<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

軽くデトックス? と おバカ猫

b0168823_1956146.jpg


おひさしぶりです。
しばらくインフルエンザで倒れていました・・・・。

やっぱりここのフランス人からうつってしまい、土曜日に発病。
その日午後からひどくなり、日、月はもうベッドから起き上がれない。
熱は39度。

外は春めいてきて明るく暖かそうなのに、私1人で上の写真↑のような状態。
熱のせいで寒くて寒くて、震えていました。

あー、参った。

普段はひどい風邪でも食欲旺盛で困るくらいなのに、さすがに今回は食べられず。
軽く数日間デトックスしてしまいました。
なんだかちょっとすっきりしちゃったかも?
ま、すぐ戻るでしょうけれど・・・。

土曜日から水曜日までの予定は、全部キャンセルでした。
悲しいー。

でもさすがに今日あたり、出かけたくなって、うずうず。
外、気持ち良さそうー。

b0168823_20101619.jpg


うちのおバカ猫も(↑もうあえてこう呼んでしまう・・・)もここ数日具合がイマイチの様子。

それはそうだよ。

私とフランス人が寝こんでいる間、餌の入っている戸棚をあけ(一体どうやって??)、ドライフード一袋、おやつのボンボン(と呼んでいる猫用クラッカー)を2箱、すっかりたいらげてしまっていたのでした。
それも箱も袋もキッチンの横にある小部屋にちゃっかり持ち込んで隠していたので、私たち、しばらく気がつかなくて。
2人とも熱でぼーっとしているから、餌もしっかりあげちゃったり。

ドライフードもボンボンもそれぞれ2,3週間分くらい。
それらを多分1日で全部食べてしまったKafka。

いくらなんでも食べすぎだよ!!!

動物って普通、自分が食べられる分だけしか食べないのでは?

戸棚を空けて餌を隠す賢さと、全部食べちゃうおばかっぷりに・・・呆れるしかない・・・。

ドアというドアは全部あけちゃう、いや、ゴミ箱も靴を入れてあるケースも、とにかく「開くところ」は全部開けちゃうので困る。
なんなんだ、この猫!?
誰に似たんだろう?(笑)

はぁーー。



♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-29 20:17 | Life in Geneva

春も近いある日・・・@ジュネーブ

b0168823_6131663.jpg


やっと気温が上がりだした今週。

あたたかくなって気持ちも身体もほぐれてきた。
しばらくロロピアーナのマフラーかストールしか使えなかったのが、それでは暑過ぎるくらいに。
もうすぐ3月だものね。

木曜日はうちでランチの予定が、ここのフランス人が高熱を出してしまい会社を休んだのでキャンセルに。
代わりに友人宅に、前日に焼いたチョコレートケーキを持ってお邪魔してきた。

この友人とはうちでランチの計画をするたびにキャンセルになっていて、これで4回目。
なぜかいつもどちらかに何かがあって、だめになってしまうのだ。

赤ちゃん(男の子)がまた大きくなっていて驚く。
8ヶ月だけれど、既に「1歳半の大きさと重さ」なのだそう。
数日前からはいはいを始めたそうで、あっちこっち行っちゃうので目が離せない。
すごいアクティブ!

b0168823_6162035.jpg


晴天の今日は朝からお散歩。
仏人が相変わらずの高熱と咳なので、うつるのが怖くて家にいたくなかったのです。
薄情!?

彼は39度以上の熱なのに家から仕事をしていた・・・。
でも平均体温が37度以上あるから、体温の低い私が39度の熱を出すよりはマシなのかも。

花屋さんの軒先に、やっとお花が並びだした。
この間まで寒すぎて、外になんて出せなかったものね。

春、春、春♪
スキップしたくなっちゃうよ♪

b0168823_6183987.jpg


ぶらぶらーんとあちらこちら歩いた後は、近所のカフェで午前中の読書。

今読んでいるのは友人が借してくれた本。
元は英語の本のフランス語訳。

ガンガン読み勧められるのが気持ちいい。
(たまに辞書をひくけれど・・・)

栞は屋久島で買った「屋久杉」のしおり。
ペラペラに薄いのだけれど、屋久島を思い出す香りがする。

b0168823_6202139.jpg


うちに一度帰って彼の様子を見た後(病状変わらず)、また脱出。

まず、フランス人友人と日本語と仏語の交換レッスン。

お天気がいいので自転車で行こうと思ったけれど・・・・行かなかった・・・・。
またトラムで20分もかかって遅刻してしまった。
自転車なら7分、なのに。

青空が広がって、紫外線がとても強い。
向かいのビルも白く写ってしまうくらい。

b0168823_6252532.jpg


レッスンの後は入れ替わりでいつものドイツ人友人とスペイン人友人が来て、3人でおしゃべり。

一体何を話していたのかあまり覚えていないのだけれど、なんだか激しく笑っていた。
なんでいつも大笑いしちゃうんだろう?
楽しいからあっという間に時間がたってしまう。

結局このカフェにレッスンも含めて5時間もいてしまった!

