<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お天気の良い、こんな日。

b0168823_1404383.jpg


晴天のこんな日。
午前中から外出。
寒くても晴れていると気分が良い。

b0168823_141599.jpg


この日は午後には気温も少し上がり、街ゆく人達も心なしか薄着のような。
そして笑顔です。
太陽が出ると突然みんな元気になる。

そんな私は相変わらず、風邪っぽいというか、万全ではないのですが。
でもうだうだしていても仕方がないので、出歩いてしまっているけれど。
もしかして、私、街に風邪菌をまき散らしている!?

b0168823_1442272.jpg


ドイツ人友人と一週間ぶりのお茶。

1週間会っていないとお互い「とっても久しぶりだねぇ」という気分。
うちの仏人にも「君たちは付き合っているの!?」とからかわれるくらい(笑)、本当に良く会っている。
この間もみんなでお茶した後に、「じゃ、明後日会えないから、明日会おう」って2人で話していたら、仏人に「そんなに待てないのか!」と笑われた。明々後日会うのじゃ、間があきすぎなのです。(笑)

この日も近況報告(って、一週間の出来事の報告…)の後は、少し歩いて、それからセールを見にお店へ。

なぜか一緒にお店に行っても、試着するのはいつも彼の方ばかり。
お友達とお店めぐりするのは好きなのに、自分が何かを買いたい時は1人で行くことが多いです。
見たいお店を気ままに見て、試着したいだけしてって、誰かと一緒にいるとなぜか出来ない。
でも、一緒にいる人が「試着するから待ってて」とか「あのお店にもう一度行きたい」とか、言ってくるのは全く気にならないんだけど。

セールもそろそろ終わり。
最後にまた何かほしいなぁと、物欲ちゃんがモコモコ動く・・・。

b0168823_1515510.jpg


気がつけば夕方5時でもまだ明るい。
大分日が伸びて、うれしい。
後は暖かくなるのを待つだけ!
(まだまだだな・・・)

この日はお散歩も少しして。

お天気の良いこんな日は、気分も明るくなるね。

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-30 01:57 | Life in Geneva

オイスター屋、風邪、英語の読書とフランス語と。

b0168823_5472210.jpg


しょっちゅう入っている店舗が変わるお店。
12月に日本から戻ってきてみたら、オイスター屋さんになっていた…。

b0168823_5473739.jpg


オイスターは大好き!!
だけど…。
ジュネーブのオイスター屋さん。
売れるのかな。値段はどうだろう?店内でも食べられるのかな。
今度試してみたいところ。(冬のうちに。)
でもいつまであるかが問題。(!?)

さて、週末から今週はじめにかけては好調だった。

月曜日はドイツ人友人とセールへ繰り出し、火曜日は第二子妊娠中のケニア/エリトリア人友人の代わりにに図書館で本を借りて自宅へ届け。
ひとしきBoyと遊んで。
自分の帽子をかぶって私の靴とコートを指さし「うん?うん?」と、「外へ行こう」と誘ってくる、生後19か月の男子。くりくりお目目にまつ毛ばっちり。
くぅぅぅぅ~。強烈にかわいかったっ!!

それが、その後、急に突然また体調が悪くなったのでした。
先週も完全じゃなかったけれど、それは治ったと思ったのに。
違う種類の風邪?

数日間熱が続き、そのうち2日間は38度以上もあって、おうちに篭っていた。

楽しみにしていたお友達とのランチもキャンセル。

でもまだ熱があるのにがんばって仏人実家でのディナーに行っちゃったら、フランス語に酔いそうになった。
南仏からおばさん夫婦が来ていたのだけれど、おじさんの方がとにかくものすごーーくしゃべる人なのだ。
ずーーーとしゃべっているの。(笑)
それも抑揚とか句読点がない、「いつ息吸ってるんだろう?」ってくらい。
普段はそれも面白いのだけれど、薬のせいもあって頭はぼーっとしているし、体はつらいし(多分熱もまだ38度以上あった)、「何言ってんだかさ~っぱりわからん。ちんぷんかんぷん。」とずーっと思っていた。(笑)
今回はちょっと特別だったので体調が悪くても行ったれど、何もそこもまでして行かなくても良かったか…と、後から思いました。

