<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

みぃーたぁーなぁー

b0168823_0252868.jpg


ランプシェードの梱包に使われていた発泡スチロール。

ちょっと目を離した隙に、床が雪が降った後みたいになっていました。

掃除が大変だっつーの。


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-31 00:28 | Kafka the cat & Cats

語学コンプレックス解消

b0168823_0244435.jpg


昨日あったフランス語のテストが返ってきた。
100点満点中87点・・・。
まぁまぁ。クラス平均は70点。
文法はパーフェクトだったのだけれど、ボキャブラリーのスペリングが!
覚えられない自分にがっかり!(年齢のせいなの??)

そういえば前回のミニテストは40点満点で39点だった。

語学学校とは言え、テストの点数がいいのは気分がいい。ふふふ。
(87点を良いと言うかは別として。)

中学と高校、週5日で(その頃から土曜日が休みだった)英語が7時間もあるような学校に通っていた私。
帰国子女が多く、英語どころかドイツ語やらフランス語やら出来る人もかなりいて、その中で英語はいつもビリから数えたほうが早い成績だった。
特殊な教科書で中1の本から全部英語。新しい単語の説明も英語。それもイギリス英語。
そして中学1年の最初のテストから、質問も全部英語。質問の意味がわからなければ問題は解けない。

上級生の「他の学校じゃアメリカ英語をやってるのに、うちはイギリス英語じゃない?」「そうなんだよねー」という会話を聞いても、アメリカ英語とイギリス英語の違いもわからなかった私。
毎回テストの質問の意味が理解できず、何をやったらいいんだかわからなくて問題が解けなかった私。

およよ・・・。

アメリカに行ってから英語のレベルわけテストを受けたらまぁまぁだったので、きっと出来なかったわけではなかったのだけれど、なんせ周りが出来すぎたのだ。
ほんと、英語に関しては辛い6年間だった。
今考えてもなんてかわいそう!!(爆)

そんな6年間を過ごしたので、英語で苦労しなくなった(仕事までするようになった)今でも、「英語(というか文法)が苦手」というコンプレックスが抜けなかった。

それが、フランス語を勉強することで、この文法恐怖症が解消されていっている気がする。

英語はアメリカに行ってから耳で覚えたのもあって、文法の説明が出来ない。
質問されても「うーん、こういう時はそう言うんだよねぇ」ぐらいしか言えなかったりする。

でもフランス語では文法をしっかりやっているので、その曖昧な感じがないのだ。
そもそもルールがしっかりあるフランス語。
頭の中が整理される感じでクリアにわかる。
それが気持ちいい。

テストでも点数が取れる。
=ちゃんとわかっている。
=語学苦手なわけじゃない!
たらぁーん♪

私はフランス語⇔英語なので、結局英語の整理にもなっているような気がする。
(フランス語⇔日本語は出来ない・・・)

長年の英語の文法コンプレックス解消という思わぬボーナス。
これが心理学でいうところの過去の傷を癒すことで次のステップへ・・・ってことでしょうか。
なんて。


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-30 00:30 | Study French

Flickr

b0168823_22353897.jpg


写真の整理をしようと思って今更ながらFlickrをはじめた。
FacebookやMixiと同じで、イマイチ良くわかっていないけれど、とりあえず数枚UPしてみた。

私はまったく「凝り性」ではないらしい。
写真も撮るのは好き、でもカメラの使い方やら撮影の仕方の勉強しようと思いながら、未だに適当。
このブログにしてもスキンの編集やら色々なテクニックがあるんだろうけれど、とりあえずちょこっと書いて写真をUPするくらいで満足。

電気製品を買っても取扱説明書を読むことがないのと同じで、しっかり何かを読んで理解して頭に入れてから色々やってみるのが面倒なのかもしれない。
とりあえず自分で適当に触ってみる。
だからいつまでも出来ることしか出来ない。
=それ以上いつまでたっても上達しない・・・電気機器なら知らない機能がたくさんある。

FlickrもとりあえずUPしてみた・・・こんなんでいいのかしら?

Flickrもいつまで続くかわからないけれど、とりあえず少しずつ自分の記録用に残しておこうと思う。


Flickr : Sahobo1


先週末から夏時間が終わり日本との時差が8時間になった。
通常時間に戻ったのに、それから毎日晴天で暖かい日が続いている。
今日なんて半そでの人たちを何人も見かけた。
さすがにそれは寒いと思うんだけど・・・。
夕暮れが早くなるこの頃にどんよりした天気が続くと本当に鬱々としてしまうので、暖かい秋はうれしい。
(温暖化のせいなの??)

