カテゴリ:Music festival( 11 )

夏至・Fete de la musique

夏至の日。

ジュネーブでもFête de la musiqueが行われた週末。

お天気がとてもよく、一日中気持ちの良い日でした。


b0168823_2305375.jpg


ジュネーブがスイスに入って150周年記念の今年。
そのイベントの一部らしく(?)、湖にスイス国旗の形をしたプールが出来ています。

b0168823_2323795.jpg


街のあちこちでライブ。
音楽の質はいまいち(苦笑)なことが多いんだけど、でも夏を楽しむ雰囲気は最高。

b0168823_2332180.jpg


b0168823_2335334.jpg


クラッシック、JAZZ、ロック、DJによるパフォーマンス、それからダンスもあったり、本当にいろんな音楽が演奏されていて楽しい。

b0168823_2352398.jpg


教会や音楽ホールでも演奏が行われていて、どこもほとんど満員。

b0168823_2362710.jpg


b0168823_237140.jpg


10時過ぎてもまだこの深いあおい空。

b0168823_2374048.jpg


こんな噴水の周りもDJが入って、まわりにはテーブルと椅子が置かれて、踊れる場所になっていたり。

b0168823_2383821.jpg


家路についた10時半の空。

b0168823_239656.jpg


もうこれからは日が短くなるばかりかと思うと・・・すでになんだか寂しい・・・。
夏を楽しもう!
人生を楽しもう。

b0168823_240954.jpg


Jet d'Eauがこの日は紫・ピンク色でした。





♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2014-06-27 02:41 | Music festival

Festival Antigel @ジュネーブ

b0168823_20372495.jpg


Festival Antigel、開催中。

音楽、ダンス、劇、映像など色々なパフォーマンスがジュネーブ近辺の数か所ある会場で行われるフェスティバル。

今年はアメリカ人の映画音楽作曲家、Philip Glassのコンサートのために、ビクトリア・ホールへ行ってきた。
旦那が(勝手に)チケットをとっていたの。

開場前、早めに行ったのにながーい列がヴィクトリアホール前にできていてびっくり。
初めてこんなに人が並んでいるのを見た。
席指定がなくて、値段によってエリアが分かれているだけで、その中なら自由に座れるかららしい。

私たちは一番高いチケットだったので(これしか残っていなかったらしい)、一階のステージ近くへ。
前から3列目。

b0168823_20401667.jpg


コンサートはフィリップ・グラスがピアノ、そしてバイオリンの男性とのデュオ。
バイオリンがパフォーマ的に見せる演奏で、なかなか良かった。
フィリップ・グラスは、お年なのもあってか結構ずるずるだったけど。

b0168823_20415727.jpg


超満員。

スタンディングオベーションに、アンコールも2回あったり、観客は大満足だったようです。

b0168823_20442417.jpg


「Antigel」ってアンチ・ジェル(氷)。
つまり一番寒い時期に行われて、「氷を解かす的なフェスティバル」ってことでしょう。

今年は暖かいからなぁ。氷もない。
ホッカイロもまだイギリスに行った時にしか使っていません。

b0168823_22435373.jpg


この日、コンサートが終わったのは10時半近く。
いつも行くカフェへ行ったら、ご飯類は終わり。
でもレストランで食べるほどでもないので、気になっていたSUSHI屋さんに行ってみることにした。
10時半でも店内は終わりだったので(夜が早いこの街)、テイクアウト。

で、上の写真で大体70フラン。約7000円。
小さいお酒、17フラン。
(うちにお酒は何本かあるのに、あけたくなかったらしい)

このお店はフランスに多くのお店を持つチェーンで、ちょっとおしゃれっぽい。
外国人友人達にも結構人気。
友人宅でデリバリーを頼んでくれたこともある。

しかし、高いよね…。
この量、この質でこの値段って。
お寿司=サーモンの人達にはいいんだろうけどねぇ。

決してまずくはないが、やはり高い。
もうわざわざ食べなくてもいいか…と思ってしまう。



>♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2014-02-07 20:46 | Music festival

