<   2012年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サン・マロ(Saint Malo)を歩く@ブルターニュ(Bretagne)

ブルターニュ(Bretagne)旅行の続き。

b0168823_19155793.jpg


サン・マロ(Saint Malo)編。

港のあるサン・マロへは2回行きました。

b0168823_1916422.jpg


一度目はモン・サン・ミシェルの帰り。

夕暮れの海を眺めながら、街を囲む城壁をぐるりと一周。

b0168823_1917826.jpg


引き潮。

ブルターニュのどこまでも続く砂の海岸は、しっとりとどこかさびしげで、南仏の海岸沿いとはまた違った魅力が。
細かな砂がたまに覗く夕陽に輝いて、とても美しかった。

b0168823_19173272.jpg


城壁の高さと同じ階のアパートは空いているところが目に付きました。
中はとても素敵だったけれど、こうやって城壁を歩く観光客に年がら年中見られると思うと・・・やっぱり借りるのは躊躇してしまうなぁ。

b0168823_1919694.jpg


そんな中、まったりとリラックス中の猫ちゃん発見。

b0168823_1920208.jpg


2回目は昼間に。

また引き潮。

引き潮時には歩いていける、城砦へ行ってみたり。

でも暑くてすっかり太陽疲れしてしまったので(ブルターニュで太陽疲れって!)、その後は日陰を求めて近くの水族館へ。なんとオルタネティブな選択。
水族館なんて沖縄の美ら海水族館以来。
短期滞在であえて行くほどではないけれど、なかなか楽しかったです。

b0168823_1923456.jpg


ブルターニュ、さすがにガレット/クレープのお店がたくさんある。
サン・マロでも一軒行ってみました。

b0168823_19242913.jpg


こじんまりとしていて、でも家具などがなかなか面白く、いい雰囲気。
良かったです。

b0168823_1925039.jpg


ガレット、クレープ、ファー・ブルトン、ホットチョコレート。

クリームの乗ったクレープは彼が頼んだデザート。
私は塩バターキャラメルのクレープでした。
ここ、どれもおいしかった。

ファー・ブルトンは街の中心辺りで適当に買ってみたもの。
何度か食べたけれど、結局これが一番だったかも。

写真もflickr()に途中までアップしました。
良かったらご覧ください。


ブルターニュ旅行
フレール岬(Cap Fréhel)編★
モン・サン・ミシェル(Le Mont Saint Michel)編★
ブレア島(Île de Bréhat)編★
税関吏の小道(Le sentier des douaniers)編★

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-27 19:31 | Travel France

猫チェック

b0168823_1953248.jpg


下界の様子、チェック。

b0168823_198067.jpg


よし、本日も問題なし。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-24 19:08 | Kafka the cat & Cats

風邪、迷惑メール濡れ衣、戦闘機?、ファー・ブルトン

すっかり秋です。
空が青い、高い。

b0168823_20535276.jpg


ブルターニュから戻ってきてからなんだかやることが多く、でも元気にプールに通い、毎日あっちこっち自転車で駆け回っていたのですが・・・・。

風邪、ひきました。(がーん)
いつものように、突然。
「あれ?」と思った時には既に「とても調子が悪い」状態。

やることがあるのにー!
友人に会うのもキャンセルして、篭って治すことに。
あまり集中できないけれど、ずっと寝てもいられないのでブログでも書こうと・・・。

最近私のブログに「トップレス」で検索してたどりつく人がとても多いのです。
もちろん、イギリスのキャサリン(ケイト)妃のタブロイドによるトップレス・スクープのせい。
ヨーロッパではトップレス、全くめずらしいことはないけれど・・・。(国によります)
こんなにトップレスで検索する人がいるのかと。(笑)

一時期は「迷惑メール」の検索からたどり着いて来るのも多かった。
なぜだろうと思っていたら、どうやら私のブログタイトルに入っている単語と同じ単語をアドレスに使った迷惑メールが大量に出回っていたようです。

