<   2009年 08月 ( 44 )   > この月の画像一覧

レマン湖 水上バス

b0168823_21293770.jpg
毎日さわやかな晴天続き。
先週末に比べれば確実に涼しくなっているけれど、相変わらずまわりはみんな夏の格好。

日曜日の夕方、トラムに乗って約10分、レマン湖へお散歩へ。
お店が閉まる日曜日は、湖畔に人が集まる。
泳ぐ人、お散歩する人、カフェやレストランで楽しむ人と、思い思いにリラックスしていて、なんだかみんな幸せそう。

湖畔のカフェでお茶をした後にLes mouettes(水上バス)に乗ってみた。
Les mouettesとはかもめのことだそう。

この黄色い小船がLes mouettes。
b0168823_21295788.jpg

運転はサンタクロースが夏のバイトをしているのか、と思うような白いおひげのおじちゃん。
b0168823_21313132.jpg

なかなかスピードがある。橋の下を通って・・・
b0168823_21362122.jpg

5分ほどでルイ・ヴィトン前に到着。
あっという間。
b0168823_2132437.jpg


楽しかった!
[PR]

by sahobo | 2009-08-31 21:39 | Life in Geneva

カロージュへ

土曜日、カロージュというエリアへ行ってみたら、イベントをやっていた。

b0168823_2021433.jpg

いろいろな出店があって、移動遊園地もきていて。
b0168823_20222031.jpg

ブラスバンドがいて。
b0168823_2023476.jpg

民族衣装で踊る人たちがいて。
かわいい。
b0168823_20233198.jpg

「あれはスイスの民族衣装?どこの踊り?」と聞いても「知らない。僕フランス人だし。」という彼。
生まれも育ちもジュネーブなのにそういう時はフランス人になる。

相変わらずお天気良い日が続くジュネーブ。
ロンドンやパリ、コペンハーゲンなどから、ヨーロッパはお天気が悪いイメージがあるので意外。

カロージュではボトルでお酒を買うお店へ行った。
ボトルはいろいろな大きさや形があり、最初に購入したいアルコールの量に合わせて買う。
次回からはそれを持っていき、お酒を入れてもらう仕組み。
2回目からは中身のお酒代だけでOK。エコですね。
お酒は買う前に味見が出来る。
今回買ったのは「カフェマッキアート」のお酒と「レモンチェッロ」。
ローズのお酒にも心ひかれたけれど。
お店には試してみたいオイルやビネガーもあった。
次回買ってみよっと。
[PR]

by sahobo | 2009-08-30 20:44 | Life in Geneva

フランス アビニョン

Avignon
b0168823_19531226.jpg

b0168823_1953429.jpg

b0168823_19543364.jpg

b0168823_1958150.jpg

アルデッシュの後、一泊二日でアビニョンへ。

14世紀に教皇が住んでいたパレスは、なんとなくスペインのグラナダのアルハンブラ宮殿と似た印象。
暑さと乾燥した空気と空の青さ、明るいのになんとなく物悲しいのが同じだ。
[PR]

by sahobo | 2009-08-30 20:00 | Travel France

How to relax

正しいリラックス方法

お手本 その1
b0168823_1835533.jpg

b0168823_18352131.jpg


師匠に教えていただいています。
[PR]

by sahobo | 2009-08-29 18:37 | Kafka the cat & Cats

フランス 村めぐり 続きの続き

Aubenas
b0168823_21542014.jpg

b0168823_21544496.jpg

カラフルな屋根が美しいお城。
現在は市役所。
地元のアーティストの作品展示即売会がおこなわれていた。
b0168823_21575100.jpg

お城の前にあるのはこんな建物。
古くて味があるというか、ぼろぼろというか・・・。
b0168823_2158063.jpg

山、川、湖とアクティビティにことかかないこの辺り。
どの村や町もかなり観光客がいた。
ほとんどがフランス人。後はオランダ人やドイツ人。たまにイギリス人。
あまりイタリア人やスペイン人がいなかったのは、自国にも似ている場所があるからかな。
にぎやかな夏も良いけれど、冬に来るのも静かでよさそう。
[PR]

by sahobo | 2009-08-28 22:02 | Travel France

フランス 村めぐり 続き

Jaujac村 Le Chastelas
b0168823_20584546.jpg

b0168823_20593295.jpg


静かで現代の村と思えない雰囲気。

Vogüé村
b0168823_2122766.jpg

b0168823_214461.jpg

この村に行った時はとにかく暑くて暑くて。
歩いているだけで倒れそうだったので、このカフェで休んだだけ。
[PR]

by sahobo | 2009-08-28 21:07 | Travel France

ちびっこ

b0168823_21454578.jpg


それにしてもちびっこ、よく寝ます。
起きている最中は目を離せないくらいのいたずらっこぶりなのに、15分ほどで急に電池が切れたように寝てしまう。
寝て遊んで食べて。
既にここに来た時より大きくなったような気がする・・・。

この子はとにかく好奇心旺盛で新しい場所、部屋に行きたがる。
冷蔵庫も開けるたびに入ろうとする。
さっきは籐の洗濯物籠のふたをあけたら、飛び込んできた。

それから自分だけが低いところにいるのが嫌みたいで、みゃうみゃうとないて人と同じ目線の高さになりたがる。
高いところにおいてあげると安心するらしく静かになる。
喉もごろごろならす。うれしいみたい。
だっこされるのも好き。
だっこされて目線が高くなるのは特に大好き
人間にベタベタするのも好きで、部屋から部屋へとついてまわってくる。