夜はフランスの映画賞、セザール賞。
ただ今テレビで見ています。

フランス人女優達のいかにもフランス女的な衣装とヘアメイク。
大胆な肌見せ、赤い口紅、短い爪に濃いネイル、髪の毛は決めすぎない、むしろぼさぼさ。
完璧じゃないからこそセンシュアルでセクシー。
やっぱりこういう感じが好きなんだなー。

フランス人は相変わらず熱が下がらず、完全にインフルエンザのよう。
ちょっと心配。

私はうつらないように離れて、さらにマスクをしています。(笑)

もう遅いかもなぁ・・・・。

でも今夜はマスクしたまま寝よう。
最後の抵抗。

b0168823_6361120.jpg
レッスンで頼んだのは、しょうがレモネード。


その後はカフェオレと巨大チョコレートマカロン。
(の、ようなもの)




♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-25 06:52 | Life in Geneva

映画録 2月 その2

b0168823_8125366.jpg

2月に映画館で見た映画の独断と偏見による感想。
その2。

23. Monsieur Lazhar
カナダ。フランス語。監督 Philippe Falardeau 出演 Mohamed Fellag、 Sophie Nélisse
アルジェリアからの移民である主人公は、小学校の先生が必要になったことを聞き、学校に自ら出向く。
クラスを教えることになった彼は子供達の心の傷に向かい合おうとするが・・・。
思いがけず、とても良かった作品。子供達の普通の子供っぷりが良く、特に女の子が印象的だった。
主人公のかかえる過去と現在の状況、子供達の心理状態、まわりの大人の気の使い方・・・。
淡々としているのだけれど、それが自然に涙をさそう。とても良かったです。

24. Ghost rider : spirit of vengeance 3D
アメリカ。英語。監督 Mark Neveldine、 Brian Taylor出演 ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)
悪魔と取引したことでゴーストライダーとなった主人公。シリーズ第二段。
はー(ため息)、ニコラス・ケイジ・・・。なんでこうなんだぁぁー。(笑)
あまりにも・・・・・・とほほ。
唯一、字幕がなかったのが良かった。(笑)字幕があると絵が切れてうっとうしいので。特に3D。

25. Man on a Ledge
アメリカ。英語。監督 アスガー・レス(Asger Leth) 出演 サム・ワーシントン(Sam Worthington), エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)、ジャーミー・ベル(Jamie Bell)、エド・ハリス(Ed Harris)
無実の罪で刑務所に入っている元警察官のニック。彼は父の葬式に出席した際に逃亡を試みる・・・。
ニューヨークのビル街が舞台。色々と途中納得いかないおかしなところがあるのだけれど、勢いでぶっちぎっている感じ。弟カップルのやりとり等、笑いも混ぜつつ・・・更に弟の彼女のお色気サービスシーンも少しあり・・・。めちゃめちゃ不必要なのに。(笑)いかにもなハリウッド映画で、でも普通に面白かったです。

26. Big miracle
アメリカ。英語。監督 ケン・クワピス(Ken Kwapis) 出演 ジョン・クラシンスキ(John Krasinski)、ドリュー・バリモワ(Drew Barrymore)
実話を基にした映画。1988年、アラスカの小さな村で凍った湖に閉じ込められた鯨の親子が発見される。アラスカ駐在のリポーター、アダムがこれをレポートしたことでアメリカ中が鯨の救出に注目することになる。
最後はソ連の船も乗り出し・・・。
実話らしく、最後はその時の映像が少し出る。3匹の鯨を救おうとする感動の物語・・・なんだけど。
なんだかなー。私がひねくれてるのかしら。天邪鬼なのかも・・・。まず「グリーンピース」に抵抗感。
グリーンピース、シーシェパード・・・・どうもなぁー。以下省略。
映画としても「美談」であって、そりゃその鯨たちは救われて良かったかもしれないけれど、それは自然のシステムとしてはどうなの?最後あそこまでして??と、はてなマーク。
ま、それぞれ登場人物達にPR等思惑があったりもするので、完全なる美談ではないのだけれど。どうも胸にもやもやが残ってしまうお話でした。(やっぱり私が素直じゃないだけなのかも。)
これも字幕がなくてすっきり、それは良かった。