数日間家にいたおかげで、はかどったのは読書。

私が英語の本を読んでいると普段は渋い顔をする仏人も (「フランス語の為にフランス語の本を読んだ方がいいんじゃないの?」)、さすがに具合が悪い私には何も言わなかった。

Tracy Chevalierの「Remarkable Creatures★」と、Kazuo Ishiguroの「When We Were Orphans★」。

どちらも読んでいなかったのを、図書館で見つけたもの。
Tracy Chevalieが好きなことは何度かブログにも書いたけれど、カズオ・イシグロの書く文章もとても好きです。

しかし、なんでフランス語の本は英語や日本語の本を読むように進まないんだろう。
まぁ、読んでいる年月が違うんだから仕方がないとは言え、相変わらず「すらすら」とはいかない。
調子がいい時はいいけれど、普通は読み始めて2ページくらいで眠くなってしまう。
まだまだ努力して読む、というかんじ。
2ページで寝ちゃうんじゃ、一冊読むのに時間がかかって仕方がない。
第一、そんなに時間がかかったら、話を覚えていられない。
会話にしても文法、発音共に間違えだらけだし、そもそも自分で間違いに気がつかなかったりで(気がついていたら直しているか…)、「フランス語はもう上達しないんだ、きっと…」と思ったりする今日この頃…。

猫語はうまいんだけどな~。(Kafkaとの意思疎通はばっちり…。)


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-26 06:22 | Life in Geneva

友人たちと。そしてまた映画…。

b0168823_0102751.jpg

数日前のこと。

ブラジル人友人とポーランド人友人と夜のカフェごはん。
いつものカフェへ。
ブラジル人友人は3か月国に帰っていたので久しぶり。

この2人とはなぜか「ガールズトーク」な雰囲気になる。

特にポーランド人の彼女は明るくて、とってもおしゃべり。
フランス語があまりできない頃から、文法や発音を間違えまくりつつも話し続ける子だった。
出会った頃は「フランス語を勉強しはじめて2か月なの。」とか言っていたなぁ。
その時点ですでに「あの良く話す子」と言われていた。(笑)

相変わらずとてもよく話す。
でも働き始めてから、フランス語環境にいるので、間違いも少なくなって流暢、という印象。
語学上達の秘訣はやっぱり話すことなのね…。

見た目は背が高くて金髪碧眼。とてもかわいい。
独特なユーモアのセンスがあって、自分を笑い飛ばせるというか、シリアスなようでシリアスでない、面白いキャラクター。
私の持っていたポーランド人のイメージは彼女によって覆された。(笑)

b0168823_010442.jpg


いつものカフェ。
この日も混んでいた…。
たまにとっても変な絵とか飾ってある(売っている)のだけれど、今は映画のポスター。
タランティーノがリメイク(?)したDjangoのオリジナルのポスターがあった。


その後、ブラジル人友人と映画へ。

また隠れ家映画館。()

b0168823_0123547.jpg


上映室(っていう?)の隣バー。

ここにもBlack Movie Festivalの今年のテーマのクラゲが…。
びよよーんと下がっていました。

映画自体はまたもイマイチ。
うちのフランス人は私たちと入れ替えで別の映画を見たけれど、これもあまりよくなかったそう…。

こういう映画祭の映画、なかなか「あたり!」と思うものがない。
実験的な映画、もしくは重い映画が多くて。そういう映画祭なんだけど。
でも「あたり」を求めて、今日もまた観てしまうのでした。



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-23 00:22 | Life in Geneva

雪の街、スリにご注意!、カフェ

b0168823_6301538.jpg


昨晩から降り出した雪。

今日も降ったり止んだり。

b0168823_6305760.jpg


雪国の出来上がり。
でも気温が高めだからか、べたべたっとした雪。

Black Movie Festival De Films Genève 2013★は、メジャーなジュネーブの映画祭の一つ。
週末は15本以上、平日でも10本近くの映画が数か所の映画館で上映される。

ところで、今日は一人で写真を撮っていて気がついたら、ロマ(ジプシー)の親子がすぐ横にいて驚いた…。
いつ隣に来たんだ?
バックはもちろん常に気をつけていたけれど、不自然に近くに来すぎ!
思わずバックをあけられていないか確認してしまった。
そしたらその親子、去って行った…。
あれは、スリ目的、だよねぇ・・・?

