カテゴリ:Study French( 23 )

フランス語、うんざり・・・・

b0168823_22454570.jpg

ただ今、第何回目かの「フランス語うんざり期間中」。(第3回目くらいかな・・・)

なんだかもう、「フランス語、嫌になったーー!! J'en ai marre!!!」状態なのです。

聞くのも読むのも嫌。
話すのも面倒。

だって、いつまでたっても上達しないんだもの!!
ここ何ヶ月もずーっと同じところにとどまっている感じです。
まったく進歩している気がしません。

基本的にフランス語の音が大好き、フレンチ映画が大好き、フレンチソングが大好き、フランスの雑誌が大好き・・・なんだけど・・・。

この低空飛行ぶり、さすがに嫌になっちゃったわ。
覚えの悪い自分に対する自己嫌悪、でもあります。

b0168823_2242536.jpgで、耐え切れず、今までフランス語に集中するために長い間禁じていた英語の本を読み出してしまいました。

お友達が貸してくれた「the Help」。
映画化もされた本。

普通に、何も考えずに読める、内容を理解できるって、なんてうれしいことなんでしょう・・・!!
もちろん辞書なんていらない。
楽々。幸せー。

心からほっとしている自分に気づき、「やっぱり無理にがんばっていたんだなぁ」と・・・あやうく涙しそうになったりして。(しないけど)

フランス語でしゃべるのも面倒だから、ここのフランス人にも英語で話かけて「ここは何語を話す国?」とか「それはフランス語じゃない!」などと言われています。
そのたびに「だってもう面倒なんだもーん。嫌になっちゃったんだもーん!(>_<)」と駄々をこね、「そんなことじゃ上達しないよ!」と怒られたり。(子供か!?)

そうなんだけどね。
わかっているんだけどね。

もう嫌になっちゃったぁぁー。

はぁ・・・今回は一体いつこの「うんざり状態」から抜けだせるやら・・・。


b0168823_22535933.jpgところで・・・。

先日、お友達が来た時に、Patek Philippeの美術館()へ行ってきました。

哲学者ジャン・ジャック・ルソー(Jean-Jacques Rousseau)関連のエキシビジョン中。
ルソー一族はウォッチメーカーが多かったとは、初めて知りました。
(そもそもお父さんが時計職人だったそう)

それにしても、宝石のような(というか宝石そのもの!!)時計の膨大なコレクション。
キラキラづくし。美しさに大興奮。
でもあまりのゴージャス度にすっかり疲労してしまいました。



♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-05-31 23:15 | Study French

フランス語のリスニングに「Bref.」

b0168823_1274723.jpg

暖かいー!!春♪♪♪♪
思わず音符♪を飛ばしたくなるくらい、急にうきうきの春。
うれしいなー。

毎日自転車であっちこっち行っています。
(花粉が気になるけど)
でも今日は「12時までにスターバックスに行くとラテが無料!」って友人が教えてくれたのに、行けなかった。この物価の超高いジュネーブで「無料」なんてこと、滅多にないから逃してなるものか!(笑)と思っていたのに・・・。

b0168823_12779.jpg

さて今日は友人フランス人といつものフランス語と日本語の交換レッスン。
私は相変わらず・・・。

彼女は「あなたのお陰で上達している」なんて言ってくれるけれど。
だって、ちゃんと勉強しているものねぇ。

私、勉強してないもんなぁ。

b0168823_138234.jpg


上のカフェ、この白黒タイルがとても好み!

でもちょっとだけフランス語上達を感じられたことが。

私が最近好きなフランスのコメディ・シリーズ、「Bref.」()。
「Bref」とは、英語の「anyway」みたいに、会話の中で話をまとめるときに使う言葉。
「要するに」とか「一言で言えば」とか「つまり」とか・・・。

去年から大人気らしいこのスケッチ、長さは2分弱と短い。
私はDVDで見ているのだけれど、とても面白い。

主人公が「Bref...」と始める、彼の生活の様子。
2分弱の間にフランス語でガンガン説明するそれがおかしくて。
私にとっては早口なのだけれど、はっきり話しているからわかりやすい。