パパとママをご紹介

この子はジュネーブから車で20分ほどの村で生まれました。

パパ
b0168823_2263764.jpg

ママ
b0168823_227974.jpg


こちらのお宅は大人の猫が4匹、子猫が3匹(6匹のうち3匹が既に里親にもらわれいた)、中型犬1匹、大きなトカゲ、うさぎ、鳥などなど・・・と。とにかく動物がたくさん。
おまけに人間の子供も2人いる。幼稚園生と赤ちゃん。
それほど広くないアパートなのに、どうやって一緒に暮らしているのやら。
びっくりでした。

大人数(?)の中で生まれて育ったせいか、この子は物音に驚かない子です。
[PR]

by sahobo | 2009-08-27 22:21 | Kafka the cat & Cats

フランス Vallon Pont-d'Arc でカヌー

2009、私の夏休み&旅の思い出!

b0168823_0394218.jpg

b0168823_0405846.jpg

Vallon Pont-d'Arc (バロン ポン デ アーク)という村の近くにあるのがこの岩の橋。
一度午後7時頃に行ったけれど(まだ明るい)、「カヌーをやりたい!」というフランス人男性約1名がおり(っていうか1人しかいないけど)、後日また行くことに。

ちなみにワタクシ、アウトドアとか自然とか、非常ぉぉに苦手。
そもそも太陽にあたれば太陽蕁麻疹が出てしまうし、明るいところでは目が痛くなり偏頭痛がしてくるのでサングラスがかかせない。海とか山とか遠くから眺めているのは(?)好きだけれど、キャンプやら山登りやら海水浴やら・・・まったく興味がないのです。

それなのに、フランスはアルデッシュ河でカヌーデビューしちゃいました。
きっと最初で最後・・・。

で、感想は・・・・気持ちよかった!!
私が前で先導して(いたつもり)日陰ばかり目指して漕いでいたけれど。
結構漕ぐの上手だった・・・と思う・・・。
一時間ほど行ったりきたりしていただけだけれど、大自然はもう存分に味わいました。
フランス男も満足。

このあたりは本格的にカヌーをしに来る人たちが多く、2、3日かけて河を下るそう。
ひゃぁ、すごいな。

この日も暑くてたぶん40度は超えていたはず。
炎天下、相変わらずトップレスやらほとんど裸で寝そべるヨーロッパ人達。
そんなに焼いちゃっていいのかと心配になるけれど。こんがり。
でも後で写真を見たら、どう見ても私は場所を間違っている感じ。
わかっていたけれど、これほどとはっ!
つばの大きなお帽子にキラキラのついたサングラス、長袖でカヌーって!!
超変!!明らかに浮きまくり。
・・・ま、いっか。

b0168823_0411730.jpg

このお兄ちゃんにお金を払ってカヌーを借りる。
ちなみに一時間10ユーロくらいだったような。
b0168823_0415811.jpg

特に漕ぎ方を教えてもらうわけでもなく、ここから乗って時間になったら戻ってくる。
それだけ。とってもゆるい。
[PR]

by sahobo | 2009-08-27 00:48 | Travel France

フランス語学校

今週の月曜日からフランス語の学校に通い始めました。
9時から12時までの午前中、週5日。
「語学校学校生」として毎日通うのは、ボストンで英語学校に通った10代以来と超久しぶり。

学校は家から徒歩10分ほど。
こじんまりとしたなかなか良い雰囲気の学校で、初日から気に入りました。
ロンドンとマルタで週2日夜のコースの通っていたけれど、いろいろ忘れているので初心者クラスから。
さすがに2日目だし、まだ今のところ簡単。

先生は28歳のフランス人。
とってもチャーミングで教え方も上手。
クラスメイトはロシア人とフィリピン人が2人ずつ、ブラジル、コロンビア、タンザニア、ナイジェリア、ベトナム、イギリス、から1人ずつそして日本人の私。
なかなかインターナショナルです。
年齢は19歳から55歳までおり、職業も学生、アート評論家、メカニック、英語の先生といろいろ。
クラスの後に働いている人も何人かおり、例えばイギリス人の女性はEasy jetのエアホステスで、午前中の学校の後は「今日はジュネーブ-アムステルダム-バルセロナ-ジュネーブ、明日はジュネーブ-ニース-リスボン-ニース-ジュネーブ・・・」という感じで週5日仕があるそう。
エナジェティック。

久しぶりの語学学校生生活、楽しいです。

で、思い出したのが「いつか最低3ヶ月はフランス語圏に住んで学校に行きたい」と考えていたこと。
気がついたら本当にかなってしまっていた。
ぼんやりとだったので、具体的にいつとかどうやってかはわからなかったのに。
でも「そのうちきっと」と、強く思っていたのは確か。
これが「引き寄せの法則」かも??
英語でも「何を願うか気をつけなさい」という言い回しがあったし、願ったことはかなってしまうものかも。
ただそれがいつ、どのような形で叶うかはわからない・・・とどこかで読みました。

b0168823_2235940.jpg


アルデッシュの夕空

そういえば、フランスの田舎をまわる、アビニヨンに行く、っていうのも私の「いつかしたいことリスト」にあったこと。
[PR]

by sahobo | 2009-08-26 02:30 | Study French

フランス バラズック (Balazuc)

b0168823_1454282.jpgBalazuc バラズック村

「フランスの美しい村」ということで、行ってみました。


こんなところ・・・・。
b0168823_1412636.jpg

b0168823_1415678.jpg

b0168823_21424921.jpg

b0168823_1485632.jpg


美しくて、まるで時間が止まっているよう。
[PR]

by sahobo | 2009-08-26 01:50 | Travel France