<   2009年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

上質な日本語を読む幸せ

b0168823_17183160.jpg

帰ってきて、特に毎日何をしているわけでもないので、読書がはかどる。
ジュネーブに戻ればまたフランス語と英語と映画の日々だから、今はあえて日本語漬け。

で、最近の読書。

「食堂かたつむり」* 小川糸 ポプラ社
* 「おとな二人の午後 異邦人対談」* 塩野七生 五木寛之 世界文化社
* 「ミラノ 霧の風景」* 須賀敦子 白水社
* 「トリエステの坂道」* 須賀敦子 新潮文庫

「食堂かたつむり」は母がBookoffで100円で買ってきたもの。
あっという間に読んでしまった。
映画のように場面の浮かび、読んでいる最中はそれなりに面白かったような気がしたのだけれど。
後から「そういえば、すっごく大切な物として出てきていたおばあちゃんの"ぬかどこ"。途中から全然出てこなくなったなぁ」とか、なんだかちぐはぐなところが気になりだして。結構そういうのが多い。
一見意味がありそうで全然ない、毒がありそうで実はない、という感じで、母と2人、「100円でよかったね」と。

この後反動で(?)「しっかりした、美しい日本が読みたい!!!上質の文章が読みたい!!」と思い、読み出したのが須賀敦子さんの「ミラノ 霧の風景」。
最初は何度か読んでいる「トリエステの坂道」が読みたくなり、家の本棚を探していたら、まだ読んだことのない「霧の風景」を見つけたので、こちらを先に読むことに。

本当に、須賀敦子さんの書く文章は「上質」だと思う。
読んでいるだけで、幸せにれる上等な随筆。
「トリエステの坂道」も何度読んでもすばらしいと思うけれど、「ミラノ 霧の風景」も非常に良かった。
また「手元において何度も読み返したい本」が増えてうれしい。

須賀敦子さんは私の通った中学高校と同系列、姉妹校に大学まで通っていらしたので、私は勝手に親近感を感じている。
あの独特の教育の中で育つのは特殊だから、なんとなく「わかる」ような気がするのだ。
そういう気がする・・・だけなんだけど・・・。

パリに2年留学した後にイタリアに行き、フランス語の後にイタリア語を学んだのだろうけれど、イタリア文学の翻訳を多く手がけられていて(日本文学のイタリア語訳も)、才能あふれるというか・・・ただひたすら憧れと尊敬。
(そういえば、私の習ったこの学校の卒業生のシスター達(先生)は、みんな英語もフランス語も出来た。)

水村美苗さんもそうだけれど、鋭い感性と独特な視点、美しい日本語、表現力、卓越した語学力・・・自分にはない才能をさらりと持つ女性には本当に憧れてしまう。

次は、これまた母の本棚で見つけた「本に読まれて」を読むつもり。
須賀敦子さんの世界にどっぷりと浸るのだ。
幸せ~。


フランス男が送ってくれたバラ
このところ暖かかったので、どんどんひらいてしまった・・・。
でもまだ綺麗に咲いている。


My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-29 17:26 | Books & Music

秩父宮記念公園、紅葉

b0168823_18211486.jpg

今週末、秩父宮記念公園では紅葉ライトアップがおこなわれているというので、行ってきた。
午後5時半から8時半まで、無料。

秩父宮記念公園は、春の桜の季節に来たので、今回で2回目。

どこも綺麗に手入れされている。

b0168823_1822346.jpg

赤色はあまりなかったけれど、綺麗にライトアップされていて美しかった。

かやぶきの元秩父宮邸中をのぞいているのは・・・・うちの母。(笑)
b0168823_1824214.jpg


窓から中を見てみると・・・。
b0168823_1825985.jpg

ちょっとレトロな感じで素敵。

秋を感じる幻想的な夕べでした。


My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-28 18:27 | Odekake Japan

スイスのお土産

日本へのお土産はいつも迷う。
もうチョコレートも散々買って帰ったし・・・。
何回も行き来をしているからってわけでもないと思うんだけど。
もともとあまり「これだ」って言う物がない気がするスイス・・・。

チョコレート、チーズ以外でスイスらしいものって、なんでしょう?


今回実家と伯母のために買ってきたのはこれ。
b0168823_19461253.jpg

鍋つかみ。
切り絵風のチーズを作る人達と牛さん達。

裏はこんな風。
b0168823_19472242.jpg


ちょっとかわいいでしょ。
空港のShopで。
同じ種類でナプキン等テーブルウェアもありました。


突然話変わって・・・・

小さいカメラしか持って帰ってきていないのもあって、なんだか最近写真がいい加減・・・。
どうも写真のうつり(色)も悪くなってきているような気がするんだけど。
デジカメって古くなるとだめなんでしょうか?



My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-27 19:51 | Travel Switzerland

ラ・フランスのある風景

b0168823_195067.jpg


・・・なんて。

立派なラ・フランスが一箱届いた。
毎年この季節に送られてくる。

まだちょっと早いので、2、3日は飾っておくことに。

b0168823_1991738.jpg


ヨーロッパでは見かけないラ・フランス。

今年の出来はどうかしら?