これはもうかなり前だけれど、私が参加しているランキングサイトに同じく参加している方のブログを読んでいたら、「このランキングサイトに参加しているブログの持ち主から迷惑メールが送られてきた。
ブログタイトルと同じアドレスだった。皆さん気をつけてください。」みたいな記事があったことがあります。

「ブログから迷惑メール??変なの。」なんてちらっと思ってすぐに忘れちゃったんだけれど・・・・。

ある日、私のところにブログタイトルに入っている単語と迷惑メールという検索ワードでたどり着く人が多いので「はっ!!」と気がついた。

「もしかして、あのブログの方は『私』のことを書いていたのか?私が迷惑メールを送りつけている輩だと思っていたのか??ブログタイトルのせいで???」と・・・・。

がががーん!!!

もちろん私ではないから濡れ衣をなんとかしたい、身の潔白を証明したい。(大げさ。笑)
でもその方が私がメールの出所だと思ってその記事を書いたという確証もない。
確認も出来ない。
だから「私じゃありませんよー。誤解しないでくださいー。」なんてコメント(orメール)も出来ない。
でも、もしかしたら他にも私が迷惑メールの出所と思っている人がいるかも・・・!?

もんもん、もんもん、もんもん・・・・。

と、ものすごくふくざつーーな気持ちになったのでした。

しばらく気になってブログタイトルも変えようかと思ったけれど、それも悔しいから変えなかった。(笑)

最近は少なくなったけれど、それでもたまにいる。
このブログ、迷惑メールとはもちろん何の関係もありませんからっっ!!

b0168823_21174594.jpg


先日、某ホテルの前でみかけたこんなもの。

何これ?
戦闘機?(違うか、さすがに…。)
本物?飛ぶの?
どうやってここに?

道が閉鎖されて警察もいました。

b0168823_2119188.jpg


さて、ブルターニュ旅行記、まだまだ書きたいことは沢山あるのになかなか進まない。
(終わるんだろうか?そういえば、マルタ旅行記も終わっていないぞ。)

ブルターニュにはおいしいものがたくさんあるけれど、ファー・ブルトン(far breton )もその一つ。
プルーンの入ったカスタードのケーキのようなもの・・・。

先日、また食べたくなって作ってみることに。

最初に見つかった、レシピで作ってみました。とっても簡単♪

が・・・・。

b0168823_2123791.jpg
なんか違うー!(笑)

プルーンを中にいれなかったのと、材料の料に比べて入れ物が大きすぎて厚みが出なかったからかも。

ここのフランス人にも「これ、ファー・ブルトンじゃない・・・。」って、ぽつりと言われた。
はははは。


フランス人ママは南仏出身だけれど、ファー・ブルトンを良く作ってくれたそう。
(現在、フランス人パパの弟夫婦はブルターニュ在住)

でもおいしかったです。
ちゃんとファー・ブルトンの味でした。(と、あくまでも主張!)

今回の旅で食べた中では、サン・マロの街中で普通に売っている丸い小さいファー・ブルトンが一番おいしかった。

また挑戦します。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-21 21:42 | Life in Geneva

税関吏の小道(Le sentier des douaniers)を歩く@ブルターニュ(Bretagne)

ブルターニュの海岸沿いには「Le sentier des douaniers(税関吏の小道)」というハイキングコースがある。
昔、海岸に来る外国船を見つけては税を集めるため、税関吏がタッタカタッタカ走った道・・・・だとか・・・。(?)

今回はCôtes-d'Armrを中心にたーくさん歩いたので、そのうちのいくつか、ご紹介。

b0168823_19475614.jpg


赤い岩が美しいことで有名なLe Phare de Ploumanac'hの辺り。
夕暮れの光りで更に岩がばら色に。

b0168823_19491399.jpg


行って戻って、往復3時間ほど歩いた。

b0168823_20314994.jpg


ここは本当に美しかった!