ゲラゲラ笑っちゃっいます。

でもこんなの、前はわからなかった。
当たり前、0から始めたフランス語なんだから。
それを考えれば、上達、したのかも。

フランス語の映画(フランス語字幕でも)を見ても「わかる」とか「わからない」ってことを考えることも、そういえばなくなった。

で、それなりに進歩している・・・・と思ったり。
こうやって自分を褒めて持ち上げていい気にさせないと、語学の勉強は続かない。

b0168823_1395452.jpg


本は、今だいたい10日から2週間に1冊の割合で読んでいる。
辞書は必要だけれど、それでもいちいち切らないで普通に読めるようになった。
でもフランス語だとやっぱり英語や日本語の本に比べて、読む速度はかなり遅い。

今回はまたマルグリット・デュラス(Marguerite Duras)。

私の愛読している好きなパリ在住の方のブログには、良く「カフェでフランス語の本を読んでいる」ことが書かれていて、「私もしたい!!」と思っていた。
英語の本でも日本語の本でもなくて、フランス語の本っていうのがポイント。(笑)

図書館のカードもやっと届き、毎日のようにカフェでフランス語の本を読んでいる今年。

一つ憧れていたことが普通に出来るようになったこと。
それが単純にうれしい。
(前は辞書を引いている時間の方が長かったから労力を使って疲れた。)

これも「自分を褒めていい気にさせて語学上達」、の一環。
気分から盛り上げないとね。

「Bref.」、好き嫌いはあると思うけれど、一話が短いのでフランス語リスニングの勉強にはお勧めかと・・・。

b0168823_1404850.jpg


明日もお天気いいみたい。
予報では20度以上のようです。


♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-03-15 01:50 | Study French

日語仏語交換レッスン@雪の中のカフェ

b0168823_20555370.jpg

朝起きたら雪が積もっていた。

白い街。

ここまで真っ白なのはこの冬初めて。
今週はずっとマイナス気温続きらしく、とうとう本格的に冬になったかという感じ。

そんな雪の降る中、恒例の日本語&フランス語交換レッスンへ。
今のところ大体週に2回やっている。

この日は雪の中のカフェで。
ここは、あまり混んでいないのがいい。
19世紀的インテリア(?)が、ちょっと仰々しいのもまた雰囲気。

雪に埋もれていて、なんとなくジャック・ニコルソンの映画「シャイニング」を思い出した。

b0168823_2122753.jpg


レッスンはいつも楽しい。
日本と日本語が好きってだけでなくて、既に日本についての本も数冊出している友人は、話も面白い。
勉強に熱心なのもいい。

レッスンの中で、彼女の使っている教科書の日本語を私がフランス語に訳して読んで、それを彼女が日本語に訳す、ということをやっている。

でも、私の脳みその中にはまだ日本語⇔フランス語の道が出来ていないようだ。

英語⇔日本語、英語⇔フランス語は出来るんだけど、日本語⇔フランス語となるとワンテンポ遅れる。
日本語の文書を一度英語で浮かべてからさらにフランス語に訳したりして。

英語とフランス語の方が近いんだから、そうなってしまうのは当たり前といえば当たり前なんだけど。

頭の中に日本語⇔フランス語の道を作るいい練習。

b0168823_2132487.jpg


この日は日本に10年住んでいたというスイス人女性にも友人を通してお会いした。
「20年前から日本大好き」という女性。
日本語もお上手。
ジャパン・フェスティバルのオーガナイズにかかわったりしているそうなので、ジュネーブの日本人社会では知られた方なのかもしれない。
私はほとんど日本人の知り合いがいないので、そういうことに疎いのだけれど。

さて、今日はこれから友人達とカフェに集合。
いつものフランス語を話す会です。


♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-01 21:10 | Study French

カフェで語学交換レッスン、ふたたび

b0168823_19434476.jpg

クリスマスも終わったある晴れの日。
フランス人の友人とカフェで会いました。

彼女は日本語を勉強中。
と言ってもただ学生というわけではなく。
日本には一年に1回くらい行っていて、数ヶ月京都に中期滞在したこともあり、日本のサブカルチャー等についての本も既に何冊か出している人。
今はパリの大学院に提出する日本についての博士論文を書いていて、更にジュネーブの大学で日本語を勉強中という・・・。
なんだかいつも勉強したり書いたりしている人なのです。