差別はしたくないけれど、最近のジュネーブはスリや空き巣が多いので、怪しいと思ったら自分の直感を信じて気をつけるのに越したことはない。

で、映画館の前の階段に、今度はロマの女の子が座っていた。たぶん10歳くらい。
雪が降っているのに、保護者らしき人の姿はなし。

そして私が館内に入ってからしばらくすると、なぜか中にい入ってきていて、さらーっと近づいてくる。

また「むむむ!」とばかりに超疑いの目で、その子から離れる私。
ここで仏人に合流していたのだけれど、この子、仏人や近くにいる人達の周りも、さらさらさらーと数回行ったりきたりする。
あまりに小さくてさりげないので、ほとんど誰も彼女がすぐ近くを通っているのに気がつかない。
ずーっとそれを目で追っていた私。明らかにこの子、「獲物を物色中」。
やっぱり保護者らしい人はいないし。
思わず仏人にも「ちょっと、気を付けて!」と言ってしまった。

b0168823_6523850.jpg


この映画館はレストランも併設しているのだけれど、見ていたらある夫婦のすぐ後ろをついてレストランに入っていってしまった。
私も一瞬「あれ。あの夫婦の娘だったのか!?疑ったりして悪かった?」なんて思ったくらいのさりげなさ。

で、入ったと思ったらすぐにレモンタルトを持ってでてきた。
デザート類、入り口のところに置いてあるのだけれど…。
どう考えても買ってきたとは思えない。入ってすぐ出てきたんだもの。

そしてあっという間に食べ終えて、また人々の間をうろうろしている…。
小さくてちょうど大人のポケットの高さだし、本当に誰も気をとめていないみたい。
しばらくすらすらと、きょろきょろと動いて、そして誰かの後ろをくっついてどこかに行ってしまった。

やっぱり怪しいー!

皆様、海外ではスリには気を付けましょう!
小さくて気が付きにくい子供のスリには特に気を付けましょう!(こういうこと、言いたくないけれど。悲)
ちなみに、最近は「いかにも・・・」な恰好をしている人は少なくて、小奇麗な服や靴を身に着けている気がする。(そして最新の携帯電話などを持っていたりする。)

b0168823_6495914.jpg


さて、今日は映画と映画の間に時間があったので、セールを見て、それからお茶。

b0168823_6493772.jpg


でも最近、土曜日も日曜日もお気に入りのカフェはどこもいつも満員。
冬はいつもこう。
また今日も入れなかった。

仕方がないので、普通のカフェへ。
ここも悪くはないんだけど。
どうせ行くなら好きなカフェに行きたいんだよなぁ。
みんないいと思うお店は同じなのね…。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-21 00:10 | Life in Geneva

好きな隠れ家映画館-Black Movie Festival ジュネーブ

1月18日から1月27日まで、Black Movie Festival De Films Genève 2013★が開催されている。

この10日間はいつもよりさらに映画漬けになる。
金曜日は2作品、観に行ってきました。

b0168823_551996.jpg


この映画館。
前にも書いたことがある、まったくモダンでもオシャレでもない、けれどそこが好きな映画館。
隠れ家映画館と勝手に呼んでいます。

上から下がっている赤い物体は、たぶん今年のフェスティバルのポスターやビデオにも使われている「クラゲ」だと思う。
そういえば、なぜ今年はクラゲかって、オープニングのスピーチでだれかが説明してたけれど、なんでだか忘れちゃった…。(スピーチ、長すぎ…)