ガールズと夏の音楽祭(Fête de la musique)へ

b0168823_643556.jpg


Fête de la musique(音楽祭)の最終日。
この日はハンガリー/ルーマニア人友人、ポルトガル人友人と夕方6時に待ち合わせで出かけてきた。

少し涼しく、でも晴天。
夏のお天気の良い日のジュネーブはとてもきれい。
みんな幸せそうだ。

b0168823_652930.jpg


まずお茶。
ここではいつも抹茶ラテ。

テラスに座ったら、雀が怖かった!
大きなマフィンを狙って正面から飛行してくるから恐ろしい。
全然人を怖がらない。
にらみつけられて、こっちが怖い。小さいくせに凶暴。
カフェの中にも入って平気で食べカスをつっついていた…。

b0168823_681342.jpg


その後、バスチオン(bastion)の公園あたりをぶらぶら。
いくつかステージが出来いて、どこも人だかり。

丁度行った時はレゲエグループが演奏中でした。
夏のこの雰囲気、開放的で楽しい。

b0168823_610663.jpg


ガールズたちは話に夢中なので、そのまま公園を抜け旧市街へ。

b0168823_6104865.jpg


いつも日曜日は静まりかえっている街も今日はにぎやか。

19時過ぎでもまだこんなにも青空だもの。

b0168823_6115110.jpg


今年は5月末まで寒かったから、尚更「今を楽しまなくちゃ!」という感じです。

b0168823_6123858.jpg


旧市街でもあちらこちらで演奏が行われていたのに、結局ここでもまだ話に夢中で歩いただけ。

その後レストランへ。
またここでも話続ける…。

b0168823_6143089.jpg


街中、あちらこちらに今年も置かれていたピアノ。
今年はセカンドハンドのレコード(Vinyl) の販売他、色々な企画があったらしい。


b0168823_6173992.jpg


食べ終わって外に出たのは夜9時半過ぎ。

それでもまだほんのり明るい。
この青白い光と空の色、夏のヨーロッパです。

でもこれからどんどん日が短くなるばかりかと思うと…既にちょっとセンチメンタルになってしまう。

この日会ったのは割と最近仲良くなった人達。
ハンガリー/ルーマニア人友人は国際弁護士で、ストラスブールでの仕事が先日決まったので、2週間後には引っ越すことに。なんでもヨーロッパではトップ5に入るインターナショナルな機関なんだそう。
ルーマニア、ジュネーブ、ウィーン、ニューヨークで勉強して、5か国語を話し、30歳前なのに修士号2つ、博士号1つもつ才女。
せっかく親しくなったのに離れてしまうのは寂しいけれど、ストラスブールに行くのにクリスマス・マーケット以外の理由が出来た。
訪ねて行こう。

b0168823_6195429.jpg


本当は今日が満月かな。

スーパームーンだ、と思って写真を撮ってみたけれど、ぼけてしまった。

それに雲が多くてちらっとしか見えなかった。

やっぱり昨日の月()の方が近かったみたい。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-06-24 07:07 | Music festival

夏至の日とFête de la musique

一年で一番日が長い今。
お天気のいい日が続いている。

b0168823_11986.jpg


風邪をひいてしまったけれど、こんなお天気がいいのに篭っていられないと、お茶へ・・・。

とっても楽しかったのに、夜は熱が上がってダウン。

マルタの疲れが出たかしら?
・・・って、疲れるようなこと、特に何もしていないのに??

b0168823_115635.jpg

ラズベリータルト。

この形がかわいい。




今週末はFête de la musique
音楽祭。
フランスで夏至の日に行われる音楽祭のように、街のいたるところで無料で音楽が楽しめる。

金曜日、カルージュ(carouge)まで自転車で行って来た。

目的は映画だったのだけれど、音楽祭も少し。

ジェラートを食べながら、(短い)夏の夜を楽しむ・・・。

b0168823_16667.jpg


気持ちのいい気候、飲んだり食べたり、踊ったり、リラックスした人々。
この夏の雰囲気、とても好きです。

b0168823_173210.jpg


21時半近くでもこんなに明るい空。
でもこれからまた日が短くなるのかと思うと、既に感傷的になりそう。(笑)

b0168823_181470.jpg


ステージが設置されて、色々なタイプの音楽が楽しめる音楽祭。
(レベルはともかく・・・!?)