今くフランス語を勉強していない私は何をしたいか浮かばなかったのだけれど、彼女はちゃんとやることを決めてきてくれていた。

まず基本の会話。
それから文章の翻訳。私がフランス語で読む文章を彼女が日本語に訳す。そして交代。
それから文章のディクテ。(長いフレーズを聞いて書きとる) 
これで2時間。
私が最も苦手なのはディクテなので、これはやってもらえるとうれしい。
それから毎日数行の日記を書いて添削しあうというのも彼女の提案。

今まで何回か会話交換レッスンをしたことはあるけれど、やることを決めないと結局ダラダラしゃべるだけで、途中からは話すこともなくなってしまい続かなく、勉強にもならなかったりしたので、こうやって決めるのが正解。
彼女とは友人でもあるから、話すことがないってことはないのだけれど。

b0168823_19493550.jpg

カフェ大好きな私は、カフェでお勉強ももちろん好き。
家でやるよりモチベーションがあがるというか、集中できることが多い。

大学の近くのここは大きなガラス窓から光がたっぷりさしこむ。
店内は古いけれど開放感がある。
(が、この日の室内、私には寒すぎた。)

b0168823_1955225.jpg


外には小さなスケートリンクがあって、子供達が滑っている。
年末の雰囲気は全くないジュネーブだけれど、こういう風景は冬らしくフェスティブな感じがする。
みんな楽しそうだし。

友達と別れた後、セール真っ盛りの街へ。
散々色々見て、でも結局何も欲しいものがなく、それでも何か買いたくてベージュのカシミアのニットを購入。
「何かが欲しい」ってだけで買ってしまったけれど、なかなか使えそうで満足。

b0168823_19594336.jpg


街にはエルメス仕様のトラムが走っていた。
エルメスオレンジに茶色いリボン。Hermèsのロゴ。
条件反射でときめいちゃいました。



♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-28 20:11 | Study French

フランス語、語学交換レッスン

b0168823_0511764.jpg


フランス語と日本語の語学交換レッスンを始めてそろそろ1ヶ月。
数人と約週に1回会っているので、相手の都合によって違うけれど、週に2,3回はレッスンしていることになる。
レッスンと言ってもカフェに行って1時間半から2時間ほど適当に話をしているだけ。
最初は「あまり知らない人と私は話せるのか?」と心配だったけれど、なかなか楽しい。

「レッスン」の相手は日本に住んでいたことがある日本語を話したいビジネスマン、秋に日本に数年ぶりに行くという男性、日本に何度か行っていて日本映画が好きな若者、日本の文化(女性!?)に興味がある人、など。
それぞれ年齢も違えば性格も違うので必然的に会話のテンポ、話題、雰囲気もまったく異なるものに。
こうやって毎回相手に合わせてでも強制的に話すっていうのは、今の私には必要なことで勉強になっていると思う。(なっているといいんだけど・・・)
日本語が話せる人とは日本語とフランス語が半分づつぐらい。
他の人達とはフランス語。
どうしても私が説明できないことは英語になってしまう。

最近はドイツ人友人とも良く出かけている。
今日も一緒にジブリ映画の「アリエッティ」を見てきた。
他の友人達とは英語なので普通に会話が出来る楽しさがあるけれど、彼とはフランス語だけ。
私よりよっぽど流暢に話せる人なので私にとっては好都合。
彼はパートナーの仕事の都合でジュネーブに来て1年半ほど。(その前はモスクワに2年いたらしい。)
年齢も同じ、なんとなく感性も似ていて、彼も現在仕事をしていないのでお互いその辺りのフラストレーションも分かり合えたりしちゃうし、午後暇なことが結構あるし、なんと言ってもクレバーな人なので普通に話していても3時間くらいあっという間にたってしまう。
この普通に話すっていうのが今の私に必要なのことなんだと思う。
この友人もドイツ語を勉強中の女性と1年以上語学交換レッスンをしているそうだ。

