽、雰囲気・・・どれも大好きです。

ロスト・イン・トランスレーション★」が一番かな。

で、ソフィア・コッポラ、ご本人の力の抜けたお洒落さも、またこれが素敵でとても好み。

b0168823_164589.jpg

特別美人じゃないのに、垢抜けていてモダン。

さりげなくルイ・ヴィトンのシャツにデニム。
これだけで洗練。
さすが、マーク・ジェイコブスのミューズ・・・。

b0168823_120248.jpg


イメージ・ビデオは何回か見ちゃいました。
素敵な世界♪と、うっとり。

実際のコレクション、明日見てこようかなー。(もうないか・・・?)

写真3枚はH&Mの雑誌の記事。

下↓、クリックすると映像が見られます。
拡大版が特にかわいい♪♪




♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-03-09 01:24 | Favorites

大ぶりイヤリングが気分

b0168823_1445513.jpg

ジュエリー、アクセサリー類は好きだけれど、身に着けているのは毎日同じ物。
お守り代わりと言いながら、リング、ネックレス、ピアス、石はほとんど全部ダイアモンド、毎日同じ。
それから気が向けば真珠も。
基本、宝石、金、プラチナ、真珠と本物しか身につけません。

なんて言うと聞こえがいいけれど、要はあまりお洋服に合わせてマメにアクセサリーを変えたりということが出来ないだけ。
なので、素敵だと思うアクセサリー類を見つけても、使いこなせないからほとんど買わずじまい。

なのに、なぜか急に大ぶりのイヤリングが欲しくなって、いくつか買ってみました。

今は首のあいたカシミアのニット類に目立つイヤリングをするのが気分。
これ、夏まで続きそう。

買ったお店は・・・わかる人にはきっとわかる、はず。(笑)

一つ、シャネルのイヤリングは、まだ10代の頃にアメリカで買ったもの。
今回日本に帰国した時に出てきたので、懐かしくて持ってきました。
出番はないかもしれないけど。
でも、あえてレトロな雰囲気で身に着けてみてもいいかな・・・。

ちなみに私は昔から金とプラチナ、重ねてしまいます。
ネックレスも金にダイア、プラチナにダイアの物を一緒にしちゃう。
それからたまには真珠の2連までしちゃったり。

さりげなく、肌にすいつくような小さい華奢なものをつけている女性にも憧れるけど。
自分自身が華奢ではないのからか、指輪もネックレスもいくつも重ねる方がしっくりします。


♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-01-24 01:48 | Favorites

お洒落スクラップブック

昔、雑誌等で好きな写真を見つけると、切り抜いてノートにはっていた。
あんなに大好きだったファッション雑誌もいつのまにか読まなくなり、切り抜きもしなくなってしまった。

でも、また気になったお洒落は気が向いたら記録しておこうかな、と。
(著作権等、気になるけれど・・・)

これはかなり前のOggiから。
ぱらぱらっとファッション雑誌が読みたくて、でも買うほどでもなかったので母に図書館で適当に借りてきてもらった中にあった写真。
(近所の図書館、ファッション雑誌はOggiしか置いていないみたい)

b0168823_2226595.jpg


たっぷり厚みのある髪。
ざっくりしたセーターは肩を出して。
下はすっきりデニム。
靴はレペット。赤で色を加えて。
好み♪♪

b0168823_22282673.jpg


それからこんな感じも大好き。
雰囲気美人、みたいな。
チョコレート色のバーキンもシック♪



b0168823_2236339.jpg

今日は午前中から市役所やらあちらこちらへ。
だんだん忙しくなってきた。(焦)

昨日は友人に会って一時間ほどお茶。
先日も行った、近所では一番好きなカフェ。

飲み物はチャイ。
それから先日も頼んだマロンティラミス。



♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-09 22:38 | Favorites

真珠

b0168823_19281759.jpg

"Ma petite perle"と呼ばれることがある。
直訳してしまえば「僕の小さな真珠」。
小さな=大切な、でしょうか。

深い海の底の貝の中、密かに眠る真珠=大切なもの、プレシャスなものという気がする。
掘り出して磨くダイアモンドより、静かではかなげな感じ。
「男の人に大切にされている」と思えるのは悪くない。

