<   2009年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

やっぱり最後はご挨拶

大晦日&新年を過ごす場所も無事決まり、後数時間ほどで電車に乗る。
まだバスローブ、頭にはバスタオルを巻いた状態。
頭の中で出発時間と仕度時間を逆算中。

行き先はスイスドイツ語圏。
ドイツとフランスの国境の街。
「観光地」としてはそれほど有名ではないらしいけれど、新年は花火やら色々イベントもあるようなので、楽しみだ。

さてさて、年末のご挨拶をしなければ、ということで今年最後のブログアップ。

「何もない」年なんてないけれど、今年もやっぱり色々あった年でした。
楽しかったことも沢山あった。
ちょっとびっくりするくらい大変なこともあったけれど、過ぎてしまえば大したことがなかったような気がする。

ブログを数年ぶりに再開して、多くの人に読んでもらえたのはうれしいことでした。

2010年もよろしくお願いいたします。
良いお年を!

Kafkaからもご挨拶。

b0168823_19543743.jpg



My Flickr またまた更新しました♪


Merci! いつもありがとうございます♪ 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-31 19:56 | Life in Geneva

映画録

b0168823_8383991.jpg


今回ジュネーブに戻ってきてから観た映画。
すべて映画館で観賞。

40. Le père de mes enfants
フランス映画。フランス語。Mia Hansen-Love監督。 Chiara Caselli, Louis-Do Lencquesaing出演。
映画を愛して信じたプロデューサーと彼の家族のちょっと悲劇的なお話。実話を元にしているらしい。
映画を愛しているがために追い詰められてしまうプロデューサー。耐え切れなくなった時の決断。残された家族。フランス的な映画。
評判が良い映画らしいのだけれど、時差ぼけ&首が痛い(なぜか到着して次の日の朝から右の首と肩がものすごーく痛くなった。今も結構痛い・・・)せいで、イマイチ良さがわからなかった。残念・・・。

41. Kerity-La maison des contes
アニメーション。フランス映画。フランス語。
亡くなったおばあさんから「図書館」を譲られた男の子。沢山の本。でも彼は文字がきちんと読めなくて・・・。
夢のある、素敵な本のお話。キャラクターもかわいい。
ただこういうアニメーションを見るたびに思うのは、宮崎駿のアニメがどんなにすばらしいかってこと。完全にその世界に取り込まれてしまう、キャラクターになりきってしまえうような、アニメーションってなかなかないんだと、ジブリでないアニメーションを見ると思う。まさにマジックだよなぁ。
この映画もいいんだけどどこかイマイチ入りきれなくて、途中で少し退屈してしまった。宮崎アニメは退屈するなんてこと、ないもの・・・。

42. Le dernir vol
フランス映画。フランス語。Karim Dridi監督。Marion Cotillard、Guillaume Canet出演。
意味は「最後の飛行」。
1933年のサハラ砂漠。砂漠に駐在するフランス部隊。そこへ行方不明になった恋人を探しに飛行機で女性が来る。彼女は恋人を探してフランス部隊の男性一人と共にサハラの砂漠をさまようことになる。実話を元にしたお話。
今をときめくオスカーウイナーのフランス人女優マリオン・コティヤールとボーイフレンドのギョーム・カネ出演の映画。期待して行ったのだけれど・・・ありゃりゃ??マリオンってこんなに演技下手だったっけ?ギョームの方も、どうしちゃったの?という感じ。サハラの美しい風景もところどころ挿入されているのだけれど、どうもディレクションが弱い・・・。監督の力不足という気が。

43. It's complicated
アメリカ映画。英語。Nancy Meyers監督。Meryl Streep、Steve Martin、Alec Baldwin出演。
10年前に離婚した2人。2人の関係は本当に終わってしまったのか、それともまだ愛があって年を取った今回ならうまくいくのか・・・。
メリル・ストリープの出ている映画は安心して見られるから良い。ほんとーにうまいんだよねぇ・・・。役者がいいから、楽しい映画に仕上がっている。これが下手な人たちだったら、相当つまらないものになっていただろうけれど。メリル・ストリープ演じる女性もチャーミングだし、アレック・ボルドウィンも年取って太っていてもセクシーな元旦那役にぴったりだし。やっと面白い映画が観られたと思えたのは、実は英語だったから!?