語学交換レッスン、しばらく続けてみるつもり。

次は仏男の友人たちとのディナーでもっと会話に参加する、これが目標です。
少人数ならなんとか大丈夫なのです。
でもこれが7,8人以上のアペロやディナーなると、気がついたら2時間以上言葉を発さなかった、なんてことが今だにあってがっくりしちゃう。
最初は良くてもお酒も入り盛り上がってくると、同時に話す人達の中でタイミングを見計らって口を挟むことが難しいかつ面倒になってしまって・・・。
昔は英語で話していた彼の友人達とも今はフランス語になっているので、今更また英語にするのもなんだか変だし。
で、ひたすらにっこり笑っているだけで2,3時間過ぎちゃったりして。
だから次は大人数のいる席で普通に話しに入っていく、これを練習してみます。

でもついつい完璧を求めて、自分の出来なさに憂鬱になってしまうことがあるんだなぁ。
なんで私ってばバネッサ・パラディみたいに「素敵でかわいくてセクシーなフランス語」が話せないの~?みたいな。(爆)
そんなこと考えるのが間違ってるのにっ!!(苦笑)

目標は高く。
でも自分のペースで、諦めず、少しずつ、毎日がんばっていこう。

b0168823_0503356.jpg



My Flickr

♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-02-23 01:46 | Study French

フランス語 実践編

b0168823_2041848.jpg


このところ暖かい。
もう春になっちゃったかな。
うれしいな。

昨日、壁紙のお直しをしてくれる職人が来たのだけれど・・・。
ちょっとひどかった。

1時間遅れてきたのは想定内。
作業の最中ずーっと「大変だ」「むずかしい」「めんどう」と言い続けていたのも無視すればいいこと。

でも勝手にキッチンに入ってシンクで接着剤やペイントを洗ったり、「洗面所で」と頼めば、使った後はものすごく汚いままだったり。
洗面所のフェイスタオルで刷毛と器を拭いたり。
朝食用テーブルの上で直接壁紙に刷毛で接着剤を塗って、テーブルクロスは接着剤だらけになっちゃったり。(端まで塗るから接着剤は刷毛半分、テーブルクロスに塗られてしまう)
置いてあったお盆も勝手に使って、接着剤でべとべとになっちゃったり。
ごみをテーブルの上に置いたままだったり・・・。

・・・。

他人の家なのに他人の物なのに、あまりに気にしなさすぎ。
テーブルクロスもお盆もたまたま高級な物じゃなかったからいいけれど、そういう問題じゃない。
キッチンのシンクにはフライパンとお皿とカップだけだったから手で洗おうと置いてあったのだけれど、まさか職人が刷毛や器の接着剤やペイントをその上で洗うとは思わなかった。

他にも驚くことがいくつもあったのだけれど、極めつけはどう見たって作業が完了していないのに「終わった」と帰ろうとしたこと。

一番目立つところ数箇所が直っていないのに、終わったって!?
ありえん!

で、今回は負けていませんでしたよ~。

まったく英語がわからないことはわかっていたので、フランス語だけで抗議開始!

でももちろん相手はフランス語圏人。
すでに荷物をまとめてドアを出ている状態。帰る気まんまん。というか、もう帰路についちゃってるしっ。
この後また戻って作業をするなんて彼にとっちゃ面倒で仕方がないこと。
「これはどーのこーの」と次々と言い訳を並べ、なんとか帰ろうとする。
でも私だって、黙っていません。
「今こそ日ごろのクラスでの修行の成果をいかすべくっ!」(こちら参照)とばかりに次から次へとしゃべりまくり、相手を言い負かせ、結局最後まで直して欲しいところは全部やってもらいました。

しぶしぶとまた荷物を広げ、作業をする職人・・・。

か、勝った!!!

つ、疲れた!!!

