カテゴリ:Travel Malta( 5 )

イムディーナ(Mdina)とラバト(Rabat)@マルタ(Malta)

マルタ旅行の続き。

今回は「サイレント・シティー」呼ばれる内陸の町イムディーナ(Mdina)と、そのお隣の町ラバト(Rabat)。

b0168823_29627.jpg

イムディーナは蜂蜜色のマルタストーンの建物が美しい町(と言うか、村)。
かつては貴族が住んでいた。

b0168823_2102984.jpg


6年前に比べて「観光地的」なアトラクションがあったり、呼び込みがあったりと、変わったところもあるけれど・・・。

この薄いクリーム色と青い空のコントラスト。
変わらず。

b0168823_2122779.jpg


こんなちょっとした路地の静けさも、変わっていない。

b0168823_2125770.jpg


マルタはレースが有名(ということになっている)ので、イムディーナにもレースのお店がある。

それからガラス製品。
この町の近くに工場があり、見学も出来る。
私が住んでいた頃に比べると、ガラス製品のデザインはだいぶ洗練されていた。

b0168823_2143143.jpg


この日は大型クルーズの観光客が来ていたようで、メイン通りはnot so silent city....。

正面に見えるのがこの町で一番古い建物だそうだ。(1階の部分)

いつだったか夏の夕方、この町で行われたクラッシックの野外コンサートに来たことがある。
夕暮れのイムディーナは観光客もおらず、それこそサイレント・シティーらしい静けさで。
とても素敵な雰囲気でした。
夕暮れ時のイムディーナもお勧め。

次はお隣のラバト(Rabat)。

イムディーナが貴族の町ならラバトは庶民の町。
ここは大きなカタコンベがある。

b0168823_2171576.jpg


海沿いの外国人も多いスリーマ、サンジュリアンから数キロしか離れていないのに、住んでいる人々の雰囲気は大分違う。
(写真に写っているのはほとんど観光客)

b0168823_2192039.jpg


内陸のこの辺り、既に日中の暑さは強烈。
とても歩いていられないので、早々に切り上げました。

マルタ旅行記もあと少しでおしまい。


♪マルタ旅行♪ 
その1() マルタ
その2() マルタ 
その3() ゴゾ島
その4()コミノ島 

♪Flickrにマルタの写真アップしました。() ♪

♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-07-09 02:26 | Travel Malta

コミノ(Comino)の真っ青な海 @ マルタ(Malta)

マルタ・バカンスの記録。

b0168823_2156493.jpg


一日、マルタ島(Malta)とゴゾ島(Gozo)の間にある、無人島コミノ(Comino)に行きました。

小船で数十分。

真っ青な海、ブルー・ラグーン(Blue lagoon)で有名なコミノに到着。

b0168823_21573171.jpg

この海の色!

自然に出来たプールのような場所、海の中はさらさらの真っ白な砂。

実はここもマルタに住んでいた頃は2回ほどしか来たことがありません。
どちらも真夏に来て、ものすごーく混んでいるし暑いしで、いい思いをしたことがなくて。(海は美しいけれど)

でも今回は暑すぎず、寒すぎずの完璧な気候。
それに早くに行ったので人も少なく、今ではパラソルやデッキチェアーなどの設備も整って(それぞれ4ユーロずつ)、かなり居心地が良かったです。

海が目の前の端の方、あまり人がこない場所にパラソルとチェアーを設置。
パーフェクトでした。

b0168823_220610.jpg


さっそく海に入るフランス人。

地中海の水は冷たい・・・。

でも私も今回は泳ぎました。
こんなに海で泳いだのは14歳の頃以来、という久しぶりさ。
気持ちよかった。

丁度良い気温と心地よい風のお陰で、すっかりリラックス。

b0168823_2244862.jpg


島は大体1時間くらいで歩いて周れる大きさ。

ホテルが一軒あります。

↑の写真、対岸に見えるのはゴゾ。

b0168823_2265115.jpg


午後2時過ぎ、海に入って陸を眺めてみれば、こんなに人が。
みんな肌を焼きにきているので、海には入らない人が多いみたい。

真夏と違ってお年寄りが多かったです。
イギリス人は常に多く、デンマークのホリデー村があるのでデンマーク人、スウェーデン人も多い。
フランス人もかなりいました。
夏には多いドイツ人はあまり見かけなかったな。
夏になると語学学校に来るイタリアやフランス、北欧からのティーンが増えます。