人出も多く、遅くまで盛り上がっていた。

でも私達は途中から映画へ。
こんなにお天気がいい日に暗い映画館に入るなんてね。

見たのはウッディ・アレンの半生を撮ったドキュメンタリー。

b0168823_116488.jpgウッディ・アレンの映画の面白さがわかったのは、そうとう大人になってからでした。
(特に大ファンではないのだけれど)

元はコメディアンだったこともうっすらとしか知らなかった。

だからアニー・ホール★マンハッタン★ など、有名作品はもちろん観ているけれど・・・後は、ここ数年の作品くらいしか観ていないかも。

半生のドキュメンタリー、面白かった。


b0168823_1192163.jpg


帰りもまた自転車でぴゅーん。
この季節、夜の自転車もいいんだな。

なんてことはない、でも最高に気分のいいジュネーブの夏の夕、でした。
(でも風邪は治らず・・・。)

♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-06-24 01:23 | Music festival

Paléo festival 2011  その2

パレオ(Paléo)の続き・・・。
その1はこちら

でもその前に。
エイミー・ワインハウス(Amy winehouse)が亡くなったニュースには驚きました!!!
本当だったらこのパレオにメイン・アーティストの1人として出演している予定だった彼女。
健康上の理由とかでキャンセルになっていたのだけれど。
才能あるミュージシャンだったのに、なんとも残念・・・。
R.I.P...。

b0168823_1836391.jpg


さて、パレオ。

21時半からのPortisheadは私がかつてだーーーーい好きだったバンド。
(今でも大好きです。)
当時ブリストル系と言われたトリップ・ホップ的バンド(マッシブアタック等)が好きだったのだけれど、その中でも一番好きだったのがポーティスヘッドでした。
(ウィキによると「トリップ・ホップと言われるのを嫌悪してる」とあるけど・・・。)
あのダークでヘビーなところがなんとも言えずカッコイイ。
いつかライブが見たいとその頃思っていたけれど、今になってチャンスがあるとは。
夢は叶うんだ。でもいつ叶うかは決められないんだ。(笑)

b0168823_18373923.jpg


大好きPortishead、前の方にて登場くを待つ・・・。どきどき。
この女の子の写真、何年も使ってるな~。

9時半ぴったりに登場!

b0168823_18364639.jpg


わ~、本物だわ♪
ライブで聴けるダミー。
べスのボーカル、暗い~~カッコイイ~。

b0168823_18415858.jpg


隣にいたイギリス人男性と「懐かしいね~。最高だね~」と言い合う私達。
でも盛り上がっているのはある程度年齢がいった人たちばかりのような?
前にいたティーンの女の子達なんて、ずーっとfacebookに何か書き込んでいて途中からどこか行っちゃった。

b0168823_18433021.jpg


私は大満足。
大好きな曲たちをライブで聴けて、ライブでもカッコイイのがわかったし。
(ライブレコーディングしたアルバムも持ってるんだけど)
ボーカルはもちろん全員のミュージシャンもタイトでうまくてちょっと鳥肌ものでした。

久しぶりにかっこいいライブを見て気分が高揚するのを味わったわぁ。
こういうの、しばらくなかったもの。

b0168823_18453760.jpg


すっかり暗くなり・・・ますます増える観客。

24時のケミカル・ブラザーズ(The Chemical Brothers)の登場を待つ・・・。
この頃にはまわりは酔っ払ったり「とんでる」人が多く、1人で立っていられない人もいたりしてちょっと不安に。ふらふらしたり、たばこをふりまわしたり・・・少し怖かった。

b0168823_18481058.jpg


予定より数分遅れて登場!
光と音でレイブ状態。
私達は結構前の方にいたのだけれど、はじまった途端に人々が前に押しかけ押しつぶされてすごいことに。
満員電車よりも混みこみで前の人を押しつぶして飛び跳ねるから、息が出来ない!!!
息が出来ないし前も見えないんだけど、横にも後ろにも行けない。
音楽をきくどころじゃなく、ひたすら恐怖!!
ちょっと我慢したけれど、とても楽しめる状態ではなく、後ろの方に逃げることに。

これがまた大変。なかなか逃げられない。
観客が多いしクレイジーになっている人がいっぱいでなかなか前に進めない・・・。
こんな人ごみの中、抜け出そうとそうとする私達も迷惑なわけで。
やっとの思いで輪の外に出してみれば「こんなに人が多かったんだ」と改めて驚くくらいの観客の多さで。
ケミカル・ブラザーズはかっこいいけれど、特にテクノやクラブミュージックが好きではないからそこまでの思いをして見たくもなく、電車の時間もあり途中で帰ることにしました。