文法なんて気にしちゃいなかったけど、やって欲しいことをしっかりやってもらえたのでとりあえず満足。

しかし、ほんとーに仕事嫌いな人だったんだなぁ。
言い合っている時間よりも作業しちゃったほうがエネルギーも時間も節約できるのに。
その時間10分以上、15分近く。
作業の時間3分。

・・・・。

もちろんスイスの職人がみんなこうなわけじゃない。
今までライトの修理やブライドの修理やら、来てくれた人たちはとても仕事熱心だった。

でも今回は言っちゃいましたね。
「日本じゃありえない!!」って。
こういうこと、言わないようにしてるんだけど。

b0168823_21541435.jpg


その後、興奮収まらず、そのままプールへ。
がががが~と1キロ泳ぎ、運動不足も少し解消。
すっきり。

普段のフランス語のクラスでのロールプレイング(言い訳、説得、我を通す訓練」)が役立ってか少しは上達したのを感じられたり、プールも行ったりで、最終的には妙な達成感を感じた日となったのでした。(笑)

仏男が帰ってきてから「こことかこことか、直さないで帰ろうとしたんだよ~」と言ったところ「そこやらないでどこ直すんだ!?」とさすがに驚いていた。
だよね・・・!!

しかし、こうやって鍛えられてますます強くなっていくんだなぁ、きっと。
いいんだか悪いんだか。

♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr UP DATED!
[PR]

by sahobo | 2011-02-08 22:04 | Study French

これからの勉強法

b0168823_126556.jpg


相変わらず風邪が抜けないので、困ってしまう。
月、火曜日はそれを口実に学校を休んだし。

クラスでフランス語の検定の試験を受けない子達はどんどんやめていってしまっている。

私がいるのはDELFのレベルB2の試験を目指すクラス。
一通りの文法はやってきたので、これからは試験勉強的なことが多くなる。
興味のないテーマの長文を読んで答えるテクニックを身につけたり、自分の考えを主張する文章を書いたり、面白くないといえば面白くないのだ。
会話も好きなことを話せばいいわけではなくて、与えられたお題に対してどう思うか、賛成か反対か、賛成ならなぜ賛成なのか、結論としてどうなのか・・・など論理的にを話せないといけない。
学生時代に逆戻りか?たかが語学学校なのに。
日本語だって英語だっていきなり与えられる今まで考えたこともないような題材について、自分の考えを理論的に相手を説得するように述べるなんて出来ないのになぁ。

語学なのだから文法を間違えないで話せていれば主張自体はそれなりでいいんじゃないかと思うけれど、話せていても理論的に自分の考えをまとめ、説得力のある説明が出来ないといけない・・らしく。
それってフランス語力の問題じゃないんじゃないかしら? と思うけれど・・・。
(っていうか、私の場合まず文法を間違えないで話すってことも出来てないんだけど!!)

クラスではしょっちゅうディベートが行われ「フランス語文化だわぁ」と思う。
例えば日本の外国人向け日本語学校で、しょっちゅうディベートなんてやるんだろうか?
日本の文化的にない気がする。
こうやってフランス語的(議論好き)に話せるようになっていくのかしら・・・?

今年に入ってちょっと勉強法を変えないといけないと思い、やってみていることがいくつかある。

まず新聞を読む。これは前からやっている。

それから適当な長さの文章を2回書き写す。
これは私はあまりにもディクテーションが出来ないので、書くしかないだろうと始めたこと。
1回だと写すだけで終わってしまっても、同じ文章を2回書けば少しは頭にはいるような・・・気が・・・。(弱気)

それから寝る前には本を読む。
今読んでいるのはこのうちにあった「37°2 le matin」。フィリップ・ジアン(Philippe Djian)著。
邦題は「ベティ・ブルー―愛と激情の日々

映画「ベティ・ブルー」はさすがに日本にいた頃は見る年齢ではなかったので(見たかったのだけれど)、アメリカに行ってから見た。もちろんノーカット版。
10代の私には衝撃だったけれど、ベアトリス・ダル(Béatrice Dalle)が適役で、一時期とても好きだった映画。ボストンのアパートにはベッドルームに大きなポスターを貼っていたくらい。