27. La guerre est déclarée (宣戦布告)
フランス。フランス語。監督 ヴァレリー・ドンゼリ(Valérie Donzelli) 出演 ヴァレリー・ドンゼリ(Valérie Donzelli)、ジェレミー・エルカイム(Jérémie Elkaïm)
ロメオとジュリエットは普通の人生を楽しむ若いカップル。彼らの間に生まれたアダムに問題があることがわかり、生活が一転する。
ロメオとジュリエットを演じた俳優2人の実体験を基にした話。実際に2人の子供もアダム役で出てくる。
カンヌでも高評価、今年のセザールでもいくつもノミネートされている作品。日本にいたので見逃していたけれど、再上映されたので見てきた。
とても好きなタイプの作品。映像、音楽、俳優達の感じ・・・好み!どこか粋でお洒落。でもテーマがとても重いので・・・。重いからこそ、こういうお洒落っぽい作品である意味があるのかもしれない。
重いテーマをさらにおもーく、涙涙で作ったら、それこそべったりするだけだし。終わり方も良かった。
でもこんなに大変なことを乗り越えている2人なのに、実生活では既に別れてしまっているらしい。いかにもフレンチな素敵カップルなのにな。(2人、タバコを吸いまくる!)
タイプとしてはすごく好みの作品だけれど、こういう話は2回観たいかと言うと・・・見られない。

今日はここまで♪

今年はBlack movie festivalであまり作品を見ていない。
日本の作品もいくつか上映されているけれど・・・うーん・・・。



♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-23 08:18 | Movie

ご執心、抹茶ラテ、休暇

b0168823_19304859.jpg


Kafkaは最近鳩達にご執心。
ふたたび。
鳩、暖かくなってきたので戻ってきたらしい。

キッチンの窓から、ベッドルームのバルコニーから、鳩をじーっと眺めている。
近所の窓枠にとまると、「かかかかかかか・・・」とおかしな声を出して、興奮気味。
へんなのー。

そのうち自分も飛べると思って、飛び降りるんじゃないかと心配です。
(さすがにそこまでおばかチャンではないか・・・?)


それ以外はお日様たっぷりのところで熟睡。

b0168823_19413265.jpg


太陽は出ていても、風が強くて寒かった月曜日。
思ったよりも寒かった~!
薄着で出てしまいました・・・・。気が早すぎた。

でも今週末にかけて気温は上昇する予報。
春ちかし、だよ♪

b0168823_19385712.jpg


午後、ドイツ人友人とカフェへ。

ここで決まって頼む抹茶ラテ。
でもちょっと甘すぎる。
なのに、チョコレート・マフィンも頼んで甘+甘=激甘。(笑)

寒さにうんざりしている彼とはヴァカンスの話ばかり。
先週末はどこにも出かけなかったらしく、「退屈でバカンスのホテルを全部予約しちゃったよ!」と。
イースター、5月の連休、夏のヴァカンス・・・と既に秋までいくつも旅行の予定をたてている。

彼もヴァカンスのために生きるヨーロッパ人なのでした。

私達も一つ、予定を決めたところ♪
久しぶりの場所、友人・・・楽しみ!



♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-21 20:00 | Life in Geneva

映画録 2月 その1

b0168823_19341382.jpg

2月に映画館で見た映画の記録、その1。

18. The Descendants (ファミリー・ツリー)
アメリカ。英語。監督 アレクサンダー・ペイン(Alexander Payne) 出演 ジョージ・クルーニー(George Clooney)
舞台はハワイ。主人公のマットはカメハメハ大王の娘の子孫で受け継いだ広大な土地を管理している。その土地の売買が決まりそうになった時、妻がモーターボートから落ちて意識不明になってしまう。
ペイン監督の「サイドウェイ(Sideways ★)」は大好きな映画の一つなので、期待していたけれど、これも良かった。クルーニーはもちろんいつものようにとてもいい味出していたし、他の人物(子供達)もきちんとキャラクターが描かれていて丁寧なつくり。ウィットの混ぜかたにしても、センスがいい。良かったです。お勧め。