44. RTT
フランス映画。フランス語。Frédéric Berthe監督。Kad Merad、 Mélanie Doutey出演。
RTTとはRéduction du temps de travail の略。就業時間の削減のこと。
Arthur はスポーツショップのマネージャー。愛している女性が結婚すると聞きマイアミへ行くことを決める。これが間違いのもと。次から次へと事件に巻き込まれる。コメディー。
まぁまぁ・・・。フランス映画に多い「なぜか冴えない中年男性と若くて美しい女性が恋に落ちる」映画。(笑)
なんでだ?ありえないだろ。テレビで見れば十分なレベル。
気になったのは、音楽がシーンに全然合ってないこと。マイアミの明るいビーチでなぜTRAVISやAdele?
解せないわ。

以上が今年最後の映画録。

さすがに大晦日は映画館に行かと思うので・・・。

日本では本、ジュネーヴでは映画、そして常に音楽。
2010年もきっと同じ。
私にとっては幸福なルティーン。

My Flickr またまた更新しました♪


Merci! いつもありがとうございます♪ 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-31 08:42 | Movie

新年をどこで迎えるのよ?

b0168823_20113558.jpg

友人を招いてのおうちディナーはいつもメニューに迷う。
で、初めて私のお料理を口にする人の場合はカレーライスになることが多い。(日本人以外限定。笑)
作るのが簡単、和食を食べたことがない人や子供的味覚の人も食べられる、ので。

昨日はフランス男の友人カップルを招いてのディナーだった。
2人はパリ在住。
男の子の方はフランス人。女の子の方はスイス人。
パリで何度か会っているけれど食の好みまではわからないので、やっぱり今回もカレーになってしまった。

レシピは映画「かもめ食堂」*のフードスタイリスト、飯島奈美さんの著書「LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。」*を参考にした。
ちょっと手をかけた、つもり。
それからサラダと味噌汁。(カレーに味噌汁って変かな)

ケーキも2種類焼いた!すごくない?自画自賛だわよ。
チーズケーキとフォンダン・オウ・ショコラ。
チーズケーキは栗原はるみ*さんのレシピ。

このカップル、彼の方は昔から日本のTV番組(仮面ライダーとか!)、アニメや映画が大好き。
彼女の方は最近出版社に就職して、日本からヨーロッパへ漫画を輸入(?)する仕事をしている。
来年友人が日本語を勉強しに京都へ行くので、その人をを訪ねて日本へ行く予定だと言っていた。
日本に興味津々の2人。
ほんと、日本に行ったことがある、日本に行く、日本に興味があるって人が多いので驚く。
(私の周りでは、ってこと。もちろん日本に興味がない人の方が断然多いことはわかっています。)
まだまだ「不思議の国にニッポン」的へんてこイメージもあって、爆笑してしまうことがあるけれど、日本が好き、日本の文化に興味があるって言われるとやっぱりうれしい。

もちろんジャパニーズカレーは好評でした。くふふ。

さて、31日はチューリッヒのフランス男の友人パイロット君宅へ行く予定だったのだけれど、パイロット君の前妻の家族に不幸があり子供達を連れていかないといけないと、突然昨日キャンセルに。
がーん。
電車のチケットを買ってしまったので、新年を迎えられる素敵な場所はないかと急遽探しだした。
フランス男は31日もしっかり仕事が入っているので、夕方ローザンヌで落ち合ってミステリー・デスティネーションへ行くことになるのだけれど・・・。
ある程度の距離があって(チケットが勿体ないから長距離電車に乗りたい。笑)、でも遠すぎず、ちょっと素敵で、大晦日のイベントがあって、2010年を迎えるにふさわしい場所。
そんなとこ、あるだろうか?っていうか、あっても今からホテルが取れるのかしら?
私ってば、大晦日と新年、一体どこに居るんだろう?
無事にシャンペンとフォアグラで新年を迎えられるのか!?
2009年も綱渡り的に暮れていくのでした・・・。


My Flickr またまた更新しました♪


Merci! いつもありがとうございます♪ 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-30 20:45 | Life in Geneva