b0168823_563138.jpg


普段はこのスクリーンのライトの下に小さなバーがあって、コーヒーやアルコールを売っている。

b0168823_572922.jpg


ソファーでくつろぎつつ、アルコールを飲みながら映画鑑賞…。
まったりなオルタネティブな雰囲気。
この力の抜け感、好きです。

ジュネーブもインディペンデントの映画館がどんどんクローズされているけれど、こういうところ、残して欲しいなぁ。

でも、映画はちょっと退屈してしまった…。
映画祭中に観た映画については改めて書きます。

b0168823_5141527.jpg


この日、2本目は別の映画館で。
間の時間がほとんどないので、大急ぎで移動。

フェスティバル中は映画館間の移動が多いのと、映画の終了がトラムの時間を過ぎる可能性があるので、自転車が大活躍。

・・・・なのだけれど、2作品目が終わって(0時過ぎ)外に出てみれば、雪が降っていたっ。

激しく降る雪。

「あらー…。」と思ったけれど、雪の中、ほとんど車がいない道を走るのは楽しかった。
やくざ映画を観た後だったから、気分が高揚していたのかも!?(笑)

北野作品は相変わらず人気。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-20 05:51 | Movie festival&event

Black movie festival とロロピアーナ事件

ジュネーブで行われる映画祭の一つ、Black Movie Festival ★が18日からはじまります。

b0168823_20352182.jpg


その前日、オープニングに行ってきた。
この日上映されたのは韓国人監督、Hong Sang-sooの作品。
カンヌ映画祭でも上映された 「In Another Country」。

旦那フランス人は既にカンヌで観たというので、スイス人友人と行ってきた。
仏人旦那とは後で会うことに。

b0168823_20354746.jpg


今年の映画祭はスポンサーが去年に比べて豪華みたい。
良くいくカフェやAésop.もスポンサー。
Aésopの製品はとても好きだけれど、ジュネーブに最近できたお店ではその値段にびっくり。
「こ、こんなに高かった??」と・・・。焦ってしまった。
この日、サンプルを数種類もらって、なんだか得した気分に。(笑)

b0168823_20395927.jpg


オープニングスピーチ、短編アニメーション映画、そしてメインの映画の後は、簡単なレセプションが行われた。
レセプションで仏人旦那と合流。
ちぢみや韓国巻きずし、春まきなどが韓国風な食べ物が出てきた。

が、ここで驚愕事件がっ!

この日はとーっても寒かったので、ロロピアーナのたっぷりしたカシミヤマフラーに同じくカシミヤの薄手ニットを着ていた。
下には白いシャツ。

なんとなく「こんなに人がいるし、ワインはあるし、こぼしたら嫌だな~」と思ってはいたのだけれど…。
なーんと、思いっきりワイングラスいっぱいの赤ワインを全身にかけられてしまったのだ。

カシミヤマフラーとニットの全体にべったり赤ワイン。
白いシャツも前と袖ぐち全部も真っ赤に染まってしまい。
今までの人生でありえないくらい赤ワインをかぶってしまったという状態。

あまりのことにあっけにとられて一瞬何がなんだかわからなかったけれど、マフラーとニットの値段がふっと頭に浮かび(笑)、一番上のフロアにあるトイレまでほとんど無言のまま大急ぎで行き。
髪を振り乱して(多分)、必至で綺麗にした。

べったり真っ赤に染まっていたのでどうなるかと思ったら、さすがにロロピアーナ、お値段のことだけはある。(笑)
カシミアがワインを弾いて、まったく染み込まず、ちょっと紙で軽く叩くだけでどんどん綺麗になる。
変な紙しかないようなトイレだったけれど、とりあえず綺麗になったので気持ちは落ち着いたけれど…。
これで染みができてダメになっていたら、怒りが収まらないところだった。
でも白いブラウスはもう着られなさそう。(涙)

この日は愛用しているFALKE★のウールのレッグウォーマーをうちの猫に食べられてしまったり(!!)、なんだか洋服関係についていない日だった。
とても暖かいうえにかわいかったのに…。また買おう。