19. La Vérité si je mens 3
フランス。フランス語。監督 Thomas Gilou 出演 Richard Anconina、 José Garcia
パリ、ユダヤ人街が舞台のドラマ。第3弾。
最初の2作を見ていないけれど、見なくていいな、って感じ。(笑)途中舞台が上海に移るけれど、「コンニチワ」って挨拶したり(わざと?うけ狙い?)、生きている昆虫を食べるシーンがあったり、アジア系文化で笑いを取ろうとするのはこの手のフランス・コメディ映画にありがちで、またかと軽くうんざり。

20. Sport de fillesフランス。フランス語。監督 Patricia Mazuy 出演 Marina Hands、 Bruno Ganz
馬術と野生的な若い女性、リタイアし今はコーチをする馬術の名手のお話。
最初から最後まで主人公の女性がつかめなかった。最後「あぁ、彼女は馬のように野生的だから、馬の気持ちがわかるのか・・・」と、自分なりに納得。不思議な小品で、最後妙に印象が残った。

21. Puzzle of Downfall Child (ルーという女)
アメリカ。英語。監督 ジェリー・シャッツバーグ(Jerry Schatzberg)  出演 フェイ・ダナウェイ(Faye Dunaway)、 バリー・プリムス(Barry Primus)
1970年の作品。落ちぶれた元スーパーモデルの半生をインタビュー形式でさかのぼるお話。
フェイ・ダナウェイが強烈にカッコイイ!!ファッション雑誌の撮影のシーンも美しく、衣装がまたお洒落。でも決してファッション映画ではなくて。映像もかっこいい。とにかくフェイ・ダナウェイの氷のような美しさがクールで、うっとり。落ちぶれて精神的にも不安定な元モデルを見事に演じている。フェイ・ダナウェイの魅力を再確認。こういう古い良い映画を映画館で見られる幸せ。
そういえば、去年のカンヌ映画祭のポスター()がフェイ・ダナウェイでとてもお洒落だったので欲しかったのだけれど、気がついた時には現地でも売り切れで残念だった。

22. Take Shelter
アメリカ。英語。監督 ジェフ・ニコルズ 出演 マイケル・シャノン(Michael Shannon)、ジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain)
主人公のカーティスは妻と耳の聞こえない娘と3人でオハイオの田舎町に暮らしている。それなりに一家3人で幸せな日々を過ごしていたが、ある日突然悪夢を見るようになる。母の病気ことがあるカーティスは医者を訪ねるが・・・。
スコセッシ監督の「ボードウォーク・エンパイア (Boardwalk Empire)」(面白い!)にも出ているマイケル・シャノン主演。去年のカンヌ映画祭で噂を聞いていたのだけれど、とても良かった。マイケル・シャノンの演技もいいけれど、ジェシカ・チャステインの妻っぷりが更に良くて。繊細で折れそうでいながら、女性らしい強さがきちんと出ていて愛に溢れているのがこちらに自然に伝わってくる演技。しなやかでかわいくて強くて。素敵でした。話も最後までドキドキ、お勧め。

今日はここまで♪
今回の5作は1作以外、良かったな。

♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-20 19:37 | Movie

日仏語学交換レッスン♪カフェ♪flickr

b0168823_7122038.jpg


このところフランス語と日本語の交換レッスンがとても楽しい。
今まで何人かとやってみたけれど、続かなかったり役にたつと思えなかったりだった。
元はここの仏人の知り合い、友人の彼女であったフランス人女性。
初対面はそれほど好印象というわけでもなかったのだけれど、なんだか波長があうみたい。
最近ますますそう思う。
彼女も私に「あなたに会うと元気になる」とか「日本語も上達している気がする」と言ってくれたり。
私も同じ気持ち。

語学の方は、彼女の方がしっかり勉強しているので進歩も早く、それに対して私のフランス語はカメの歩みを更に10倍以上遅くした・・・ってくらいの速さ、否、遅さ、なのだけれど。

b0168823_716461.jpg


語学交換レッスン、意外と合う人を見つけるのは難しいと思うのでラッキー。
このまましばらく続ける予定。

前回はうちから遠くないカフェで。
気分を変えるために、場所もしょっちゅう変えている。

カフェと言えば、今週行った前からずーっと行こうと思いながら、なぜかいつも忘れていたお店。
隣のショコラティエには何度も行っていたのに。

b0168823_7245273.jpg


クラッシックな雰囲気。
かなりの狭さと静けさに最初戸惑ったけれど、話し出してみれば、時間を忘れてまたも居座ってしまった。
この日はカメラを忘れて私の古いiphoneで。


b0168823_7294619.jpg
chocolat chaudを注文。

ケーキ類は小さいケースにはいってテーブルの上に置かれている。
次回は何か食べてみよう。




そういえば、flickrの写真、全部見られるようになりました。
今までお金を払っていなかったので(笑)200枚しか見られなかったの。
もしよろしければご覧ください。()