いつか原書で読めるようになるとはその頃考えもしなかったので、それが今、辞書をしょっちゅうひきつつとは言え読めるのがなんだか感動で。
うれしくて、読みすすめている。
語学の勉強は終わりがないから、こういう「喜び」とか「わくわく感」がないと続かない。

その他、映画とテレビは見るし、ラジオをずーっとつけておくのも前からしているけれど、これは役にたっているのかどうか・・・。何もしないよりはいいか。
でもラジオなんて流れているだけで聞いてないからなぁ。

そして新たに今週から挑戦しようと思っているのが、カンバセーション・パートナーとの会話の練習。
日本語を勉強しているフランス語ネイティブの人と日本語とフランス語の交換レッスンをする予定。
結構人見知り気味な私にとってはどきどきの挑戦なのですが。
初めての経験なので、これがどれくらい効果あるものなのかわからないけれど。
相手との相性などもあるだろうしなぁ。
でも今の私にはあまり親しくない人と話す練習が必要なので、うまくいけば会話力もアップするかもしれない。
相変わらず人が話している時はわかるのに、自分に話しかけらると焦っちゃうのです。
うまくいくといいなと、楽しみ。

先日テレビでシャーロット・ゲーンズブールの映画「Prête-moi ta main」を見た。
やっぱりシャーロット、素敵だわ。
何だろ・・・なんで素敵なんだろう。
まずあの細さ。
(やっぱり細くないと服は似合わないのだ・・・!早速ウォーキングとプールを再開!!)
ガーリーなのに女性的。
いつだって自然体。飾り過ぎない。
髪の毛なんてばさばさだし、あごが出た変な顔なのにかわいいっ!
なんだかお洒落。
パリで見かけた実物もとても素敵でいい感じだった。
そしてあのしゃべり方。
「これだわよね~。」とじっくりと見てしまいました。

シャーロット・ゲーンズブール+バネッサ・パラディ。

「そういう女(ひと)に 私はなりたい。」

(2011年の目標。壮大・・・。)


♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr UP DATED!
[PR]

by sahobo | 2011-01-26 01:39 | Study French

冬休みとディナー・パーティー

b0168823_23165325.jpg

フランス語のクラスも先週の金曜日で終わり、これから3週間の冬休みです。
同じく休みに入った友人の子供と「うれしいね~♪」喜んでしまいました。

最後の1ヶ月は難いし、(年齢による)記憶力の低下によりぜんぜん覚えられないし、クラスの子達は次々と休みに入っていくし、みんなべらべらしゃるし、モチベーション下がりまくり。
たかが一日3時間のクラスなのに「学校行きたくないよ~(涙)」と登校拒否の小学生のように毎朝憂鬱になっていました。なさけな~い。
最終日にあった復習テストも「出来ないのがわかっているので休むかもしれません」と先生に堂々(?)と宣言したくらい。
結局行ってちゃんと受けたのですが。
たかが復習テスト。でも「テスト」ってやっぱり毎回緊張するのです。

同じクラスの人達は良くしゃべる。
B2レベルなら普通なのだろうけれど。
私は相変わらずきちんと文章を組み立てて話すということがうまく出来ません。
少し考えれば出来るのですが、とっさに出てこない。
後から「あぁ言えば良かった」とか「こういえば良かった」とか思ったりして。
あ、でも日本語でも英語でもそういう感じなので、性格的なことかもしれませんが・・・。

クラスの友人達はべらべらべらべらと、良く聞けば文法は間違っていたりするのだけれど、とにかくしゃべりまくる。
休み時間はコントロールする先生がいないから、全員が同時にずーっとしゃべっている。
みんな全く他人の話を聞かない。
だから何かの約束をしても、みんなそれぞれ勝手に間違った解釈をしていたりすることがしょっちゅう。(人の話、きけっつーの!)
そんな中、私は話し始めるタイミングを逃して聞き役にまわることがほとんどです。
全員の会話を聞き分け、それぞれに相槌までうったりして。聖徳太子かって。