は~、一気に年を感じてしまった。(苦笑)
あれで事故はなかったんだろうか。

b0168823_18572233.jpg


去年より一本早い電車でご帰宅。
泥だらけの靴と服。
一年に1回で十分だわ。

でも今年はPortisheadが見られたから、良かったな~。
新しいアルバム出ないかな~。

b0168823_1935232.jpg今年のパレオで食べたもの。

その場で焼いているピザがあったので試してみたら、期待以上においしかった。
もしかしたらジュネーブのレストランで食べるピザよりおいしいんじゃないかしら?ってくらい。
上のトッピングは自分で好きなだけ乗せていいのも良し。


b0168823_195865.jpg今年のカップのデザインのひとつ。
ピンクでPaléoって書いてあるのがかわいかったんだけど、写真に撮るの忘れた。 


2011年の夏フェス、パレオのレポートでした♪





♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr
[PR]

by sahobo | 2011-07-24 19:10 | Music festival

Paléo festival 2011  その1

b0168823_053852.jpg

今週に入ってからとても寒く雨続き。

でも負けずに(?)今年も野外音楽フェスティバル、パレオ(Paléo)に行ってきました。
Plaéo festival Nyon 19-24 juillet 2011

去年のPaléoその1その2

小さいカメラしか持っていかなかったしほとんど写真も撮らなかったのだけれど、簡単に記録。

ジュネーブからNyonへ行き、さらに小さい電車に乗って会場へ。

b0168823_04374.jpg


会場内は続いた雨のせいで、どろどろのぐちゃぐちゃ!!
げげげげ!!という感じ・・・。
そうだろうと思ったけれど、長靴を持っていないので、運動靴で行ったせいで靴はすぐどろだらけに。
長靴を履いた人たちは得意げ(?)に泥を飛ばして歩くので、会場に入ったとたんに私のカーゴパンツは跳ねた泥ですっかり酷く汚れてしまい急に不機嫌気味に。(苦笑)
でも不機嫌になっても仕方ないのだ。
だって野外音楽フェスティバルなんだものね・・・。
(ハンターが欲しいな。)

b0168823_0433296.jpg


去年も雨で足元はひどかったけれど、今年はさらにどろどろだった気がする。
でも雨が降らなかっただけマシ。
それに今年はしっかり厚着をしていった。
良くある「有名人のサマフェス・ファッション」なんかを参考にしたいところだけど(特にケイト・モス)、なんたって去年は寒くてずっと震えていたので、ひたすら温かく汚れてもいい服を選んだのでした。
でも汚れていいとは言え、会場に入った途端にどろどろのはねがたくさん飛ぶとは思っていなくて、甘かった。(苦笑)

さて、まず19時からメインステージで始まるバンドを見ました。

b0168823_0435225.jpg


AaRONというフランスのバンドらしい。
歌は全部英語だった。
全然知らなかったんだけど、なかなか良かったな。
メインの二人、特にボーカルがチャーミングだった。(大切♪)

太陽も顔を出して青空も見えて。
ほ。

b0168823_0441141.jpg


観客も多かったけれど、みんなリラックスした雰囲気。
そう、この頃はまだ良かったのですよ・・・。
これが後でカオスと化すのじゃ。

でもサマーフェスティバルはもう少し暑くないと盛り上がらないよな~。
これじゃ秋祭りだよ。

スイスを知る(?)体験型展示会場などもあり。

b0168823_0443032.jpg


軽く見学。

家族で来ても楽しめる、という感じでしょうか。

b0168823_0444822.jpg


そして21時半からPORTISHEAD♪♪♪

続く・・・・。


♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr
[PR]

by sahobo | 2011-07-23 00:46 | Music festival

Fête de la musique @ ジュネーブ

ジュネーブ、先週末はFête de la musiqueでした。
b0168823_20182279.jpg


ワタクシ、この時期にジュネーブにいるのは今年が初めて。

土曜日の夜に友人一家とちらっと行ってきたのでその様子を・・・。

でもこの日は(というか前日から)珍しいくらい酷い偏頭痛で、午前中はフランス側にお買い物に行ったのに帰りの車の中でほとんど動けず死んでいた私・・・。
夜になっても頭痛が完全にひかなかったのもあって、写真もあまり撮れませんでした。

b0168823_2019225.jpg


午前中は大雨だったのが夕方になって晴れて。
金曜日から仏人がゴッドファーザーをしている友人夫婦の息子アントニーを預かったいたので、アントニーと3人で旧市街へ。
彼の両親とそこで待ち合わせ。

b0168823_20264428.jpg


ドラマーでもある仏人の友人はいくつか興味のあるバンドをリストアップしていたのだけれど、私はいつものごとくあまりチェックもしてなくて。
とりあえずカテドラルで何が演奏されているか見たくて中へ。
誰も一緒に教会内に入ってくれず、1人で。
(私は教会や神社やら大好き。彼らは教会になるべく入りたくないという人たち・・・)

b0168823_20212557.jpg


コーラス、まだリハーサル中でした。
パイプオルガンの演奏があったらよかったんだけどな~。
もしかしてあったのかしら?