b0168823_19513083.jpg


カンカル(Cancal)の辺りにある海岸の小道。

Pointe du Chatryの辺りから出発。
丁度また引き潮。

b0168823_19521734.jpg


先端のPointe du Grouinまで歩きました。
行って戻って、これは2時間半ほど。

b0168823_19561633.jpg


ある日の早朝、8時前。
Port-blancへ。

さわやかな冷たい空気、静かな海。

b0168823_19574226.jpg


こんな緑の中の小道を抜けたり・・・。

なかなか楽しいランドネ(ハイキング)。

b0168823_201214.jpg


でもここを超えたら、舗装の普通に道になってしまった。
10分ほど歩いても舗装道で海も見えなかったので、戻ったのですが・・・・。

↑の場所が潮が満ちていて、道じゃなくなってしまったのでした!!
これにはびっくり。
到着した時はまだかろうじて、泥が覗いていたのだけれど「どうする?どうする?渡れないよ!」なんておろおろしているうちに、どんどん水が上がってきて。
すっかり川、いや、海に。
潮の満ちるのって本当に早いんですね。

どこにも「満ち潮時には道がなくなる」なんていう注意書きもなかったので、ちょっと焦った。

仕方がないので二人で靴を脱ぎ、素足でつめたーーい水の中、渡りました。

地元の車も入ってきて、道がなくなっているのを見て引き返して行ったり。

小さな冒険、でした。

b0168823_2094189.jpg


Le sentier des douaniers(税関吏の小道)にはこんな目印がところどころにある。

b0168823_20323870.jpg


ここも美しかったLa presqu'île Renote (Trégastel)。

b0168823_20351951.jpg


ここではあまり歩かず、砂浜でごろーんとしているうちに熟睡。

こんな感じで、どこを歩いても美しく気持ちが良かったブルターニュ。
お天気に恵まれてとてもラッキーでした。


写真、flickr()にアップしはじめました。
良かったらご覧ください。

ブルターニュ旅行
フレール岬(Cap Fréhel)編★
モン・サン・ミシェル(Le Mont Saint Michel)編★
ブレア島(Île de Bréhat編★

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-18 20:40 | Travel France

映画録 8月 その3

b0168823_0221954.jpg


8月に映画館で見た映画、まだ残っていた!
簡単に、記録の続き・・・・。

114. Total Recall (トータルリコール)
アメリカ。英語。監督 Len Wiseman 出演 コリン・ファレル(Colin Farrell)、ケイト・ベッキンセル(Kate Beckinsale)、ジェシカ・ベイル(Jessica Biel)
90年代にアーノルド・シュワルツネッガー主演でヒットした映画「トータルリコール()」のリメイク。
オリジナル版、見たはずなのにあんまり覚えていない。それもあってかリメイク版、なかなか楽しめた。
街など、かなりブレードランナー()的。メインの女性キャラ2人がとても似ている・・・と思ったらケイトは監督の奥さんなんですね。ってことは似た雰囲気のジェシカ・ベイルも監督の好みか。
あまりヒットしなかったようだけれど、私はそれなりに良くできていたと思うけれどな。
でもなんでいつも支配される二級市民扱いの街はアジア的で(人も東洋人)、支配する方の街はヨーロッパ的(アングロサクソン)なんだろう。この映画では理由があるのかな。ブレードランナー的な街だから?でも大抵こういう映画ってそう。アジア的なものなものが下。そんな気はないのかもしれないけれど、でも無意識の差別を感じてしまうのは、私の考えすぎ?

115. Associés contre le crime
フランス。フランス語。監督 Pascal Thomas 出演 Catherine Frot
とてもつまらなかったのであらすじもなしで・・・。(笑)
ジュネーブが出てきたけれど、そこに出てくる人のフランス語アクセントが!!!酷すぎる!!(爆笑)
まずジュネーブのアクセントじゃなくて、どちらかというとローザンヌのある州の方のアクセントではあるらしいけれど、もしそうだとしてもあまりにも強調されすぎなんだとか。ものすごーくゆっくり話して頭が足りなそう。道のど真ん中を牛が勝手に何匹も歩いていたり・・・。そんなスイス、山の方に行っても見たことありません。(苦笑)
フランスのこの手の映画にありがちな「他国のことを面白おかしく強調して描いて笑いを取ろうする」パターン、やっぱり好きになれない・・・。