楽しみです。


My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-27 19:11 | Sweets & Drinks

「パリ」に惹かれて・・・

b0168823_2012420.jpg


朝起きたら春だった。
と思うくらい暖かかった今日。
ぽかぽか陽気だと体も心も緩んで、ほんわり。

久しぶりに歩いて本屋さんへ行ってきた。
お散歩。

本屋では、雑誌を立ち読み。へへ。
でも最近読みたい、買いたいと思う雑誌がない。
20代、30代、40代向けファッション雑誌、ビューティー雑誌、エクササイズの雑誌、男性誌・・・。
片っ端から見たけれど、全然買う気にならない。
モデルもみんな同じ。同じお化粧、髪型、表情。(に見える)
どの雑誌でも同じ人が出ている、取材されている。(気がする)
同じ事を特集している。(印象)
たーくさんの新しいコスメもお洋服もバッグも、なんだかもう別に雑誌で見なくてもいいやって気分。
見たければお店に行くし。

う~ん、私がずれちゃってるのかなぁ。

それでも買ったのは「Ku:nel」。
単にパリ特集だったから。

フランス男は来月初旬、ロンドンとパリへ行くと言っていた。
映画のプレミアと取材。
ロンドンは3泊でホテルはマンダリン・オリエンタルだって。
あそこのレストランFoliageはかつてものすごくおいしかった。
バーも良かったんだけど。
今はどうだろう?
パリは2泊。ホテルはどこって言っていたか、忘れてしまった。

私は12月初旬はまだ日本だし、便乗してくっついて行くことは出来ない。
「いいなぁ。そういえば夏もパリに行けなかったなぁ~。」と考えていたので、なんとなく「Ku:nel」の「パリ」の文字にひかれてしまったのでした。

これから読みます。
パリのマップと2010年のカレンダーがついてたよ。

2時間ほどぶらぶらしておうちへ。

200キロカロリーくらい消費したかしら??

b0168823_19465665.jpg




My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-26 20:13 | Life in Japan

薔薇が届いた日

b0168823_1649675.jpg


朝、宅急便で箱が届いた。

中身は真紅の薔薇の花束。

送り主は小雨のジュネーヴで凍えている(?)フランス男。

b0168823_16532534.jpg


ガラスの花瓶に生けようかと思ったけれど、秋だし黒い花瓶にしてみた。

お花を美しく生けられる人って素敵。
私は、水切りしてさすだけ。
なんとなく綺麗な形にならないけれど、でもまぁ、無造作な感じもいいか・・・と・・・。

それでも、お部屋は急に華やいだ雰囲気になった。

お花を贈られるのはいつだってうれしい。

Merci beaucoup.


My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-25 16:58

日本ならサンドイッチは・・・

ヨーロッパにいると、
「サンドイッチは食べあきた。もう一生分のサンドイッチを食べた!」
・・・と思うことが多いけれど・・・。

日本のサンドイッチはおいしいのだ~。
これなら食べられる。
いや、食べたい。

b0168823_22425043.jpgかつサンドでしょ~。



b0168823_22431161.jpgハンバーグサンドでしょ~。


新宿の駅下で売ってる、肉の万世のこれ。
普通の何でもないカツサンドとハンバーグサンド。

このソースの味!
日本だよねぇ~。

Yummmmmyyyy!!

フランス男にも食べさせてあげたいっ。


My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-24 22:47 | Lunch & Dinner

LIVE

b0168823_14485192.jpg
楽院時代の友人達のライブに行ってきた。
前半はジャズ/フュージョン。
サンボーンの曲なんて、超久しぶりに聴いた。
ジャズは好きだけれど、フュージョンは全然聴かないので。
年代がわかる選曲。
久しぶりだと懐かしくていい。


後半はヴォーカルが入ってロック。
盛り上がるのはやっぱりこっち。
インストだけだと、音楽やってない人とか好きじゃない人以外は「よくわからない」って感じなのかな、と。確かにソロとか、好きな人じゃなきゃわかりにくいもの。

来年レコーディングすると言っていたので、楽しみ。

みんなと会ったのは3ヶ月ぶりだけれど、もうこの年になると(?)3ヶ月なんて全然「久しぶり」という感じがしない。メールもしてるし、そもそも前は1年に1回、私が帰国する時にしか会えなかったし。「そういば、久しぶりだよねぇ~」ってお互い確認。
お土産(もちろんチョコレート)を渡す。

若者達に「今度はどこに行ってたんですか?」と聞かれ、「スイスだよ」と答えたけれど、スイスがどこにあって何があるのか、多分知らないんだと思う。
でも若いし、みんなかわいいし、音楽に夢中な子達だし、スイス知らなくて全然OK。(?笑)

キーボードのソロを聞きながら、マルタの知り合いの家に置いてもらってあるピアノ、スイスに送れるかな、と考えた・・・。
送料、どのくらいだろう。
ロンドンから送った時は幾らかかったんだっけ?