結局、夕方5時まで一日中デッキチェアーに寝そべって本を読んだり、お昼寝したり。
たまに泳いだり・・・。

フランス人、大満足だったようです。
(私はこの日の夜から太陽アレルギーに悩ませられることに・・・)

♪Flickrにマルタの写真の半分ほどアップしました。() ♪

♪マルタ旅行♪ 
その1() マルタ
その2() マルタ 
その3() ゴゾ島 

♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-06-25 22:20 | Travel Malta

ゴゾ島(Gozo)へ@マルタ(Malta)

マルタ島(Malta)からフェリーで渡ったのはゴゾ島(Gozo)。

b0168823_20354485.jpg


こんなに小さくてもマルタとゴゾはしっかり分けなければいけません。(笑)
新聞でも「マルタとゴゾは・・・」と書くくらい。

マルタ本島よりもはるかに小さく、少し緑が多い島。

本島もだけれど、ゴゾでも2階建ての観光バスが走るようになっていました。

せまーい道を大きな観光バスが通っていくのが、なんとも不釣合い。
窓枠や電線、木の枝にぶつかりそうになるし。

私達も乗ったけれど、地元の人々の生活を脅かしているようで、なんだか申し訳ないような気持ちになってしまった。

b0168823_2039129.jpg


ゴゾも道が綺麗になっていたり(工事中が多い)、かつての絵に描いたような素朴さは失われつつあるのかも。

ゴゾと言えば・・・アズール・ウィンドウ。(azure window)

b0168823_20411557.jpg


今人気のドラマ「Game of Thrones」のシーズン1でDaenerys TargaryenとKhal Drogoの結婚式のシーンが撮影されたところでもあります。

青い空と海に大きな岩の窓。
圧巻の光景。

b0168823_20453737.jpg


マルタはカトリックの国。

本島の教会も立派だけれど、ゴゾの教会はもっと立派。

チタデル(citadel、大城塞)からはゴゾ一体が見渡せて、この日のように晴れていれば、コミノ島やマルタ本島まで見えます。

b0168823_2050585.jpg


ぽつんぽつんと巨大な教会が目立つのが特徴的なゴゾの風景。

夕方になってから泳ぎたいという仏人が言うので、赤い砂が美しいビーチ、ラムラ・ベイ(Ramla Bay)へ。

b0168823_2052815.jpg


私も泳ぎました。
3年も住んでいて、ゴゾにも何度も来たのに、ゴゾで泳いだのは初めて。
地中海の水は冷たいけれど、気持ちが良かった。

b0168823_20531337.jpg
この日、ランチに食べたものはこちら。

マルタパン
ゴゾのヤギのチーズ2種類
ゴゾのケッパー
ゴゾのトマト
ゴゾの玉ねぎ

味がしっかりある野菜・・・。
地元のものはどれもおいしい。



♪Flickrにマルタの写真の半分ほどアップしました。() ♪

♪マルタ旅行♪ 
その1()
その2()

♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-06-21 20:57 | Travel Malta

ブルー・グロット、神殿、ヴァレッタ、スピノラ@マルタ(Malta)