116. Paranorman
アメリカ。英語。
主人公は死んだ人が見えて会話が出来る変わった少年。街が魔女裁判で死刑になった少女の呪いとゾンビから街を救うことになる。アニメーション。
面白かったです。ちょっとダークなアニメーションで。舞台はマサチューセッツ州のセーラムかな。魔女裁判で有名なこの街には一度行ったことがある。悲しい歴史を知っているからか、美しい街で晴天だったのに、なんとなく薄暗いイメージで覚えています。

117. Starbuck
カナダ、ケベック。フランス語。監督 Ken Scott  出演 Patrick Huard、Julie Le Breton
42歳の主人公Davidはいつまでも大人になりきれない。ある日弁護士がやってきて、彼には533人の子供がいると伝える。過去にお金に困って精子提供をしたことを思い出すDavid。彼は「子供達」にこっそり会うことにするが・・・。
思ったよりも面白かった作品。馬鹿馬鹿しいながらも、ありえなくない設定。ちょっと感動的なところもあったり。ファンタジーだけど。そこまで強いケベックのフランス語アクセントじゃなかったのも助かった。(多分そうなんだと思う。わかったから・・・。笑)

118. The expendables 2
アメリカ。英語。監督 Simon West 出演 シルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone)、ジェイソン・スタム(Jason Statham)
ハードな親父達があばれまくったThe expendablesの第二段。これもまた・・・バイオレントというかマッチョというか。おじさん達、がんばってるなーとはわかるけれど・・・。シュワルツネッガー、ブルース・ウィリスなどもまた出てきますが。フランス人、隣で大音響の中寝てたし。退屈しちゃったらしい・・・。「つまりなんだったんだ?」という作品でした・・・。

119. 360
ブラジル・英・仏・米。英語、フランス語、ドイツ語等。監督 フェルナンド・(Fernando Meirelles) 出演 レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)、ジュード・ロウ(Jude Law)、アンソニー・ホプキンズ(Anthony Hopkins)
Arthur Schnitzler作の「La Ronde」を題材にした世界のあちらこちらで起こる人間劇。
「City of God」の監督の作品なので、期待してたんだけどな。お涙頂戴的ナメロドラマぽかった・・・。「感動して下さいー」という、簡単に想像できるストーリー。ひねりが全然なくて、途中から退屈になってしまった。

120. Turn me on, dammit! (Få meg på, for faen)
ノルウェー。ノルウェー語。監督 Jannicke Systad Jacobsen 出演 Helene Bergsholm
ノルウェーの田舎の村に住む15歳の少女、Almaが主人公。彼女は性に興味深々。同じ学校の少年Arturに気があるが、あるパーティーで事件が起こる。
とっても面白かった!荒削りだけれどオリジナリティーに溢れていて。ティーン達の興味とフラストレーション、残酷さ、単純さがとてもうまく描かれている。主人公もかわいいだけじゃない表情がとても魅力的。
トライベッカ映画祭などで賞をとっているよう。こういうちょっと実験的で成功している作品はとても好きです。
変わった映画だけれど、好きな人は好きだと思う。お勧め。

8月は17本でした。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-15 00:26 | Movie

ブレア島(Île de Bréhat)@ブルターニュ(Bretagne)

ブルターニュ(Bretagne)、一週間の旅。

Le sentier des douaniers(税関吏の小道)について書こうと思ったら、写真が多すぎて整理がつかない!
なのでまずはÎle de Bréhat(ブレア島)のことを・・・。

まずサンブリュー(Saint-Brieuc)から北に走りLa pointe de l'Arcouesr(ポワント・ドゥ・ラルクエスト)とういところへ。
そこから一時間に一本ほど出ている船に乗ること約15分。

b0168823_22503666.jpg


ブレア島に到着。

夕方行ったら、また丁度引き潮。
まだ大潮なので、一番端にあるポートに到着してしまった。

b0168823_1943762.jpg


とてもお天気に恵まれた今回の旅行。(モン・サン・ミシェル以外・・・・)