自分が気をつけていても、かけられちゃうってことがあるのよね…。
でも汚れるのが心配だからってユニクロばかり着てもいられない。
物は、失くすとかだめになるとかあるわけだから、諦めるってことが大切なんだな、と、ちょっと悟りの気分になった日でした。

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-18 21:01 | Movie festival&event

寒くなったと思ったら・・・。

今週は予報どうり寒い!

b0168823_043231.jpg


そして、どうも先週の日曜日から体調が悪い。
熱っぽくなってみたり、頭痛がしてみたり、胸(肺!?)が痛くなってみたり。
で、治ったと思うと、また発熱したり…。

でも寝込むほど悪くないから、なんとなく出かけてしまう。
それでまた悪化…。

雪が降った日も、映画を観るつもりで外出。

b0168823_0444926.jpg


日にちを間違えてしまっていて、観たい映画がまだ始まっていなかった。
(やっぱりぼーっとしている…)

そのまま、なぜかお散歩してセールのお店ものぞいてしまい、夜にまた悪化。

b0168823_0461155.jpg


次の日は熱っぽいのに楽しみにしていた予定があったので、「絶対キャンセルしないっ!」と外出。
楽しい時間を過ごして、でもやっぱり病状悪化。

2日間くらい、おうちで大人しくしているべきなのかな。

こっちに来てから、こういう「頭痛をともなう風邪っぽい体調の悪さが数日続く」というのがたまにある。
風邪なんだと思うけれど、一週間くらい続くことも。
これがひどくなると「動けないくらい気分が悪いー」っていうことが半日くらいあったり。
うだうだ、だらだらと菌が体内にとどまっている感じ。

ここしばらく大丈夫だったのにな。

やっぱり風邪でしょうか。

b0168823_049241.jpg


ジュネーブの本屋さん。
村上春樹セクションが写真パネルつきで出来ていました。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-17 22:00 | Life in Geneva

猫、前足の温め方。

今週は寒いらしい。
天気予報を確認したら、最低気温マイナス8度、最高でもマイナス3度なんて日も。
今年は暖かいなーと思っていたけれど、甘かった。

しんしんと冷たいこんな冬日。
手足が冷えて困るのは私だけじゃないみたい。

b0168823_0544540.jpg


Kafka、前足を温めるの図。

今まではラジエーターの横にピッタリひっついているだけだったのに、この間、前足をラジエーターの間に入れているのを発見。
「お、これは温かい・・・」って、学習したのかも?

b0168823_0554598.jpg


もっと寒いと、鼻の頭から顔半分も入れちゃいます。
長い間奥まで入れすぎて、顔に縦線がついていることも。(笑)

でもヒーターにくっつきたくなる気持ちはよくわかる。
寒いもんねぇ。

日本も大雪だったようですね。

b0168823_0594620.jpg


今日のおやつ。
おうちでストロベリーケーキ。
最近はカフェでのお茶頻度、低下中。

お供には好きな作家、Tracy Chevalierの「Remarkable Creatures★」。

まだ読んでいなかった作品。
図書館でみつけた。(うれしい♪)


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-15 01:08 | Kafka the cat & Cats

ロレックスのチョコレート、雨の日のカフェ、

b0168823_104827.jpg


雨の日のカフェ。

外は冷たい雨。でもカフェの中はぽかぽか。

ここはとても居心地がいい。
お客さんも老若男女さまざまで、みんな近所に住んでいるっぽいところも落ち着く。

b0168823_14969.jpg


この日はランチのかわりに普段は滅多に食べないペーストリーを食べてみた。
そしてドイツ人友人と今後の人生についてなど(?)、だらだら話しあい、結局また長居。

先日、久しぶりにケニア/エリトリアの友人に会った。
19か月の息子がいる彼女は、来月半ばに第二子出産予定。

あっという間に1人目を生んで、あっという間に2人目を妊娠し(ドクターからOKが出たその月に妊娠したらしい)、そしてもう生まれる!
もともと強い女性だったけれど、ますます母親らしい強さが加わった感じ。

上の子は、くりくりお目目にまつ毛ぱっちりでお人形さんみたい。す
一緒に遊んでいたら、ほっぺに「プチュ~ッ!」ってキスしてくれた。
友達曰く「初めて自分からした!」、んだそう。
かわいさにキューン!メロメロ…。

b0168823_113458.jpg


今週のおやつの一つ、チョコレート。

ロレックスからのチョコレートだっ!