真珠はいくつか持っているけれど、全部両親から贈られました。

ファースト・パールは17歳の時に贈られた取りはずしの出来る一粒パールのペンダントヘッドがついたベビーパールのネックレスと一粒パールのピアス。
まだピアスホールをあけていなかったけれど、高校を卒業したらピアスにすると宣言していた私に「最初のピアスは本物にしなさい」と贈ってくれた。
2連のネックレスとブレスレットは繋げて長いネックレスとしても使える。
母が自分のパールのグレードを上げて新しい物を買った時に譲ってくれた。
留めの部分をわざとサイドに見せてつけるのが好き。
5本の淡水パールは胸までの長さでバラバラでも使えるし、ねじって首まわりに巻いて付属の金具でとめればチョーカー風にもなる。
真珠のリングは母が昔使っていたもの。アンティック風。
淡水パールのチョーカーとおそろいのピアスは、誰だったかデザイナーもの。
一番最近贈られたのは、良いパールをみつけたからと作ってくれた一粒のピアス。
10代で贈られた一粒ピアスよりもグレードが高く、顔周りが明るくなる。

どれも誕生日などではなく、普通の日に突然贈られた。
私はかしこまった時だけでなく、普段からカジュアルな服に合わせて使っています。
「カジュアルな服の時にこそ小物類は質の良い本物を身に着ける」というのを理想としているので。

6月の誕生石の真珠。
風水の李家幽竹さんによると、真珠は女性の幸せと豊かさを象徴するそう。
今年は「陽の気」が強い海水パールがお勧めだそうです。
[PR]

by sahobo | 2009-06-07 19:46 | Favorites

ロロ・ピアーナ

週末、思いついてロロ・ピアーナ(Loro Piana)のウールのパンツをお手入れ。
梅雨にむけて。
綺麗にしておかないと、型崩れしてしまう。
ユニクロと同じ扱いはさすがに出来ず、手がかかるけれどやっぱり好き。

イタリアの高級カシミアブランドのロロ・ピアーナ。

羽織物で持っているのはセーター1着分以上というカシミアを使ったブルーのマフラーとフューシャーの大判のカシミアストール。
マフラーは本当にあたたかくて、これさえあればちょっと薄着でも大丈夫なくらい。
冬はそのあたたかさに、ついついこればかり使ってしまう。
汚れもあまりつかないのは、自然の素材だから?

大判ストールはカシミアのうねりが美しく、ほとんど毛布になるくらい大きいので、
コート代わりに羽織ったり、飛行機の機内にも持っていったり。
たっぷりカシミアが使われていて、厚手なので少し重いけれど便利。

今欲しいのは一年中使える薄手のカシミアストール。
何枚か色をそろえたい。

お値段は張るけれど、肌触り、発色、暖かさ、高級感、使うたびに感じるうれしさと満足度など、何をとってもその価値はあると思う。
大事にすれば長い間使えるし、良いものは良いとつくづく感じさせてくれるお気に入り。
b0168823_21463419.jpg

[PR]

by sahobo | 2009-06-01 21:51 | Favorites

PH ランプ

自宅ダイニングのPHランプ。

b0168823_15223270.jpg

デンマークの建築家ポール・ヘニングセンのデザインしたPHランプ。

これは父が家を設計した時に、東京の大手照明器具屋さんで買ったもの。
もう35年以上使っているので、ところどころ汚れてしまっている。
でもまったく古さを感じないのが、このランプのすごいところ。

デンマークでは、どこにでも普通に使われていた。

そういえば、カップもロイヤルコペンハーゲンでデンマークのデザインだ。
うちは北欧デザイン好きです。

雨降りの朝。
お茶葉の新緑が綺麗でした。
[PR]

by sahobo | 2009-04-25 15:30 | Favorites