島に行った時も快晴。
夕方4時過ぎだったけれど、まだ暑いくらい。

すっきりとさわやかで気持ちがいい。

b0168823_1972563.jpg


潮が満ちている時はこの前に船が着くようです。

島は南と北の2島ある。
ガイドブックによると自転車で周れるとあったので、私達も自転車で周ることに。
それがしたかったのです。

b0168823_1982416.jpg


ここで自転車を借りました。

でももうちょっと坂を上ったところにあったお店の方が、いい自転車があったみたい。
私達が借りたのは重いママチャリという感じで(オランダとかで見るような??)、坂道を登るのが大変だった・・・。

b0168823_19102290.jpg


シーズンオフの平日で夕方とあって、それほど人もいなかったので、自転車もすいすい。
(それでも結構いた)
行き帰りの船もすぐに乗れたけれど、これは観光シーズンは混んで大変だろうな・・・と想像。

島は本当に美しい!!
花が溢れる島と言われているらしく、そのとおりお花がたくさん。
どの家もかわいらしく、青い空、青い海、緑の草花に栄えて、「ここは楽園か?」と思うほど。

b0168823_19155590.jpg


そういえばイヴ・サンローランの別荘が北フランスにあったと思ったけれど、どこなんだろう。
ブルターニュだった記憶があるのだけれど。
こういう島にあるのかな・・・。

b0168823_19131119.jpg


島は車がないので、道は狭くどこも静か。
北の島の奥へ行くほど家は少なくなる。
ここに住んでいるのかな、別荘かな・・・どんな人が持ち主なのかなーと想像、妄想。

b0168823_19153237.jpg


時間がゆっくり流れているよう、とはまさにこのこと。

満ち潮時でもっと近くまで海がきていたら、また大分景色も違うかな。

島は自転車で周っても10キロちょっと。
2時間ほどで充分あちらこちら周れました。

もっと時間があれば、感じの良いカフェやクレープ屋さんがあったので、よれたんだけどな。

b0168823_19192038.jpg


これ、島の一番端っこ。
上↑、わたくし、一生懸命坂道を登りながら写真のために振り返ってます。(笑)

乗りたかった6時過ぎの帰りの船。
ぎりぎり間に合いました(満員)。

それにしても楽しいサイクリングだった!

ブルターニュの旅、まだ続きます。

フレール岬(Cap Fréhel)編★
モン・サン・ミシェル(Le Mont Saint Michel)編★

Flickrにも写真、アップしはじめました。()

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-14 19:36 | Travel France

モン・サン・ミシェル(Le Mont Saint Michel)@ブルターニュ(Bretagne)

ブルターニュ(Bretagne)、一週間の旅。

私が今回の旅行でリクエストしたのは、モン・サン・ミシェル(Le Mont-Saint-Michel) に行きたいということと、シーフードが食べたいということ。

早速次の日の朝、モン・サン・ミシェルへ行くことに。
(正確にはノルマンディーNormandieにある。)

滞在先を朝7時に出て8時半には到着。

b0168823_20532420.jpg


・・・が曇っている・・・・。
青空をバックにした姿を見たかったのに!

結局、ブルターニュ滞在中、モン・サン・ミシェルに行ったこの午前中だけが曇り空だったのでした。

でも、やっぱり感激。
子供の頃から来たかったんだもの。

こんなに何十回もフランスに来ているのに、チャンスがなかったのだけれど・・・。
とうとう来ました。

b0168823_20554075.jpg


バカンスシーズンも終わって、早朝で、お天気も悪かったからか、あまり人もいなくて。
ひっそりとした感じがまた良かった。

まだアビー(Abbaye)の入り口も開いていなかったので10分ほど待ってから中へ。

b0168823_2173563.jpg


灰色の空と薄ら寒い感じが、返って歴史を感じさせる!?

b0168823_2125050.jpg


中も人が少なくて、ゆったりとした気持ちで見学できた。

b0168823_2144827.jpg


でも晴天だったらもっと綺麗だっただろうなー。
遠くの方も霧がかかってしまってあまり見えなかったもの。

どこも時間をかけてじっくり見られたので、満足ですが。

帰り道、メインどおりのおみやげ屋さんを見たり。
有名なオムレツ屋には入りませんでした。作っている様子の見学はしたけれど。

絵葉書を書くために郵便局の隣のレストラン/カフェで休憩。
店員が口に何か入れてむしゃむしゃしながら注文を取りに来る・・・。
やっぱりこういう観光地にありがちなのか・・・でも、それはちょっと・・・。