♪♪Merci♪♪ 
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-19 07:45 | Life in Geneva

BLACK MOVIE Festival de Films @ Genève

b0168823_1472653.jpg

ジュネーブで行われる映画祭の一つ、Black Movie Festivalが今年も始まりました。

日本映画を初めアジア映画も多く上映されます。

私は一昨年も去年もこの時期スイスに丁度いたらしく、気がつけば既に3回目の映画祭。

でも今年はジャーナリストパスをもらえなかったので、いままでよりも見る本数は少なくなりそう。
なんとなく、見たいと思う映画も少ない。
ここのフランス人も既にカンヌやら別の映画祭で見た映画が多いらしく。

b0168823_1515683.jpg


それでも早速初日の昨日と今日、一本ずつ見てきましたが・・・。

うーん、び、微妙・・・。
感想はまた改めて。

数箇所で上映が行われているので、移動には自転車が一番。
会場近辺までうちから自転車なら6,7分。
これがトラムだと下手すれば20分以上かかってしまったりする。
(特に去年の11月にラインが変わってから悪夢!)

今日はお天気も良くて、自転車、気持ちよかった!
先週までのように昼間マイナス10度だったらとても無理でした。

b0168823_1572095.jpg


映画の合間にはいつものカフェで友人達と合流。
他にも数人知り合いがいたり。みんな映画を見に来ていて、集まるところも同じ。
(頼むものも写真もいつもと同じ。笑)

b0168823_29714.jpg


映画祭では子供向けのPetit Black Movieも行われています。
チェブラーシカ」(中村誠 監督)、ちょっと見たいな。

ちなみにフェスティバルでは日本語フランス語の通訳のボランティアを募集していました。

2月17日から2月26日まで開催。


♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-18 23:45 | Movie festival&event

ポーランド料理でにぎやかランチ

b0168823_20312621.jpg

3週間前には真っ暗だった午後6時。
今は曇り空でも少し光りが残っている。

ちょっと気温も上がってきて、春の近さを少し感じる。

さて、昨日はポーランド人友人がポーランド料理を食べさせてくれるというので、ブラジル人友人宅へ。
集まったのはポーランド人、ブラジル人、ペルー人、ドイツ人、スペイン人、そして日本人の私の6人。

でも行ってみれば、なぜか全員で料理を作る羽目に。
食べに行けばいいと思っていたので、とまどう私達。ははは。

「おなかすいたよー」と言いながら、ポーランド人の厳しい指示のものと手を動かす。
これがまたなぜかとても厳しいのだ。
それがおかしくてみんなげらげら笑ってしまう。

さすがに6各国から人がそろうとにぎやか・・・。むしろうるさい。
途中唯一の男性であるドイツ人友人が、こっそりサロンに逃げているのを私は見逃さなかった!(笑)

b0168823_20373018.jpg


じゃがいもと玉ねぎをおろすのに、フードプレセッサーを使ったことがないらしいポーランド人は「それは何?そんなの使っちゃだめ。」としばらく聞かなかったり、大騒ぎ。
最後「あ、これって便利なのね」と納得してたけど。

焼く段階になってみれば、彼女の思う形にならないのか、何枚も焼いて全部ボツ。
「これは食べられるのは夜か?」と覚悟しだしたところ、どうにか3時半頃に形に・・・。

b0168823_2039282.jpg


じゃがいもとたまねぎのパンケーキにマッシュルームとサワークリーム。
これだけ作るのに2時間って・・・。

見た目はイマイチ、でも味は素朴でおいしかった。

私の作って行ったフォンダン・ショコラも大好評でした。

昼間からシャンペンやワインも飲んで、いい気分。
ひたすらガンガン話して、げらげら笑って、またも最高に楽しかった。
みんなとても個性的でほとんど共通点がなさそうなのに、なぜか集まると楽しい。
今回は私が橋渡しをして2グループをくっつけてみたのだけれど、思った以上の成功、だった。

で、その後、先週サボったから「今日こそは!」とスペイン人友人と張り切ってエクササイズのクラスに行ってみれば・・・クラス、休みだった・・・。
がっくり。

結局2人、カフェでおしゃべりしながらショコラショーを飲む。

b0168823_20464983.jpg


運動でカロリーを消費するつもりが、かえって摂取してしまった!