泣く大人とゴクミと

b0168823_0565042.jpg

読書録。
日本で読んだ本を記録し終えていなかったので。

* 「喋々喃々」* 小川糸 ポプラ社 
* 「泣く大人」* 江國 香織  世界文化社
* 「ゴクミ」* 後藤久美子 講談社
* 「すべてはぜったいうまくいく!」* リズ山崎 主婦と生活社

「喋々喃々」は母が図書館で借りてきてくれたものを読んだ。「食堂かたつむり」*と同じ印象。「それなり」でどんどん読めるんだけど・・・。
そもそも不倫物があまり好きではないのもあって、こういう話を読んで感じるべきせつなさみたいなものを薄っぺらいと思ってしまうのかもしれない。
こういった文章や内容が好きっていう人もいるんだろうとは思うけれど・・・。
本当の本好き、読書好きはどうなのかしら?
尾花のうなぎとか美味しいものが出てきて、ちょっとそそられた。
でもそれら「小道具」も「いかにもな物を登場させてそれっぽくしてるよね」って気がしちゃうんだなぁ。なんか、素直じゃないですけど。

「泣く大人」は大好きな江國 香織さん。落ち着いて小説を読む時間がなかったのでこのエッセイの文章が丁度良かった。 
果物が主食だったり、夜行性だったり、2時間お風呂に入ったり・・・。イチイチ好き。
透明で硬質でちょっと物悲しいんだけれどかすかに暖かい幸福で、少女のようでいて実はすごく大人・・・っていう印象。(どんな印象なんでしょう、わかりますか?笑)
男友達について書いているところも良かったな。意外に男らしいところが。やっぱり大人な女性だ。これの前編ともいえるエッセイ「泣かない子供」*も好き。

「ゴクミ」、ひたすら綺麗でした。はい。(笑)
10年前も今もちゃんとその年齢で美しいんだものねぇ。ため息。

今回村上春樹氏の「1Q84」*を読もうと思っていたのに、結局読まなかった。というか読めなかった。家に本はあったのだけれど。
毎日なんだかばたばたしていてじっくり取り組むような本を読む時間がない気がしていたから。
大作は時間的、精神的に余裕があるときにきちんと読みたい。
まぁ、読みたいと思う本をしばらく読まないというのも、後のお楽しみということで良いものです。
BOOK3も出るようだし、そしたらまとめて読むという楽しみがあるもの。

本がしっくりくるか来ないかは、読む時の精神状態、自分の置かれている状況、環境、年齢、季節、空気、読む場所なんかがすごく影響する気がする。
同じ本でも日本で読むのと海外で読むのでは全然受ける印象が違う。
読みたくなる本の種類も言語も違う。

ジュネーブに戻ったので、またしばらく日本語の本はお預け。


My Flickr またまた更新しました


Merci! 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-29 01:19 | Books & Music

クリスマス後のクリスマスディナー

b0168823_21393297.jpg

クリスマス2日後の昨日、フランス男の弟君のおうちへクリスマスディナー第二段におよばれしてきた。
今回は24日のディナーより少人数。
弟君とイタリア人のガールフレンド、ご両親、パリ近郊に住んでいる叔父さん夫婦、私達。

今年完成してこしてきたばかりの新しいおうち。
写真には写っていないけれど、キッチンが特に立派。
「キッチン以外は全部IKEAだよ」、と笑っていたけれど。
ディナーのディッシュの合間にもキッチンを磨く2人・・・・。
やっぱりスイス育ちだからか!?
「スイス人は超綺麗好きという噂は本当なのかも」と、ここのフランス男、弟君、そして同じくスイス育ちのイタリア人GFを見て思う・・・。
(注意!! ↑もちろんこれはブログネタの冗談です。念のため・・・)

b0168823_21395645.jpg
日本だとクリスマス後すぐにツリーは取り払われてしまうけれど、こちらでは新年まで飾られている。

夕食後、ツリーの下のプレゼントをオープン。
いつもは25日の昼間に集まってプレゼントをオープンするそうだけれど、今年はパリ近郊からの叔父さん夫婦を待っていたのでこの日になった。
ヨーロッパには長くいたけれど、実はこの「毎年全員にプレゼントを買う」っていうのがちょっと苦手・・・。
どこの誰までどの程度の何を用意したらいいんだか、いつも迷うから。
でもお互いプレゼントしあってみれば、やっぱりうれしかったりする。