そして日本人がレストランに入ってくるたびに「ゴメンッ!ジュニジッ!!」と叫ぶ。
突然怒鳴られて皆さんびっくり。
「何?何?」といいながら出て行って「あ、十二時??十二時からってこと??」と。(笑)
日本人ではない東洋人にも「ゴメンッ!ジュニジッ!」と叫んでいたけれど、彼女達は何を言われているかわからないから無表情でどんどん奥に入っていってしまい、それでも「ジュニジッ!ジュニジッ!!」と叫ぶ店員・・・。
日本人じゃないってことくらい気がつけー!
せめてもう少し態度、なんとかならないもんだろうか?

絵葉書は無事に郵便局で投函しました。

b0168823_21285657.jpg


ずっと行きたかったモン・サン・ミシェル。
それ自体は本当に素晴らしかった。

夢はかなうものですね。

また来たいな。
次回は青空の時に!

b0168823_21141457.jpg


その後、車を走らせたのはLe Vivier-sur-Merというところ。

ムール貝を食べるのが目的。
今回の旅は私はほとんど下調べをしなかったので、彼が色々連れて行ってくれた。

屋台のようなところでドンと1キロ出てきたムール貝。
ポテトチップスとパン付。
飲んだのはシールド。
おいしい♪

ここはオイスターも有名なよう。
隣の女性は1人でスターターにオイスター、メインにムール貝、付け合せに隣のお店で買ったフライドポテトを食べていた・・・。
さすがに私にはその両は無理だ・・・。

おなかいっぱいの後向かったのは、カンカル(Cancale)の辺り。
Le sentier des douaniers(税関吏の小道)を歩きに・・・。

つづく・・・。

Cap Fréhel(フレール岬)編★

Flickrにも写真、アップしはじめました。()

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-13 08:11 | Travel France

フランス、ブルターニュ(Bretagne)の一週間、Cap Fréhel(フレール岬)

フランス、ブルターニュ(Bretagne)に一週間行ってきました。

ずっと行きたいと思いながら、どうも遠い気がして行ったことがなかったブルターニュ。
実際遠かった。(笑)

ジュネーブから電車で行く場合はパリで乗り換え。
ジュネーブから滞在先近くの街、サンブリュー(Saint-Brieuc)まで、乗り換えの待ち時間を入れて8時間かかりました。

サンブリュー到着時は霧雨。
ここでレンタカーしました。
車が新しい白のFIAT500で、かわいくてちょっとうれしかった。

b0168823_1902557.jpg


最初に行ったのは滞在先近くのCap Fréhel(フレール岬)近くの海岸へ。

この頃には雨も上がり、低い雲の間から青空が見えるように。
丁度大潮の時期だったので、海がかなり遠くまでひいていて。

b0168823_1953278.jpg


空が砂浜に映って、不思議な透明感がある風景でした。
とても美しかった!

b0168823_197116.jpg


この辺りはいくつか海岸があって、そのどれもが綺麗。
これは上の海岸からCap Fréhel(フレール岬)へ向かうところ。

既にバカンスシーズンを過ぎていたから空いていたけれど、きっと真夏は混むんでしょうね。

b0168823_1984093.jpg


そしてCap Fréhel(フレール岬)へ。
ここに来る頃にはすっかり晴れ。

青い海と空。
さわやかな空気。

既にブルターニュ大好きになっていました。


また少しずつ旅行記、アップしていきます。
写真も整理してFlickrフリッカーにアップします。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-12 02:02 | Travel France

パリで一休み Paris

b0168823_1937617.jpg

快晴のパリ!