地中海に浮かぶ小さな島、マルタ。

彼は初めてのマルタだったので、一応観光地めぐりなどもしました。
b0168823_2191417.jpg


まずはブルー・グロット(blue grotto)へ。
小船に乗ってグロットめぐり。

地中海の濃紺。
カンヌやニースの海とも違うマルタの海の色。

b0168823_21101679.jpg


太陽の光りで水がキラキラ輝いて、綺麗なことで有名です。

泳ぎたくて仕方がなかった彼は、ここで初泳ぎ。

それから巨大な石の神殿、ハジャイーム神殿(Hagar Qim)とイムナイドラ神殿(Mnajdra)へ。

b0168823_2116467.jpg

行ってみてびっくり。

どちらの遺跡もカバーで完全に覆われていた・・・。

そういえば、保存のためにカバーをかける計画があるとは聞いていたけれど、すっかり忘れていました。

風雨、熱から守るために仕方がないのだろうけれど。
以前のような青空に巨石がそびえる自由で雄大な感じはすっかり失われてしまっていた。
巨大なはずなのにずいぶん小さく見える。

昔はこんな感じでした。()

綺麗なチケット売り場やビジターセンターなども出来て、すっかり整備されていました。

二つの神殿を私がガイド役となって彼に説明。
住んでいた頃はガイドの通訳などもしていたので、色々知っています。

その後ヴァレッタ(Valletta)へ。

b0168823_21185082.jpg


日曜日のヴァレッタは閑散としている・・・。
古いので人が住むのはなかなか難しい街。
独特な雰囲気があってどこも絵になるけれど、いかんせん建物が古い・・・。

それからアッパー・バラッカ・ガーデン(Upper Barracca Gardens)へ。

b0168823_21174621.jpg


ここは自然に出来たハーバー。
大きなクルーズ船もよく泊まっています。

対岸はスリーシティーズと呼ばれるところ。
映画撮影場などもあります。

そういえば、私たちが今好きなドラマ「Game of the Throne」も一部マルタで撮影されていました。
シーズン1にはかなり沢山マルタが登場しています。
ただマルタの風景とCGが混じっていて、なんとも不思議な感じでしたが。

b0168823_21235595.jpg


そして夜のスピノラ・ベイ(Spinola Bay)。

Euro2012が始まったところだったので、巨大なスクリーンが設置されて盛り上がっていました。

この海沿いの道は夜のお散歩が気持ちのいいところ。

しかし日中の太陽の強さはジュネーブの紫外線の強さとは違うレベルでギラギラ焼けつく感じ。
一日外にいると太陽疲れしてしまいます。
普段は太陽大好きなここのフランス人もめずらしく「日陰」を求めていたし。

夕方になるとホッとします。


♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-06-19 07:25 | Travel Malta

地中海の小さな国・マルタ共和国 (Malta)

b0168823_1925633.jpg


マルタ共和国(Malta)に一週間行ってきました。

地中海はシチリアの横に浮かぶ小さな島国、マルタ。
れっきとした独立国です。

マルタに行ったのは6年ぶり。
かつて3年間ほど住んでいました。

6年ぶりのマルタは色々変わったようで、でも基本的に変わっていなかった・・・。

変わったのはお金がユーロになったり(私がいる時にEUに加盟した)、前は見かけなかったような高級車が走っていたり。
道も少し綺麗になって緑も増えたり、黄色いマルタバスではなくなったり。

写真はスリーマ(Sliema)から眺める首都ヴァレッタ(Valletta)。
聖ヨハネ騎士団によって作られた街で世界遺産に登録されています。

これは6年前と変わらない眺め。

b0168823_1965561.jpg

夕暮れのヴァレッタの美しさは格別です。
(写真byフランス人)

今のマルタはとてもいい季節。
日中は既に30度と暑いけれど、風はまだ心地よく、夕方は涼しい。
観光客も多いけれど、まだ真夏ほどではないし。

滞在中は毎日みごとに晴天でした。
毎日出歩いて海でも泳いだので、さすがに日に焼けました。

b0168823_195564.jpg


新しいモールも出来ていました。
そこから眺めるヴァレッタ。

鍵が沢山かけられていて、パリにある橋みたい。
誰がこういうの始めるんだろう。

首都ヴァレッタ3連続、でした。

これからマルタの様子など、アップしていきます。


♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-06-17 19:16 | Travel Malta