私がいただいたのはピーチ&アップリコットのティー、チョコレート、パフューム、など。
好みがわからないから消費するものが多かったけれど、こちらもそれが一番。
特にピーチとアプリコットのティーは香りが素敵で楽しみ。

b0168823_2151589.jpg
大好きなマカロンもいただいた。
ふふふ。

ディナーはイチジクが真ん中に入ったフォアグラのスターターが、とてもおいしかった。
コレステロールが気になるので(20代前半からいつも「ちょっと高め」と出てしまう)、一切れにしたけれど。

パスタはホームメイド。
パスタってマシンがあれば簡単に作れるのかしら?
ちょっと興味あり。

この日もディナーは6時頃から始まって終わったのは午前1時。
それほど遅くはないけれど(フランス男の友人達とのディナーは午前3時頃終わったりする)、普段12時前には寝る私は途中から眠くて眠くて。
フランス語の海の中、あやうく席でうとうとしそうになってしまった。
子供じゃないんだから・・・とは思うけれど、おなかがいっぱいになってお酒も入ると、フランス語はどこか遠い国の子守唄のように聞こえてきて、意識が遠のいていく。
「満足満足。じゃ、アタクシ寝ます」とは行かないのが大人の辛いところだ・・・。
がんばって耐えたけれど、帰りの車に乗ったとたん爆睡いたしました。



My Flickr またまた更新しました


Merci! 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-28 21:08 | Life in Geneva

イルミネーション@ジュネーヴ

あっという間にクリスマスも終わり。

今日はイルミネーションもまだ行われているので、ぶらぶら眺めてきた。

b0168823_3302091.jpg

新年まで飾られているクリスマスツリー。

b0168823_423584.jpg

丸い飾りがいくつも下がっていて、遠くから見ると綺麗。
小さいカメラしか持っていなかったので、どうも写真がイマイチだけれど・・・。

b0168823_4245084.jpg

オブジェみたいなイルミネーションがたっていたり。

b0168823_3324733.jpg

通りもそれぞれ違ったイルミネーションが。
地味目だけど実際はもっと綺麗なのよ・・・。

b0168823_3335756.jpg

光の滝。

b0168823_3365294.jpg

ルイ・ヴィトンもピカピカ。

26日がボクシングデーと言ってホリデーだったイギリスとは違い、スイスは普通の日みたいだけれど、街は人々であふれていた。
どうやらセールが始まったかららしい。
それに土曜日だし。
こんなに人が多いジュネーブは初めてだ。

買い物にいそしむ人々を横目に、私達はシャンペンを買っただけで、後は何も買わず。

ジュネーヴ、セールと言ってもどうも購買欲が沸かない。
物の種類が日本に比べたら少ないし、同じような物でも明らかに東京やロンドンに比べても高いのだ。
フランス男も同じらしく、お洋服類は東京やパリなんかで買うことがほとんどらしい。
高級ブランドのお店や宝石店は沢山あっていいんだけど・・・ビリオネアーじゃないんで、日々あんまり関係ないし・・・。
後沢山あるのはチョコレートのお店ぐらいか。

ビリオネアーといえば(?)、24日のディナーで彼の叔母さんにロッタリーのチケットをもらった。
私は番号が三つあって、どうやら12スイスフラン当たったみたい・・・。
12フランかぁ。カフェぐらいにはいけるか。
日本で10枚買った年末ジャンボ宝くじは軽く1億円くらい当たるといいんだけどなぁぁぁ。

My Flickr 更新しました


Merci! 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-27 03:56 | Life in Geneva

Joyeux Noël

b0168823_2033215.jpg


Joyeux Noël!!

昨晩のイヴはフランス男の実家で総勢12人でのディナーがあった。
フランス語の海の中、沢山飲んで沢山食べて。
帰ってきたのは午前3時。

今日は静かなクリスマス・デイです。

・・・と思ったんだけど、どたばたしたアメリカTVドラマを見てるフランス人が約一名。
アメリカン英語がやかましく、全然神聖でもなんでもない、ふつーの休み状態になっています。
F-wordの嵐・・・。とほ。
(ちなみにドラマはHBOの「entourage」)


My Flickr 更新しました


Merci! 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-25 20:04 | Life in Geneva