前働いていた会社の男の子も来ていて、「戻ってきて欲しいって言ってたよぉ」と言われたけれど、ほんとかな。そう言われるのは悪い気はしない。でも戻らないよん。
今まで働いた会社の中で最も?マークが多く頭に浮かんだ会社。「解せない」ことが多すぎて。「合わない」ってこういうことを言うんだってところだったから・・・。またあそこに戻る未来はまったく想像できない。

終わって、みんなと打ち上げに行きたかったけれど、なんだか寒くてまた具合が悪くなりそうだったので私だけキャンセル。
居酒屋に行ったらしい。
居酒屋、いいね。
ジュネーブに欲しいね。


My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-23 15:03 | Books & Music

シェイクスピアと詩とパリと

b0168823_2019994.jpg


気がついたら玄関の花がクチナシになっていた。
今年はうちのクチナシの木、たくさん花をつけている。
このクチナシ、白に薄いピンクが、とても綺麗だと思う。

帰国してから読んだ本。
(Booklog作ったほうがいいかなぁ・・・。)

* 「ぼくらの言葉塾」* ねじめ正一 岩波新書 
*  「心に響け、シェイクスピア」* 佐久間康夫 NHK出版
*  「パリの秘密」* 鹿島茂 中央公論新社
*  「悩む力」* 姜尚中 集英社新書

戻ってきて見事に気分が日本の本になっちゃいました。
フランス語、既に忘れてる。
どれも両親が図書館で借りてきてくれたので、読んだ本。

「ぼくらの言葉塾」は面白かった!
詩について。全然難しくなくて、詩に興味もっちゃいそう。
詩・・・あんまりわからないけれど、でも中学生以来大好きだったのは中原中也。
理由は考えたことないけれど、なんでだろう・・・。
でも好きで、全集、アメリカにも持っていったし、その後ロンドンにもちゃんと持って行った。

「心に響け、シェイクスピア」も、これまたあんまりシェイクスピアはわからないんだけど・・・。
でもイギリス長年いたので、結構普通に色々なところに出ていたから、あぁこれ知ってるってことも。
古い英語も意外と使われていたので(日常会話にはさすがに使われていなかったけれど)、意味はわかったり。
読み物として面白かった。
そういえば、ロンドンでは蜷川幸雄さんの演出の舞台を何回か見た。
真田広之さんの「ハムレット」も見た。真田広之さんがあまりにもかっこよくて、ほんとーに動きが信じられないくらいかっこよくて(強調)、それ以来、ひそかにファンです。人間ってこんなに素敵に動けるんだ!と感動ものでした。松たか子さんがオフェーリアで、私はその時名前も知らなかったのだけれど(既にその頃日本では大人気だったらしい)、すら~っとしたスタイルの美しい人だなぁと思った記憶が。
あ、あんまり関係話になってしまった・・・。

「パリの秘密」は、前に一度読んでいたのに、また借りてきてくれちゃった。
うちの両親、同じ本を何度か借りてくることがある。
途中、もしくは最後まで読んで「あ、これ読んだ」って思うことがよくあるらしい・・・。
全然頭に入ってないってことなのね。
パリの有名ではない、でも歴史的な場所や道、建物・・・。
これ読むと、すぐにパリに行って確かめてみたくなる。
実際、みんなが気にも留めていないような、普通のところなんだろうけど、「おぉ、ここがそうか」と確認したくなる。
鹿島茂さんの著書は結構読んでます。
安いツアー旅行を見つけて行きまくる話とか、笑っちゃいます。

b0168823_20182820.jpg




My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-21 20:24 | Books & Music

アラジンの魔法のストーブと焼き芋

b0168823_16133424.jpg


友人に「今日は暖かいね~」なんてメールを送った後に外に出てみてびっくり。
ものすごく寒い。
晴れてるから暖かいのかと思ったのに。

実家は夏は冷房要らず、涼しくてすごしやすいけれど、冬は寒い。
天井は高いし、隙間風は入るし。
サロンで使っている暖房のひとつはAladdinのストーブ。
もう何十年も使っている。超年季はいってます。骨董。
Silver wingと書いてあるけれど、左右にミラーがついてるの。
このミラーで熱を反射させるのです。
後ろに灯油を入れる缶があります。
これ、移動できるしとっても暖かい。

昔は同じAladdinのもっと大きな、一面がミラーの宇宙船のような「巨大ストーブ」もあったのだけれど。
多分「Silver queen」だと思う。
って、子供だったから巨大に見えたのかもしれない・・・。
あれ、どうしたんだろう。

ストーブの上には普段はアレッシィ(ALESSI)のケトルがかけてあります。
注ぎ口に鳥がついてる、Kettle with bird。

今日はアルミホイルに包んでサツマイモを置いておきました。
洗って切って包んでストーブの上に置くだけ。
しばらくすると、焼き芋の出来上がり。

ホクホク。
うひひ。

秋冬の楽しみ。



My Flickr


Merci! 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2009-11-21 16:24 | Life in Japan