b0168823_202835100.jpg


この時期、ジュネーブ市内に20台のピアノが置かれていた。
今年が第20回目の音楽祭でそれを記念して、だそうで。

一度弾きたかったのだけれど、いつも誰かが弾いていて、みんなしっかり楽譜までもってきていて一曲じゃ終わらないしで全然あかなくてチャンスがなかった。
残念~。

旧市街のピアノでこの方、ジャズのスタンダードを何曲か弾いていました。

b0168823_20304791.jpg


旧市街を中心に色々なところに音楽祭会場が。

上はメタルパンクみたいな人たち・・・。
音楽というよりも、楽器でぶおーーーんと長い音を出しているだけだった・・・。
そしてひたすらのヘッド・バンギング!
首が痛くなっちゃうよ~。

b0168823_20324277.jpg


9時過ぎて、またも怪しい雲行き・・・。
そして案の定雨が降ってきて、寒かった。

ヨーロッパの夏の音楽フェスティバルって結構いつも寒い気がする。
ロンドン在住中は毎年いくつかの音楽フェスティバルに行ったけれど晴天で暑かったと覚えているのは1つ、2つ。
後は雨、もしくは寒さに震えながら過ごした気がする。
グランストべりーなんて毎年雨だったよ。
あ、でもアメリカの夏の野外音楽祭(タングルウッド等)や野外コンサートは逆にいつもとても気持ちよかった記憶がある。
ボストンの夏、暑いものね。

b0168823_20344131.jpg


こちらはロックな方々。
うーん、なんというか、微妙。なんだろ、これは?たはは。
一応音楽学校に行った身なので、どうしても厳しくなっちゃうんだな。(笑)
ま、音楽なんて楽しければなんだっていいんだけどねぇ~。

b0168823_2040334.jpg

途中で食べたケバブ。
これで10スイスフラン。
約1000円也。


前日も遅くまで起きていた仏人に偏頭痛の私だったのだけれど、結局は遅くまで楽しみました。


b0168823_20462845.jpg

これは夜10時の空。
雨上がり。
ヨーロッパの夏の夜の色。
光がとどまっている時間が長い、不思議な色。

結局フェスティバルには土曜日の夜しか行かなかったのだけれど、またジュネーブのイベントをひとつ体験。チェック!

今年はMontreux Jazz Festivalは行かないかもなぁ。
出演するミュージシャンが特に興味がない人か、何度も見たことある人たちばかりなので。
でもPaléo Festival には今年も行く予定!

b0168823_20555535.jpg

おまけ

前に立っていた男性が着ていたジャージ。
豊天高等学校カレー部って?

「カレー好きなんですか?」って聞きたかった・・・。




♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr
[PR]

by sahobo | 2011-06-21 21:07 | Music festival

Paléo Festival Nyon 2

Paléo Festival Nyon 続き。

すっかり雨も上がって綺麗な夕焼けになりました。
b0168823_18312315.jpg


この頃からどんどん増える人。
年齢層も若者からお年寄りまで。
子供を連れた家族も。

b0168823_18315675.jpg


CHAPITEAU。
6箇所あるライブステージの一つ。
b0168823_1833201.jpg


"MILOW"のステージ。
b0168823_18353718.jpg


b0168823_18344195.jpg


GRANDE SCENE。 "Crosby, Stills & Nash"
グランドステージではJohnny Cleggのライブもあり。
私達はどちらもちらっと見ただけ…。
b0168823_1834178.jpg


b0168823_1837826.jpg


CHAPITEAUで行われた "ARCHIVE"。
こちらは前の方でしっかり見ました。
b0168823_183852.jpg


CLUB TENTの "BEAST"
なんとなくのぞいたらカッコ良かった。
b0168823_1839031.jpg


午前2時頃、岐路へ…。
b0168823_18393665.jpg


寝たのは4時過ぎでした。



♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2010-07-25 18:47 | Music festival

