<   2011年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

新年を迎える準備&気まぐれ食べたもの記録

b0168823_23314757.jpg


穏やかな年末。
なんだかハッピーです。

体調も良くやる気もあるので、ずっと気になっていた戸棚をいくつか整理した。
かなりすっきり気分も見た目もすっかり。
あまり年末の雰囲気を感じないジュネーブだけれど、新年を迎える準備が少し出来た気がする。

私がここの仏人のうちに居候するようになって、今回が3回目の冬。
でもずっと行ったり来たりの生活だったので、いつまでも「自分のうち」という気がしなかった。
生活のベースの半分は日本にあるので、ここに根を下ろすという決意みたいなものないし。

仏人はこのアパートに10年以上住んでいるから、とにかく物が多い。
アパート自体は古いけれど広さもそれなり、天井の高いところもいいし、明るい良いアパートだと思う。
でも趣味の物にお金をかけたリビングは立派で、後はどうしてここに書類が?とか、どうしてここに壊れたランプ?が、とか、なんでキッチンのここの棚にこれが?とか、なぜにこんなに大きなオフィスデスク?とか、私は気になってしまうことが多くて。

みんなそうだと思うけれど、私も自分の生活空間には自分の好きな物だけ置いていたい。
自分の好きな物、気に入ったものだけ見ていたいし、使いたい。

だけどここは「じぶんち」じゃないから、勝手になんでも整理したり捨てちゃったり、場所を変えちゃったりは出来ないし。
頑固な彼は突然の侵入者(私)によって強制的に生活を変えられるのには絶対拒否反応を示すはず。
そう思ってかなり我慢してきた。
勝手にインテリアも変えられないと思って、いつまでも自分の物や自分の好きな物、自分で選んだものがほとんどなかった。
今まで自由に生きてきて(笑)、そんなのは初めてだったので、結構それもストレスだったみたい。

でも去年1年間ここにいて、衣類も少し増え、食器等も少しずつ運び、ゆっくりと自分の居心地のいい状態を作りつつある。
今回はジュネーブに戻ってきてもハッピー、引篭もったりウツっぽくなったりしていないけれど、そんなことも関係があるのかもしれない。(って、前だってそんなに嫌だったわけではないのですが・・・笑)
あと少し棚や色々置いてある部屋を整理して(全部はとても出来ない・・・)、すっきり新年を迎えたいな。

さてさて、気まぐれに撮った食べたもの、いただいたものの記録。

b0168823_2338484.jpg
スイスに戻ってきてすぐに行ったのは、ジュネーブ在住のおいしい物好きな方数名がブログでお勧めしているピッツエリア。
噂通りおいしかった。ジュネーブで食べたピザでは初めて満足。
リピート決定。
写真は私の頼んだLipari。
LUIGIA



b0168823_23415227.jpg

デザートは私はティラミス。
これもおいしかった。



b0168823_23463084.jpg
フランス人が食べたのはチョコレートのタルト、だったかな。
濃厚、ちょっとビターで美味でした。

ちなみにグラスで飲んだワインも良かった。


b0168823_23475134.jpg
クリスマス・マーケットで買ったパンデピス(Pain d'épis)。
ひとつはシナモン、ひとつは無花果入り。
パンデピス、とても好きです。

そういえば、仏人が秘書さんから彼女の親戚が作っているフォアグラをもらったんだった。
早く食べよう。楽しみ。


b0168823_23511047.jpg
この時期、いくつももらうショコラティエのチョコレート。
これはツェラー(Zeller)のもの。


b0168823_23522633.jpg
箱もキラキラ、かわいい。
チョコ中毒だから、チョコレーとはいただけるなら何箱でもいつでもうれしい。


b0168823_23544418.jpg
ノエルのディナーに仏人弟の彼女(イタリア/スイス人)のお母様(イタリア人)が作ってきてくれた甘くないチーズケーキ。
しっとり、外はさっくり。とてもおいしかった。

写真は撮らなかったけれど、イタリア人彼女が作ってくれたティラミスも最高だった。
感激的おいしさ。
この2つ、是非レシピが欲しい。


b0168823_235835.jpg
いただいたオイルなど。

Balsam orange sanguine
Huile de noisette
Vinaigre pulpe framboise
Vieilee poire williams