でもまだ3時前なのに、既に夕暮れの太陽。
ヨーロッパの秋冬は暗いのだ。



Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-28 22:38 | Photo, Flickr

2色の川が出会う場所

日曜日、雲が多いお天気だったけれど、暖かかったのでまたサイクリング

今回の目的地はローヌ川とアルヴ川の合流点、Jonction。

「多分こっちの方だよ」という彼の後を追い、ジュネーブを西へ。
とりあえずめぼしをつけた橋へ行ってみた。

でも最初に行った橋の下を流れるのは1本の川。
既に川は混じった後みたい。

こっくりした深い青緑の流れ。
周りの木々はすっかり秋の様子。
b0168823_22152310.jpg


この橋から別の線路らしき橋が見えたので、行ってみることに。

と思ったら、またまた違う場所に出てしまった。
でも2本の河がひとつになっている風景が目の前に!
b0168823_22192690.jpg


線路の橋を人が歩いている。
どうやらここが私たちが目指していた橋みたい。

やっと目的地に到着!!
b0168823_22254721.jpg

お天気がイマイチだからかそれとも季節のせいか、ガイドブックで見るほどくっきりとした2色ではなかったけれど、それでも2本の川がしばらく混じらずに流れてから合流しているのがわかる。
左がローヌ川、右がアルヴ川。
左上、遠くにJet d’Eau(大噴水)も小さく見える。

ローヌ川はフランスのアビニョンまで続いている。
この辺りはまだ川幅もせまいみたい。
夏のアヴィニョンで見たローヌ川もゆったりとろとろ流れていて美しかったけれど、ここの眺めも綺麗。

この後、橋から見えた真ん中の島も行ってみたい。
b0168823_2235861.jpg


目の前で川が合流している。
さっきの橋はPont de la Jonctionという名前らしい。
橋から見る方が2色の違いがわかりやすい。

この後、ローヌ川沿いをルマン湖に向けて走って、終点のコルナヴァン駅へ。
ここまでで約2時間半。
景色を見たり、のんびり休憩しつつのサイクリング。

空気を感じながら走るのは楽しい。
相変わらず交通量が多い道では緊張するけれど、だいぶ慣れてきたし。

次はどこへ行こう?




Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-26 22:45 | Life in Geneva

Bonsaï

b0168823_5541198.jpg


土曜日の午後、ジュネーブ郊外でおこなわれていた「Bonsaï展示会」にふらっと行ってみた。
盆栽クラブのメンバーがそれぞれ自分の作品を発表するらしい。

盆栽はフランス語だと「ボンザイ」。
SがひとつだとZの発音になっちゃうのね・・・。

20年近く前にボストンに住んでいた頃、ちょっとスピリチュアル&禅な感じのカフェ(どんなカフェだ・・・)に行くと、「禅ガーデン・セット」などと共に盆栽が売っていて、「盆栽=おじいちゃんの趣味」だと思っていた10代の私は衝撃を受けたけれど。
スイスではここ10年くらいかなぁ・・・と彼。
何でも流行は10年ぐらい遅れて入ってくるらしい。

彼はひとつ盆栽を持っているけれど、特に盆栽マニアなわけじゃない。
私もこれだけの数の盆栽を見たのは初めて。
というか、本格的な(?)盆栽を見たのもこれが最初かも。
でも初めての盆栽観賞体験は、なかなか面白かった。

入場料は大人6フラン。
結構大勢の人が見学していたのはちょっと意外。
もっとひっそりとしているのかと思っていたので。
あまり若者はいなかったけれど。
b0168823_5533613.jpg


展示されていたのは、盆栽クラブのメンバーによる作品。
それから活け花。
活け花は「イーケバァーナー」という雰囲気の、なんともいえない作品が多かった。
ちょっと微妙・・・。