Paléo Festival Nyon 1

木曜日、ニヨンで行われているパレオフェスティバルへ行ってきました。

Paléo Festival Nyon

1976年から続く野外音楽フェスティバルだそう。
ここのフランス人に「このフェスティバル、雨が降ることで有名なんだよ」と聞いていて、「イギリスのグラストンベリーフェスティバルみたいだ」なんて思っていたら…。

本当に雨が降った!
スイスに戻ってきてから約1ヶ月、毎日恐ろしいくらいに暑く晴天続きだったと言うのに・・・。

ジュネーブからニヨンまで15分くらい。
駅から小さな電車に乗り換えて5分ちょっと。

b0168823_10386.jpg


牧草地のようなところに到着。

土砂降りの大雨で寒い…。

入り口会場。

b0168823_0581268.jpg


ひろーーーい会場。

ステージは6箇所。
お店も沢山出ている。

この時間は大雨なのもあってまだ混んでいなかった。
みんな屋根のあるところで休んでいたり。

b0168823_122154.jpg


とにかく屋根のあるところに行きたくて、一番近くにあったテントの下へ。

誰だったかな、この人たちは。

b0168823_155627.jpg


↓こうなっちゃうわけね…。

b0168823_101720.jpg


1時間ほどでやっと雨が上がった!!

b0168823_13381.jpg


この日の夕食。

アジアからアフリカ料理まで食べ物のお店は沢山出ていた。
きちんと座って食べるレストランもあったり。

私達は簡単に食べられそうなこれ…。
なぜ急にこれを食べたいと思ったのか、今となっては謎ですが。

お値段は日本円で1000円。
「高いよ!!」
わかっているけれど、言わずにはいられない。

b0168823_133225.jpg


飲み物はこのカップで。
このカップを2スイスフランで買って使う。
帰るときに返せば2スイスフランが戻ってくる仕組み。
両手があくように、首から下げられるマイカップホルダーもある。
エコだね。

b0168823_134593.jpg



続く…。


♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2010-07-24 01:06 | Music festival

モントルー ジャズ フェスティバル 2

b0168823_2147412.jpg



モントルー ジャズ フェスティバル
の続き・・・・。

b0168823_21474255.jpg


ライブが始まったのは8時過ぎ。
まずストラビンスキー・ホールでTricky(トリッキー)を見ました。
b0168823_21495271.jpg


音、めちゃめちゃカッコ良い。
ホールの音響もいいし。

途中で観客がステージに上って踊りまくっていた。↓
b0168823_21575262.jpg


短かったけれど、かっこよかったので満足。


9時過ぎ、まだ明るい。

b0168823_21501990.jpg


無料ライブも色々行われている。

b0168823_2214578.jpg


出店も盛況。

b0168823_21562012.jpg


アジアチックな日本食のお店も出ていて、「焼き肉」や「たこやき」と書いてある旗がはためいていた。
焼肉やたこ焼きがあるわけじゃなくて、単なるデコレーション。
壁にはってある旗がいくつか裏返し、つまり鏡文字になっていたのが、非常に気になった私・・・。
直したい。

私達はご飯にタイカレーを食べました。
プラスチックのお皿に一人前のカレーで、1400円也。
めっちゃめちゃ高いっつーの!!
半額の700円で納得でしょ、という質と量。
さすがスイスのフェスティバル。

次はマイルス・デイビス・ホールへ。
b0168823_21503766.jpg


Julian Casablancas(ジュリアン・カサブランカス)。

b0168823_215815100.jpg


Trickyとはまた180度違う、サマーロックフェスな雰囲気。
これも楽しい。

ジュリアン、チャーミングだなー。
もちろん声もいいし。
大金持ちの息子なんだよね、確か。

この後またストラビンスキーホールに戻ってMissy Elliotを少しだけ見て。
観客の平均年齢と身長が低い・・・。

ライブが終わったのは夜11時半頃。

それから友達とJazz cafeで飲んで、1時過ぎの終電で帰りました。
家についたのは午前3時近く。

b0168823_21512629.jpg


夏を楽しんだ一日でした。

フェスティバルは17日まで続きます。

b0168823_21525950.jpg


My Flickr  

♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2010-07-07 21:44 | Music festival