来年は彼らに負けないように私も(人の話は聞かないで)話すのが目標です・・・なんて。(笑)

b0168823_234524.jpg


さて、レストランでの食事やおうちパーティーが続いているなか、土曜日は我が家で仏男の友人達を招いてラクレット・パーティーをしました。
立派なラクレットのセットがあるんですね~、このうちも。
でもフォンデュもラクレットも家でやるとしばらくチーズのにおいが取れないのが困ります。
今日は月曜日なのになんだかチーズ臭が漂っている気がする・・・。

仏男友人達とのディナーでも静かな私。
こちらはネイティブの会話のテンポと内容に口を挟むタイミングがつかめない。
昔、英語が良くわからなかったころはこういう感じだったよなぁ・・・と遠い昔を思い出します。最近は会話の内容はわかるようになったのがまだ救いかと。

b0168823_014858.jpg
日曜日は友人宅でポットラック・パーティー。
日本人4人、アメリカ人2人とカナダ人が2人、パキスタン人、フィリピン人、韓国人、香港人、スイス人がそれぞれ1人ずつ。仏男は体調悪くて欠席。

こちらはさすがにリラックスして楽しめました。
友人達のパートナーに初めてお会いしたり、アメリカから遊びに来ている男の子もいたり。
日本人の方は私がアメリカにいた頃にお世話になった人を知っていらして、びっくり。
世間は狭いと本当に驚きました。


年齢も国籍も全く違う人たちと縁あって知り合え、こうやって楽しい時間を共有できる・・・不思議でうれしいことです。


しばらく続くパーティー。
食べすぎるのはわかっているので朝と昼は果物のスムージーにして乗り切ろうと思っています。


いつもありがとうございます。
♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr
[PR]

by sahobo | 2010-12-21 00:25 | Study French

フランス語のテストと友人と

またフランス語の復習テストがあったのだけれど、笑っちゃうくらい出来なかった。
復習テストのはずなのに問題を読んでも何をやったらいいんだかわからない!
リスニング、リーディングも「えぇ??これは何??」と思っているうちに終わってしまい・・・。

途中で「出来ません」と部屋を出て行こうかと真剣に思ったくらい。
落ち込む~~~。

クラスの他の子達も「難しすぎる」とは言っていたけれど。

テストが採点されて戻ってくるのが怖いなんて高校以来かも。

たかが復習のテスト。
でもあまりに出来ないと落ち込むものです・・・。
はぁ~~。

でもくじけずがんばろう・・・。ううう。

落ち込みつつも午後は友人とcarougeへ。
アーティストの彼女とのギャラリーめぐり。
1人では入りにくいお店も2人なら入れる!(笑)

片っ端からのぞいていった。
いくつかちょっといいなと思うものもあった。

でも、「何これ。1フランでも買わないわ」なんて思うようなものが500フランもしたりして、やっぱりアートの値段はわからない・・・。

買う気で見てみると(買わないけれど)、面白い。

b0168823_2182988.jpg
写真には撮らなかったけれどすでにクリスマスツリーも飾られていた。

もうそんな季節かぁ。

まだ秋になったばかりのような気がしている私。
取り残されています。

花屋さんもショーウインドーもクリスマスに。


カフェでお茶しながら、色々話して。
アート、フランス語、ジュネーブの生活、本、音楽・・・。

彼女とはなんとなく波長が合う。

やっぱり気が合うのはアートや音楽、本、映画、ファッションが好きな人が多い。
そして自国以外にも住んだことがあったりして、違う文化にオープンで興味のある人。
年齢は関係ない。

b0168823_2273213.jpg


なんとなくここで毎日ぼんやり過ごしている私。
仕事をしていればそれなりに「成果」が目に見えて前進&成長しているのがわかるけれど(実際に成長しているかは別としても・・・)、ここではなんだか時間だけが過ぎていく気がして、たまに落ちる。

今日のようなことがあると、「何やってるんだろう」という気持ちが強くなってしまう。

でも時間がたっぷりあることなんて一生続かないし、今の状態はラッキーでもあるわけで、また自分で選んでもいるわけで。
フランス語だって、ずっと勉強してみたかったこと。