こういう自分で自分にはなかなか買わず、でも使えて最後はなくなってしまうものっていいプレゼント。
ビンがそれぞれかわいいのもビン好きの私にはうれしく。


b0168823_013356.jpg

サウスアフリカのお茶。
ルイボス(Rooibos)とハニーブッシュ(Honeybush)。
5週間のアフリカ旅行から帰ってきた弟君カップルのお土産。




♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-30 00:32 | Life in Geneva

カフェで語学交換レッスン、ふたたび

b0168823_19434476.jpg

クリスマスも終わったある晴れの日。
フランス人の友人とカフェで会いました。

彼女は日本語を勉強中。
と言ってもただ学生というわけではなく。
日本には一年に1回くらい行っていて、数ヶ月京都に中期滞在したこともあり、日本のサブカルチャー等についての本も既に何冊か出している人。
今はパリの大学院に提出する日本についての博士論文を書いていて、更にジュネーブの大学で日本語を勉強中という・・・。
なんだかいつも勉強したり書いたりしている人なのです。

今くフランス語を勉強していない私は何をしたいか浮かばなかったのだけれど、彼女はちゃんとやることを決めてきてくれていた。

まず基本の会話。
それから文章の翻訳。私がフランス語で読む文章を彼女が日本語に訳す。そして交代。
それから文章のディクテ。(長いフレーズを聞いて書きとる) 
これで2時間。
私が最も苦手なのはディクテなので、これはやってもらえるとうれしい。
それから毎日数行の日記を書いて添削しあうというのも彼女の提案。

今まで何回か会話交換レッスンをしたことはあるけれど、やることを決めないと結局ダラダラしゃべるだけで、途中からは話すこともなくなってしまい続かなく、勉強にもならなかったりしたので、こうやって決めるのが正解。
彼女とは友人でもあるから、話すことがないってことはないのだけれど。

b0168823_19493550.jpg

カフェ大好きな私は、カフェでお勉強ももちろん好き。
家でやるよりモチベーションがあがるというか、集中できることが多い。

大学の近くのここは大きなガラス窓から光がたっぷりさしこむ。
店内は古いけれど開放感がある。
(が、この日の室内、私には寒すぎた。)

b0168823_1955225.jpg


外には小さなスケートリンクがあって、子供達が滑っている。
年末の雰囲気は全くないジュネーブだけれど、こういう風景は冬らしくフェスティブな感じがする。
みんな楽しそうだし。

友達と別れた後、セール真っ盛りの街へ。
散々色々見て、でも結局何も欲しいものがなく、それでも何か買いたくてベージュのカシミアのニットを購入。
「何かが欲しい」ってだけで買ってしまったけれど、なかなか使えそうで満足。

b0168823_19594336.jpg


街にはエルメス仕様のトラムが走っていた。
エルメスオレンジに茶色いリボン。Hermèsのロゴ。
条件反射でときめいちゃいました。



♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-28 20:11 | Study French

映画録 12月 その1

b0168823_206235.jpg


ジュネーブに戻ってから映画館で見た映画が既に10本を超えた・・・。
忘れないうちに記録し始めます。

148. Happy feet 2 3D (ハッピーフィート 踊るペンギンレスキュー隊)
アメリカ。英語。(見たのはフランス語吹き替え) 監督 ジョージ・ミラー
ペンギンが主人公のアニメーション。
ペンギン、動物達がかわいくて、お話もまぁまぁ面白く。でもせっかく有名俳優達が声をやっているのに、ジュネーブでは既にフランス語吹き替えしかやっていなかったのが残念。それで半分くらい面白さはマイナス。どうせならオリジナルで見たかった。

149. Le tableau
フランス。フランス語。監督 Jean-François Laguionie
絵画に描かれた人物達が繰り広げる冒険。アニメーション。
オリジナリティーのあるストーリーと絵でなかなか良かった作品。色使いも美しくて。ノエル前に子供と見る映画にぴったり。