恒例のパリお茶。
リヨン駅(Gare de Lyon前)にて。

b0168823_6145577.jpg


とても暑い日だったので珍しくアイスコーヒー。
濃くて冷たくて、おいしかった・・・。

今回の旅行の目的地はブルターニュ。

パリではTGVの乗り換えをしただけなので、行き帰りとも数時間の滞在。
お店もほとんど見られず、素通り状態でした。

それでもパリはパリ。
数時間いるだけでもうれしい。(笑)

ブルターニュへはモンパルナス駅(Montparnasse)からTGVに乗ります。

b0168823_6173486.jpg


行きはどんよりした寒い日だった・・・。

でも曇っていたってパリはパリ。

b0168823_6191138.jpg


モンパルナスで適当に入った普通のカフェ。
パン・オ・ショコラ(Pain au chocolat)を2つ頼んだら、大きいのと小さいのが出てきた。
なぜ?

でもおいしい。

フランスのパンはおいしい。

もちろんそうでもないところもあるけれど、「普通に買ってもおいしい」ところが多い。
スイス・フランス語圏、お隣なのにね。

やっぱりパリが大好きー!!



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-10 06:27 | Travel France

ブルー・ムーン、ドイツのケーキ、アプリコットのジャム

b0168823_0311394.jpg


8月、2回目の満月。
ブルームーン。

Art Blakey & The Jazz Messengers の「Blue Moon」とともに。()
先日友人がFBにYou Tubeのリンクを貼っていて、久しぶりに聴いた。
フレディ・ハバード(Freddie Hubbard)のトランペット、カッコいい。

今週は静かな1週間だったという印象。

このところ寒い。
今日なんて最高気温14度。寒すぎだから!
あまり外出したくない気分で、おうちでお茶会が続いた。

ドイツ人友人は「Zwetschgenkuchen を焼くからおいでよ」と誘ってくれた。
zwetschgenkuchenとはナンじゃ?
kuchenはケーキか・・・
zwetschgenはプラムか?桃か??とアタリをつけていたら・・・。

b0168823_049358.jpg


プラムのケーキ(のようなもの)でした。

色といい、秋らしい。

b0168823_050505.jpg


花の香りのブレンド緑茶とともに。(色、変わっちゃてるな)
これはもう2皿目。

おいしかった。

この日はなぜか仮装パーティーの話になって、彼が友人達と仮装してパレードに出た時の写真を見せてくれた。
3年ほど続けて同じ友達と参加したらしい。

これがもう大笑い。
完全なる仮装。すばらしいの。
まったくの別人。
毎回女装しているけれど、彼も友人達も背が高くてスリムで脚が長いから、美人モデルにしか見えない。
なんだか・・・「ま、負けた・・・」って気分・・・・。(笑)
ポーズがまた素晴らしく決まっていて、笑いが止まらなかった。
ここに写真を載せられないのが残念!

b0168823_0581410.jpg


別のある午後、フォンダン・ショコラでお茶。
いつもとはちょっとだけ焼き方を変えたら、中までしっかり目に焼けてしまった。
持ち運びには良かったけれど。

昨日は残ていたケーキでひとりでおうちでお茶。
ケーキ、更に固まっていた。

b0168823_115820.jpgそういえば、先日フランス義母に頂いたホームメイドのジャム。
アプリコットとブルーベリー。

アプリコットの方をあけたら、これがおいしくてびっくり。
義母が作ってくれるジャムは甘さ控えめでいつもおいしけれど、今回はいつもより更にお砂糖が少なめ。
そのせいでとろりとしていて、それがとてもヨーグルトにあう。
毎日食べていたらもうなくなりそう。


おいしかったから記録。


b0168823_14412.jpg


これはいつだったか、お友達とのカフェでのお茶。

いつもチョコレート系ばかり頼む私が、めずらしくフランボワーズのマカロンのケーキ。
色がかわいくて。
(と、あまり選択がなかった。)

しっとり、おいしかった。
お茶は薔薇の香り。

そう、この時はまだテラスでお茶するくらい暖かかったのだ。
むしろ暑いから日陰のあるカフェに行ったくらいだもの。

ついこの間なのに・・・。

でも来週からまた気温は少し上がるようです。
よかった。

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2012-09-02 01:15 | Life in Geneva