盆栽の方はなかなか良かった。
これだけの数をまとめて見たのは初めて。
日本の盆栽とこっちの盆栽がどう違うのかもわからない。(同じかもしれない)
鑑賞力はないけれど、それでも少し魅力がわかったような気がする。
枯れた木のようなのに緑の葉っぱがついていたり、小さいのに大木のように見えたり、木の下を散歩をしたくなる林のような作品もあったり。
ちょっと「小宇宙」を感じた・・・。(なんて。)

b0168823_556347.jpg売り物の盆栽もあり。
その他にフランス語の盆栽雑誌、日本の盆栽大辞典、盆栽写真集も売っていた。
「枯れ木の魅力」なんていう題の本も。
(直訳すると「死んだ木の魅力」だったと思うけれど、「枯れ木」のことだと思う・・・。)
後は日本の園芸用の土や、鋏など。
そんなものもヨーロッパで需要があるのかと驚く。

展示してある盆栽は売り物じゃないみたい。
「私のかわいいかわいい盆栽チャンがどれだけ成長したか見て!」っていう感じなんだろう。
どの作品をどういう人が育てているのかわかったら面白かったのに。
「この人、大雑把そうなのにこんな小さいのを育てているんだー」とか、「手の込んだことする人なのねぇこの人」、とか・・・。

初めての盆栽観賞。
やってみようとは思わないけれど、興味深かった。

もみじや赤い葉っぱの木は「日本の秋の色」をしていた。

帰りの車の中で「そういえば東京の祖父の家には盆栽がたくさんあったなぁ・・・」とぼんやり懐かしく思い出した。

b0168823_691245.jpg



Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-25 06:14 | Events Switzerland

映画録

b0168823_2212860.jpg


最近見た映画の記録。

29. Victor
フランス語。コメディ。
タブロイド誌の記者アリスは一人暮らしの老人を引き取る家族に賞金を出すという企画を立てる。
一癖あるご老人とお金につられて彼を引き取ることになった家族、その様子を取材して雑誌に載せるアリスと上司・・・。
特に悪くもないけれど良くもない・・・。日曜日の夜に家族でテレビ(映画館ではなく)で見る映画という感じ。
シンプルなフランス語で私にはわかりやすく良かったけれど。英語か日本語の映画だったら飽きちゃったかな。アリス役の女の子がかわいい。

30. Mères et filles
フランス語。カトリーヌ・ドヌーブ、マリーナ・ハンズ
カナダで働いているオードリーは実家のあるフランスに休暇で帰郷する。彼女の母マルティーヌは今でも失踪した自分の母を許せず、そのため娘のオードリーとも良い関係を築けないでいる。
ある日、オードリーは今は空き家になっている祖父の家で偶然祖母のダイアリーを見つける。そこに書かれていた真実とは?
カトリーヌ・ドヌーブ!!やっぱり迫力です。骨太な感じで。でも足なんかスラッとしていてハイヒールがとっても似合う。かっこいいぃ。
母親と娘の関係って・・・・失踪した母親を持たなくても難しいのね・・・なんて。でも仲良し双子みたいな母娘もいるしなぁ。希望にある終わり方なのは良かった。

31. Je suis heureux que ma mère soit vivante
フランス語。Vincent Rottiers、Sophie Cattani
弟と共に養子に出されたトマは生みの母親ジュリーのことをずっと覚えていた。12歳の頃に彼女の家を探し出してたずねたこともある。大人になったトマは改めてジュリーの家を訪れる。育ての親と弟との家、生みの母親と腹違いの弟との家。彼は2つの家でこっそり二重生活をはじめる。
長いこのタイトルの訳は「母が生きていて僕はうれしい」という意味。(もっと上手な訳があるだろうけれど・・・)母と娘、母と息子。親子ものが続いた。
これは結構好きな映画。生みの母親がひどいのには参ったけれど。(苦笑)
どちらかというと母と息子の映画の方が好き。母と娘だと感情移入しすぎるというか、辛い気持ちになってしまったりするので。
「Mères et filles」とだったら、こちらの方がお勧め。

32. Funny people
英語。アダム・サンドラー
コメディアンで俳優のジョージはセレブリティーで大金持ち。ある日不治の病に冒されていることを知る・・・。
コメディなのかと思ったら、結構シリアス。もちろん笑える場面、台詞もあったけれど。
アダム・サンドラーのシニカルな感じ、嫌いじゃありません。
最後は何もかもうまくいくハッピーエンドな映画じゃないのも良かった。クリティックの評価は高くないみたいだけど。
ちょこっと出ているエムネム、相変わらず怒ってる!(笑)


Photo:ちっこいパトカー。道がせまいオールド・タウンに丁度良いサイズ。
ロンドンに住んでいた頃はスマートカーを買おうかなんて考えたこともあったけれど、結局一度も乗ったことがありません。

Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-23 22:18 | Movie

フランス人と日本語

b0168823_2065428.jpg


ここのフランス人、少しですが日本語がわかります。
最近は私のフランス語に集中することもあって、会話は英語かフランス語なのですが、たまーに突然日本語で話してきます。

以下、数日前に一瞬だけ日本語になった2人の会話。


彼「映画館のトトロだよ」

私「映画館のトトロ??」

彼「うん。トトロ。」

私「・・・・・・隣??」

彼「あ・・・。(赤面)」


「となりのトトロ」ね・・・。

あまりにも日本語を使わなかったので、混じっちゃったみたいです。

笑っちゃいました。
(普段は私が笑われている方なので、ここぞとばかりに・・・)

写真はこの間フランスからの帰り、信号待ちで前に止まったバイク。
赤いわんちゃんがこっちを向いていたのでパチリ。
走るバイクの後ろでパタパタ風になびく耳がとってもかわいかったです。


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-23 20:15 | Life in Geneva

Kafka's best friend

Kafkaの大好きなお友達、イーヨー。
b0168823_2340818.jpg


しょっちゅうくわえて連れまわしています。

大好きだからカジカジカジ・・・・。
b0168823_23584818.jpg



Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-22 00:01 | Kafka the cat & Cats

ジュネーブ郊外 CERNの近く

またまた晴天の日曜日。
ジュネーヴ郊外へドライブへ。

ほんの10分ほどでCERN。
と言うか、CERNの入り口。
敷地内に入っていく車が多かったけれど、部外者の私たちは素通り。
入り口の向かい(?)にあったこの丸いもの・・・なんだろう?
b0168823_2134743.jpg


街から車で10分ほどなのに、風景はすっかり田舎。
b0168823_21111944.jpg


ワイン畑が広がっています。
ワイン畑の風景って、トキメク・・・。
b0168823_21104589.jpg


スイスのワインはラヴォーやヴァレーが有名だけれど、こんな街の近くでも作っているなんて知らなかった。
でも「この辺りのワインはそれほどおいしくないよ」と彼。
確かにラヴォーやヴァレーのワイン畑の規模に比べると、大分小さい。
でも綺麗。
収穫はすっかり終わっていたみたい。
b0168823_21124673.jpg


途中、小さな村をいくつかまわってみた。
日曜日だしあまり人をみかけなかったけれど、レストランはいくつやっていた。
この辺、いくつか行ってみたいレストランがあるけれど、また未体験。
b0168823_21171524.jpg


真っ赤なつたの葉!
秋らしい。
これだけ晴れると、寒くても我慢できます。
b0168823_21204516.jpg


1時間ほどドライブしました。


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-20 21:32 | Life in Geneva

フランス AIX-LES-BAINS

フランス、エクス・レ・バン (Aix-les-bains)。

ジュネーブから車で約2時間。
サイトによると、パリからはTGVで3時間だそう。
写真は市長舎。
b0168823_2125447.jpg


どうやら温泉がある街らしく、ホテルが何件もあった。
ホテルとカジノとクラブ。
温泉の町にあるものはどこの国も同じ?
夏はきっと混むんだろう。
b0168823_21275754.jpg


土曜日なのにほとんどのお店は閉まっていた。
b0168823_21301118.jpg


ショコラティエのショーウインドウに日の丸と「ようこそ」の日本語を発見!
b0168823_21322197.jpg


午後4時半。
あいていたカフェレストランで遅いランチ。
この寒空の下でもテラスに座る人が多い。
太陽さえ出ていれば大丈夫らしい。
西洋人って日本人よりも体温が高いから寒さに強いんだと思う。
寒がりな私は絶対室内。
b0168823_21325662.jpg


夕日に向かって微笑むウサギ・・・いや、ネズミ?
b0168823_21374158.jpg


夕暮れ。
ひたすら美しい湖と空。
そしてひたすら風が寒かった。
b0168823_2144168.jpg


フランスとスイスの国境。
国境を越える時はいつも意味なくドキドキしていまう。
普通車を止められることさえなく、スラッと通り過ぎるだけなのだけれど。
b0168823_2149207.jpg


7時半、無事帰宅。
お疲れ様!


Aix-les-bains サイト(日本語あり)

Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-10-19 21:54 | Travel France