150. The Artist(アーティスト)
仏米。無声。少し英語。監督 ミシェル・ハザナヴィシウス(Michel Hazanavicius) 出演 ジャン・デュジャルダン(Jean Dujardin)、ベレニス・ベジョー(Bérénice Bejo)
ジョージ・ヴァレンタインは無声映画のスター。が、時は流れトーキーが主流となるにつれ、落ちぶれていくジョージ。ぺピーはトーキー登場と共に有名になっていく。彼女はかつて駆け出しの頃に出会ったジョージを影からささえようとする。
カンヌ映画祭で話題になり、ゴールデングローブにも多くノミネートされている作品。ずっと見たかったのだけれど、期待通りでした。面白かった。白黒でほとんど無声でも全然飽きない。むしろ集中できたかも。
ジャン・デュジャルダンは前から「どこか昔の俳優さんぽい」と思っていたのだけれど、そのせいか、この役にぴったりでした。映画を見る楽しさを味わえた作品。素直に楽しめてお勧め。
でもなんでヒロインがこの女優?と思ったら、監督の奥さんなのですね・・・。

151. Carnage
仏英波独。英語。監督 ロマン・ポランスキー(Roman Polanski) 出演 
ジョディ・フォスター(Jodie Foster)、ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)、クリストフ・ヴァルツ( Christoph Waltz)、ジョン・C・レイリー(John C. Reilly)
子供の喧嘩により話し合いを持つ夫婦2組。アパートで繰り広げられる会話劇。
ものすごーーく面白かった!!私のとても好きなタイプの映画。
俳優人が上手だからエキサイティング。スリリングな会話のやりとり、アパートという設定も舞台のよう。
4人がそれぞれ真剣なんだけど、それがかえって悲しくておかしくて。
こういう英語の会話のやりとりの面白さ、スピード感を楽しめる映画、とても好き。
最後までニヤっとしてしまうシニカルなユーモアとドラマ。やられました。
舞台、英語劇が好きな方にはお勧め。また見たいくらい。

152. Des Vents Contraires
フランス。フランス語。監督 ジャリル・レペール 出演 ブノワ・マジメル、イザベル・カレ、オドレイ・トゥトゥ
子供の前でも言い争いをしていまうポールと妻のサラ。サラが突然失踪してしまいポールの生活は大きく変わる。1年たってもサラは戻らず、故郷のサンマレへ引っ越すポールと娘達。
悪くない作品。ただ重くて。見るに耐えられないヘビーさはないのだけれど。サンマレのお天気がまた悪いんだもの・・・。残された家族には希望がある終わりかただったので、少しすくわれた。映画としてはなかなか良かったけれど、年末年始のフェスティブな気分の時に見る話ではないかなぁ。

以上♪

さて、今日も良いお天気!
出かけてきます。

♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-27 20:04 | Movie

真冬でもサイクリング、レマン湖へ

b0168823_18591445.jpg

ノエルの25日は晴天!
こんなにお天気がいいのは戻ってきてはじめて。

特に予定もなかったのでお昼近くに起き、ぼー。
前の晩のパーティーのせいでおなかもすいていない。

なのにお昼はしっかりパンとチーズ、それからポテトサラダ。
プラス、チーズケーキも。
炭水化物と乳製品攻めっ。

午後になってから、お天気もいいし少し運動しよう、と自転車でレマン湖沿いへ。

レマン湖の反対側までは下り坂、10分ちょっと。
運動ともいえない距離。

風は冷たいけれど爽快!

b0168823_18593822.jpg


くっきりクリアな空気で、遠くの雪山もよく見える。

レマン湖沿いのジェッドー(Jet d'Eau)の下へ。
お天気や風の向きなどによって高さが変わるのだけれど、この日は高かった。

b0168823_1921914.jpg


ジェッドーの元近くを歩いて反対側へ。
ここ歩くの、いつもなんとなく怖い。
ジェッドーの水はすごい勢いで噴出しているし、歩くところは狭いし。
落ちちゃったらどうしよう、とドキドキしてしまいます。

b0168823_194368.jpg


パークからジェッドー近くまでかなり人がいたけれど、ほとんど観光客、外国人。
「そりゃそうだよ。25日にわざわざ今日はジェッドーを見に行こう、なんて思うジュネーブ人はいないよ」とフランス人が。
だよね・・・。