クリスマス・マーケット@Montreux

b0168823_22293663.jpg
ジュネーブ2日目の夜。

Montreux(モントルー)のクリスマスマーケットへ行ってきた。
ジュネーブからローザンヌまで電車で行き、仕事帰りのフランス男と落ち合いモントルーへ。

ジュネーブは雨が降り出していたけれど、こちらは大丈夫。
おまけに今日はフェーン現象だかで気温が10度も上がり、それほど寒くなかった。

モントルーはルマン湖沿いの美しい街。
ジャズフェスティバルで有名。
b0168823_22312238.jpg


6時頃モントルーへ到着。
まず蚤の市をのぞいてみた。

b0168823_22322785.jpg

蚤の市ってときめく。
ごちゃごちゃ、イッショクタって感じがワクワクしていい。

b0168823_22333412.jpg

ゆっくり見たかったけれど、人も多くてマーケットにも行かなくちゃってことでちらっと見ただけ。
ちょっと欲しいミルクピッチャーがあったのだけれど。

b0168823_22345556.jpg

マーケットをぶらぶら、あっちを見たりこっちを見たり。

何種類も味見をさせてくれたこのお店でクリスマスのクッキーみたいなものを一袋購入。
スパイスがたっぷり入っていておいしい。
「一人で全部食べないでよね」とフランス男に釘をさされた・・・。てへへ。

b0168823_2237599.jpg

白熊のいるつららの下がったお菓子屋さんがあったり・・・

b0168823_22384628.jpg

栗を焼いている威勢のいいおにーちゃん達がいたり・・・

b0168823_2353745.jpg

Queenのボーカル、フレッディ・マーキュリーがいたり・・・

彼はモントルーにセカンドハウスを持っていたそうだ。
足元には花束がいくつか置いてあった。
(ぼけぼけ斜め写真で失礼・・・苦笑)

b0168823_2242657.jpg

冷えてきたのでVin chaudを飲むことに。
スパイスのきいた温かい少し甘めのレッドワイン。
クリスマス気分が盛り上がる。
イギリスにもモルドワインがあったけれど、同じだよね、きっと。
でもこれ、最初はおいしいんだけど半分ほどで飽きてきちゃうし、冷めてきちゃうし、酔ってきちゃうし(私の場合)で・・・。いつも。
温かいアルコールって酔いが早い気がするんだけど?

b0168823_22482062.jpg

すきっ腹だったのがいけないのだと、クレープ屋さんでチョコレートクレープをオーダー。
また私だけ食べる・・・。

b0168823_22515960.jpg

フォアグラをお味見。
「フランスでなんとかゴールドを受賞!」とか書いてあったのだけれど、実際すごく美味しかった。
値段が値段なだけに、さすが。
新年用にシャンペンと合うものを購入。
楽しみじゃ。

b0168823_22565185.jpg


メリークリスマス♪♪

My Flickr 更新しました


Merci! 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-24 23:06 | Events Switzerland

薔薇+トリュフ=ジュネーブライフ

b0168823_044772.jpg

無事ジュネーブ到着。

仕事で空港へ来られなかったフランス男に代わり、フランスパパ&ママがピックアップに来てくれた。
申し訳ないけど、雪が降っていたので良かった・・・。

アパートでKafkaとご対面。
やっぱりでかくなってる・・・。
「どちらの成猫さん?」
すっかり大人サイズになっちゃって。

30分ほどしてフランス男が薔薇3本とトリュフ1箱を抱えてご帰宅。

私の好きな物トップ5に入る薔薇とチョコレート。
お疲れ全開モードから、少し回復、ご機嫌になる。

後はシャンペンがあれば完璧だ。

とは言え、機内で風邪もひいたらしく、疲れすぎて夕食を食べながら眠ってしまいそうな状態だったので、アルコールは飲めなかったけれど。

ローザンヌのチョコレート屋さんのトリュフ。
スイスの味。

またジュネーブライフの始まり。
b0168823_053476.jpg



My Flickr


Merci! 
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by sahobo | 2009-12-23 00:12 | Life in Geneva

それでは

b0168823_18102642.jpg


いざ厳冬のヨーロッパへっ!!


行ってま~す。



(・・・って言っても、まだなんだけどねっ!
てへへ。
先にUP。
↓時間は出発時間・・・。)
[PR]

by sahobo | 2009-12-21 05:00 | Life in Japan