今できることを十分楽しもう。

そんなことも話した。

b0168823_2333938.jpg


テストで落ち込みまくっていたのだけれど、彼女と会って話しているうちに元気が出てきた。

やっぱり友人って大切・・・。

お勧めの本も教えてくれたので、これから探してみます。


My Flickr


いつもありがとうございます。
♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2010-11-19 02:44 | Study French

フランス語でランチ&チョコレート中毒

今日はフランス語のクラスで一緒の韓国人の子のおうちに友人と2人でお邪魔しました。

b0168823_1354382.jpg


川を渡って更に15分・・・。
普段乗らない番号のトラム。
そして今まで1度しか降りたことがない駅で下車。
なんだか新鮮。

でもうちからだって30分ぐらいの距離なのですが。(笑)
ジュネーブ小さいから30分でもかなり遠くに行った気になります。

彼女はカナダで出会った旦那さんと結婚して今年の始めにジュネーブに来たそう。
彼もまだ20代半ばでMBAの勉強中という若い2人。
韓国の結婚式の写真を見せてもらって「チャングム(韓国ドラマ)みたい!!素敵~。」と興奮する私と友人・・・。
(私、決して韓国ドラマのファンではないのですが、チャングムはマルタ時代にあの長編を一気に1週間ぐらいで見ました。)

彼女は見かけもしゃべり方も少女のようなのだけれど、いつもかわいい声で核心をついたするどい(時にきつい)事をバサッと言います。
クラスでも先生の間違いを見つけて指摘するのはいつも彼女。
私なんてぼーっとしちゃってるから、間違ってたって気がつかない。
大真面目で面白いことを言う(本人はあくまでも真剣)、するどいのに天然ボケなところがかわいい。

お昼をご馳走になって、3人で散々話して大笑いして、楽しい時間を過ごしました。

このところ毎週クラスの子の家にお邪魔したり、ランチをしたりしていて、ずいぶん「社交的」になったなぁ・・・。しみじみ。

日本とジュネーブを行ったりきたりしていたのもあってか、前はなかなか午後こうやって普通に楽しい時間を過ごせる友人と呼べる人たちが出来ず、午後引きこもり状態になることが多かったのです。
海外生活が長いくせに内気で人見知りで(そこっ、笑わないっ!笑)、あんまり自分から誘ったりしないのもいけないのですが。
友人のアメリカ人などを見てると、本当に人間が大好き、人間に興味がある、話したいことも聞きたいことも沢山あるという感じ。
そのフレンドリーなエネルギーにひきつけられますが、私はやっぱり違うな、と思ったりもします。

フランス語で話すランチの会ということで、がんばってフランス語で話していた3人だけれど、気がつけば英語になっていました。
どうしてもね・・・。
でも半分はフランス語だったからいいか。
ネイティブが聞いたら3人とも間違えまくっているんだろうな~。
3人ともまだフランス語ネイティブと話すのは怖いよね・・・と意見が一致。

そういえば、先日彼女からキムチのおすそ分けをいただきました。
なんでも10キロ実家から送られてきたらしい。キムチ10キロ!
良く届いたな。
キムチチャーハンにしたりして、おいしくいただいています、はい。
やっぱり持つべきものは友か!

話は突然変わって。
チョコレート大好きな私。
ジュネーブで私のチョコレート中毒は一気に、更に、悪化するばかり。
ちゃんとしたショコラティエでもちょくちょく買っているのですが、スーパーではそれこそしょっちゅう買ってしまいます。
それもいつも数枚まとめて。
家にチョコレートがないと落ち着かないのです。(やっぱり中毒!?)

b0168823_154458.jpgいつだったか、以前買った塩キャラメルのチョコレート、2種。

Linditの方が多少高級かと・・・。

でもこの調子でチョコレートを食べていくと本当に危険なので、いいかげんに控えようと思っています。

毎食後チョコレートを食べないと落ち着かないというのは、完全にまずい。

もうしばらくチョコレートは買わない!!

と、ここに宣言しますっ!

近々デトックス週間をもうける予定・・・。


My Flickr


いつもありがとうございます。
♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2010-11-12 02:12 | Study French