b0168823_1973645.jpg


近くのカフェでコーヒーを飲んでいるうちに夕方に。
山がピンクに染まっていく。
この澄み切った冷たい空の色、ヨーロッパです。

夕暮れも美しかったけれど、日が沈む前におうちに戻りました。
帰りは上り坂。
久しぶりで辛かったっっっ。

自転車ライフも再開。
運動不足、解消しないければ。


♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-26 19:21 | Life in Geneva

Joyeux Noël♪

b0168823_19445267.jpg


24日のイブの夜は、仏人の家族と親戚が集まってのディナー。
去年はフランスの親戚達とだったので、今年はジュネーブの親戚達と集まる番だそう。

場所はジュネーブ郊外の小さい村に住む仏人弟カップルのおうち。

今回は1人一品以上持ち寄りとのこと。
結果、たくさんのお料理とデザートが並ぶことに!
シャンパン、ワインの量もすごい。
(人が多く、食べるのに夢中ですっかり写真を撮るのを忘れてしまった!)

b0168823_19473039.jpg

夜7時半に始まって、うちに帰ったのは夜中の2時過ぎ。
しばらく絶食したほうがいいんじゃないかと思うくらい、おなかいっぱい。

こういう集まりも前はみんな気を使って英語で話してくれたりしたけれど、最近はフランス語だけで大抵平気になったので、こちらも気が楽。多分相手はもっと気が楽。

でもこの間「フランス語忘れていなかった」なんて書いたけれど、実はかなり忘れているらしい。
ここのフランス人に「戻ってきたら、前までしなかった間違えをするようになってるよ!間違いが多いよ!どうしたの?」と言われてしまった。
あれー、「大丈夫だわ♪」なんて思っていたのは私だけ、それとフランス語ネイティブじゃない友人達だけだったらしい・・・。

ま、それでも気にしても仕方がない。
シェンパン片手に間違いをものともせず、話続けました。

来年もこの精神で・・・いや、いつまでもこれじゃいけない、かな。

b0168823_19535888.jpg


村の一角に飾ってあったクリスマスツリー。
電灯もほとんどない暗闇の中、満点の星空の下に光るツリーはちょっと神聖な雰囲気。
後ろに見える光はジュネーブの(多分)街の光。
(この写真じゃ、あんまり良くわからないけれど・・・・)

食べて飲んで、楽しかったです。

♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-25 20:10 | Life in Geneva

スイスでボランティア

b0168823_1891061.jpg


ジュネーブにも赤十字が管理しているシェルターハウスがある。
何か問題があって住むところがなくなったりした女性がしばらくの間安く住めるらしい。

スペイン人の友人がそこの内装をボランティアでやっているので、そのお手伝いに行ってきた。
プロジェクトが始まる前から皆でお手伝いしようということになっていたのだけれど、私はいなかったので初めの作業参加。

インテリアを、とは言っても予算がまーーったくないそうで、出来ることがとても限られている。
なんたって何をするにもお金をかけられないのだから大変。
作業も全部ボランティアによるものだから、進みもゆっくり。
そんな中、友人は色々アイディアをこらしてがんばっている。

b0168823_181453100.jpg


大きな素敵な家なはずのに、手入れがほとんどされておらず、かなり寂しい。
キッチンなんて大きくて立派なのに、ものすごく暗い。
シャワールームやバスルームも大きいものがいくつもあるけれど、きちんと掃除されていない感じ。
あんまり綺麗じゃない修道院のような雰囲気。

それでも彼女の努力で大分明るくなった。

b0168823_18181117.jpg


この日はまず、ソファのあるちょっとしたスペースに本をつるして。
床には明るい色を塗ったケースを置いて、本を収納。
大きな窓がある明るい読書スペースの完成。
つるしてある飾りの本はもう少し足す予定。

b0168823_18184061.jpg


それから部屋のドアにAからまJで違うフォントで描いて。
このフォントはポストに描いたフォントと同じ。

途中で材料を買いに行ったりしたけれど、結局4時間以上やっていた。
作業は楽しい。

彼女もクリスマス休暇で国に帰ってしまったので、次は来年になてから。
雪がなくなったら庭も手を加える予定。

来年はこのプロジェクトの他にもボランティアの予定がある。

「ボランティア」という言葉からいつも思いだすのは、私が通った中学高校のシスター。
奉仕活動に力を入れている学校だったのだけれど、そのシスター、「ボランティアじゃありません。ボロンティアです。」と、「ラ」と「ロ」の違いにとてもこだわっていらっしゃいました。
今考えると色々とチャーミングな方だったのに、その頃は「は?何?」って思ってたなぁ・・・。(笑)