今週は月曜日もブラジル人友人宅でランチにラクレットなんてしてしまったり、とにかく食べすぎ。
ずっとおなかがいっぱい状態。
毎日昼間からシャンペンやらワインやら飲んでるしなぁ。

さすがに今度こそデトックスが必要そう・・・。


b0168823_20533019.jpg
ブラジルのバナナのリカー。
初めて飲んだ。

小さな麦わら帽子がかわいかったのに、写真、切れちゃった。




♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-16 20:54 | Life in Geneva

今年の愛の日・・・

b0168823_19233882.jpg


昨日は愛の日、バレンタインズデー。

でもジュネーブは、あまり盛り上がらない。
ラジオのクイズコーナーでもDJの「今日は何か愛する人にプレゼントしたりするの?」という質問に、電話の女性が「しないわよっ!バレンタインなんて、マーケティングだわっ!そんなものに惑わされないわっ!」(若干脚色)と激しく答えていたのが印象的だった。
確かにそうかもしれないけれど、そこまで拒絶しなくても・・・。(笑)

でもうちのフランス人も基本的にバレンタインデーを認めない派なのだ。
人生半分以上の海外生活のせいで「バレンタインデー=色々もらえる日♪」とインプットされている私には、残念な限り。

それでも私は、語学交換レッスンの前にいそいそと彼にあげるチョコレートを買いに。
(自分が食べたかった)

夕方になって「今日は外食にしよう」とメッセージが。
あら、ちょっとはバレンタインぽいじゃない?

うちに帰ってきた彼は手ぶら。
「お花、ないんだー。全部売れきれだったんだもん。」だって。
スーパーで買おうとしただろーー。
チョコレートだってローザンヌに私の好きなお店、あるだろー。
もんもんもん。(笑)

レストランも予約なんてしていないから、適当に選んで、なぜかモロッコ料理レストランへ。

b0168823_19292175.jpg


クスクス、タジン・・・色々出てくる。
(でも小さい器、なぜかチャイニーズ。)

混んでいました、レストラン。

その後ワインバーへ移動。

b0168823_19305143.jpg


ここ、行きやすい場所にあるので、良く行きます。
英語率が非常に高い。

b0168823_19332385.jpg


私はイタリアン、彼はスパニッシュ。
彼が選んだ。
イタリアンは軽いのが飲みたかったので丁度良い感じだった。

タップナードはやはり仏人ママの手作りの方がおいしい。

珍しくたくさん飲んだので(って、ワイン2杯半くらい)、ふわふわ気分。

そんな愛の日でした。

b0168823_19375664.jpg
今年のチョコ。

箱、小さかったかな。
でもアーモンド、食べ過ぎちゃうので。
(私が)



b0168823_19413872.jpg
私がもらったもの。
と言っても私のものってわけでなく、彼も買ったわけではないのですが・・・。
それでも「きゃぁぁぁーー!」と黄色い声を出してしまった。

大好きライアン・レイノルズ君のBlu-ray、2枚!
Driveはまだ見ていないから、楽しみ。
Craz,Stupid,Loveのレイノルズ君の輝きっぷりも。





♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-15 19:48 | Life in Geneva

「氷に覆われたヨット」を見に@レマン湖 Versoix, Coppet

b0168823_19223851.jpg


さて、先日見てきた「氷に覆われた車」()の続き・・・。

次は「氷に覆われたヨット」を見に移動。

ヨットが沢山泊めてあるあたりは、湖もすっかり凍っていました。

b0168823_19103896.jpg


そんな湖を犬が泳いでいてびっくり。
さすがに冷たいだろうに!

b0168823_1995628.jpg


陸においてあるヨット、すっかり氷に覆われてしまって。
沖につきだしているから、固まり方も更に派手。

b0168823_19115777.jpg


つるつる。

b0168823_19131045.jpg


ちょっと歩くのは怖かったけれど、美しいものがみられました。

b0168823_19135743.jpg


クリスタルのアートみたい。

次はまた少し移動してCoppetへ。

b0168823_19171266.jpg


この日、郊外はたまに太陽が顔を出して、光が射すと氷の世界はいっそう美しさと不思議さを増していました。

b0168823_19195328.jpg


Versoixに住んでいる友人一家によると日曜日は更に混んだとか。

不思議な氷のアート、いつまであるかしら。
でもそろそろ暖かくなって欲しい。

写真、Flickr()にもアップしました。

♪♪Merci♪♪ 
クリックしてくださる方、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-02-14 19:28 | Travel Switzerland