インテリア改造プロジェクトは春まで続きそうです。


♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-23 18:33 | Life in Geneva

映画録 9月 その2 & 10月

雪から雨に変わった日は、4時半で既にこんな深いブルーグレーの空。

b0168823_1948676.jpg


もう数ヶ月も前ですが、まだ記録していなかった映画があったので記録。

144. Les Contes de la nuit
フランス。フランス語。監督 Michel Ocelot
影絵のアニメーション。
綺麗だったけれど、ストーリー忘れちゃった。

145. Itinéraire bis
フランス。フランス語。監督 Jean-Luc Perreard
ラブコメディ。ジャンは35歳になっても母親と同居している。情けない男ジャンはノラという若い女性に出会い心惹かれるが。
ストーリーも演技もかなりイマイチで、面白くなかったという記憶しかない・・・。

146. Et maintenant on va où
フランス、リビア。アラビア語。監督 Nadine Labaki
キリスト教とイスラム教の戦いが続く周辺。村にもその危険がせまり、女性達は争いを避けるために頭を働かせる。
まぁまぁです。以上。(笑)

10月の映画録

147. 親愛なる君へ (Dear John)
アメリカ。英語。字幕日本語。監督 ジェイミー・リンデン
2週間の休暇で父親の住む実家に戻ったジョンはサヴァンナと出会い恋におちる。兵士であるジョンは任務に戻り、2人は文通を続ける。
ラブストーリー。つ、つまらん・・・。
「こういうのを『泣ける』とか言っちゃう人がいるのかなー」とか、冷め切ってみちゃったのですが。
ひねくれすぎですか?

以上。

日本滞在中は一本しか見なかった。
レンタルも近くのこじんまりしたお店がいつのまにかなくなっていて、ツタヤに行くのも面倒・・・なんて思っていたら、何も見ないうちに終わっちゃいました。
本当は見たかったものは何本もあったのだけれど。
小さいお店、お散歩に丁度よい距離で便利だったのになぁ。

でも、この映画館で見た1本で思ったこと。
日本はちゃんと映画館でデジタルがデジタルのクオリティーで見られる!
音もすごくいい。

映像がくっきり綺麗、音もちゃんとしていて、「こうあるべき」と仏人と感心。
って、あたりまえのことだけど、そのあたりまえのことがスイスの映画館じゃ出来ていないのです。

ジュネーブの映画館は単館からマルチコンプレックスまで、ほとんどまともに映像と音の調節で出来ていることがない。
デジタルや3Dの設定の変更をきちんとできる技術者がいないみたい。
だからいつもどこか何か問題が。

例えば3Dでは画面の下に映像が二重に移っていたり、普通の時でもデジタルなのにフォーカスがあっていなかったり、音が途中で波打ったり・・・・。

なんとかしてよって思うけれど、その質が普通になっちゃっているから、このまま変わらないんだろう。
とほ。

それでもジュネーブライフ再開と共に映画三昧も再開です。


♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-21 19:51 | Movie

VIKTOR&ROLF, Flowerbomb Christmas Limited Edition 2011

先日、ここのフランス人が香水をくれた。
「お帰りなさい」のプレゼント?

b0168823_18271713.jpg


ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)の「フラワーボム 2011年 クリスマス・エディション(Flowerbomb Christmas Limited Edition 2011 )」。

この春夏はエルメスのUn jardin sur le toitを使っていたけれど、元々好きなのはさわやか系よりもしっかりした香。

フラワーボムは花の香りたっぷり。
甘いけれど、でも甘いだけじゃなくてセクシー、センシュアル。
ちょっとスパイシー。

好み!!

気に入ったので、この冬はこれでいきます。

ヨーロッパでは丁度いいけれど、湿気の多い日本だったら重すぎるかも。
乾燥地帯限定で使用。

b0168823_18564137.jpg

リミテッドエディションだから、箱もちょっとスペシャル。

ピンクのキラキラ、それにリボン、そして黒のアクセント。
かわいい。

Merci!



♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-19 19:03 | Beauty & Cosmetics

友人とカフェで再会、街のイルミネーション

b0168823_1713578.jpg

ラジオでla tempêteと言っていたけれど、まさに嵐だった昨日。
傘も壊れてしまうような大雨、大風の中、友人達に会いにいつものカフェに行ってきた。

まず最初に来たのはドイツ人の友人。
彼とは一番仲が良く頻繁に会っているので、やっぱり戻ってきても最初に会うことになった。
今週末からパートナーと2人ノエルの休暇に入るというので「今日会おう!」と連絡をくれたのだ。

b0168823_17241459.jpg

「フランス語、忘れてないね」と言われて少しホッとしたりして。

日本ではフランス語は全然きかなかったし、話してもいなかった。
持っていった本(村上春樹のフランス語訳)を一冊読んだくらい。
プラスたまにスカイプでここのフランス人と話すくらいだったから、ちょっと心配だったのだけれど。

でも細かい文法は忘れている・・・。




それから少しして、スペイン人の友人がシンガーポール在住のお友達(スペイン人)と一緒に登場。

そういえば、私の日本行き直前にはやっぱりこの3人で会ったんだった。
こうやって「帰ってきた」という気持ちになれる場所、人ができたんだなぁ・・・。
私のジュネーブライフも少しずつ、落ち着いてきているというか、広がってきているのかもしれない。
本当に少しずつだけれど。

シンガポール在住の人はフランス語が出来ないというので、会話は英語ですることに。
そういえばこの友人2人と私の3人で英語で話すことって初めてかもしれない、と気がついた。

私は英語の方がよっぽど楽。
100倍楽。

でも英語と比べても仕方がない。
フランス語はまた気長にがんばるのだ・・・。

b0168823_179476.jpg


気がつけば雨も風もやんでいたので、夕方の街を少しお散歩。
クリスマスのイルミネーションを見て。
冬のヨーロッパの夕方の空はブルーグレー。
雨が降った後は特に不思議な色になる。
その空の下のイルミネーションは日本の街のような華やかさはないけれど、そして毎年同じだけれど(笑)、その暗さが落ちついていて、これはこれでいいなぁと思うのです。

b0168823_17171946.jpg


ジュネーブライフ、再びはじまる。


♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-17 17:27 | Life in Geneva

ボンジュール ジュネーブ

Bonjour à tous!

b0168823_23594015.jpg


3ヶ月の日本滞在を終えて、ジュネーブに戻ってきました。
Kafkaもお久しぶり。

思ったより暖かい・・・などと思ったのはジュネーブに到着した時だけ。

今日は寒い。
夜が明けるのが遅い。
そうだよ、こうだったよ、と思い出す・・・。

一日、太陽が顔を出したのは一瞬だけ。
小雨が降ったりやんだり、そして4時には既に暗くなりはじめて。

寒い日があっても明るい日本の冬から、一気にこのどんよりヨーロッパの冬へ。
気をつけないとウツになりそうだよ。

b0168823_0320100.jpg


さて、今日は午前中に用事を済ませ、その後時差ぼけ解消のために街中を歩いてきた。

いつもの場所にいつものクリスマスツリー。
これ、飾りは毎年違うのかしら?
どうも同じような気がする・・・。

セールをしているお店もあるけれど、日本から帰ってきたばかりだと買い物する気にならないな。
2時間ほど歩きました。

b0168823_07293.jpg


Kafkaとは3ヶ月ぶりのご対面なのに、あんまり感激した様子もなく。
ふつーーに迎えられてしまった。
つまらないなー。

あたたかいバスルームの敷物の上から動かないし。
私もヒーターの近くから動けません・・・。

b0168823_05365.jpg
ちなみに、出発前の夕食はいつものうなぎ屋さんへ。

はつ、すなぎも、レバー。
3本とも塩で。


b0168823_0535921.jpg
うなぎ、うなぎ、うなぎ!!


今回は長い間日本にいたのに、蕎仙坊の天ぷらそばや伊豆屋の天丼をはじめ、他にも食べられなかったものがいくつもある。
なんとなくタイミングが合わないというか、長いからと考えていたら返って計画できなかったりして。
次回は絶対!




♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2011-12-15 23:55 | Life in Geneva