箱もRolexの文字入りで、「時計が4つくらい入っているの?」って雰囲気のうやうやしさだったけど、単にチョコレートでした。
普通のチョコなんだけど、マークがロレックスだとなんだか特別な気がしなくもない…。

b0168823_1185377.jpg


街のチョコレート屋さんのウィンドーは白熊でいっぱいになっていた。
白熊ちゃん、かわいいー。

街はセール真っ最中。
またお店めぐりをしてきたけれど、また何も欲しいものがなかった…。(涙)
気力も物欲も消滅気味…。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-12 01:23 | Life in Geneva

映画録 10月

b0168823_0372377.jpg


映画館で観た映画の記録。2012年10月編。
3か月もたっているから忘れてしまったけれど、簡単に記録。
10月半ばから日本へ帰国してしまったので、少なかった。

132. Savages
アメリカ。英語。監督 オリバー・ストーン(Oliver Stone) 出演 テイラー・キッチ(Taylor Kitsch)、 アーロン・テイラージョンソン(Aaron Taylor-Johnson)、 ブレイク・ライブリー(Blake Lively)、べニチオ・デル・トロ(Benicio del Toro)
2人の男性と関係を持つ女性と、ドラッグビジネスと。刺激的なお話。(笑)脇役キャストなど、結構良いのだけど、こういう映画はもう古いんじゃないかな、というお話だった気。悪くはないけれど良くもない。普通。

133. Do not disturb
フランス。フランス語。監督 イヴァン・アタル( Yvan Attal) 出演 フランソワ・クルーゼ(François Cluzet)、ラティシア・カスタ(Laetitia Casta)、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)
主人公がしばらく会っていない友人と久しぶりに会い、彼の自由な雰囲気に多いに自分もまだまだ自由でクリエイティブだと証明するために(?)二人で新しいポルノ映画を作ろうとするが。
これも普通な作品だったなぁ。悪くはないんだけど、何かが足りない…。好きな女優さん達が出ているのはうれしかった。

134. Lawless
アメリカ。英語。監督 John Hillcoat 出演 Tom Hardy、Jessica Chastain, Shia LaBeouf、Guy Pearce
禁酒時代のバージニア州に実在したBondurant兄弟のお話。アメリカ的な映画。ギャングと美しい女性と。トム・ハーディーはセクシーでした。

135. Kirikou et les Hommes et les Femmes
フランス。フランス語。監督 Michel Ocelot
アニメーション。ストーリーもオリジナリティがあり、絵も美しくとても良かった。

136. Taken 2
アメリカ。英語。監督 Olivier Megaton 出演 リーアム・ニーソン(Liam Neeson)
人気だったTaken(邦題は「96時間★」)の続編。前回はパリだったけれど、今回はイスタンブールが舞台。
相変わらず家族が誘拐される。そして主人公、あいかわらず強い。(笑)普通にエンターテイメントとして楽しめた作品。

137. Ruby Sparks (ルビー・スパークス)
アメリカ。英語。監督  Jonathan Dayton, Valerie Faris 出演 Paul Dano、Zoe Kazan
「リトル・ミス・サンシャイン」の監督によるラブ・コメディ。若くして書いた1作目で天才と騒がれ、その後2作目が書けない作家が主人公。あう日、自分が書いたキャラクターが目の前に現れる。
好きな要素が多い作品だったのだけれど…。途中でちょっと退屈してしまった。一緒に行った仏人は途中から爆睡。(笑)でも一人でおうちでDVDで見るにはいい作品かも。

138. TED (テッド)
アメリカ。英語。監督 Seth MacFarlane 出演 Mark Wahlberg、 Mila Kunis
熊のぬいぐるみテッドといつまでも子供な主人公。あきれた彼女はテッドか自分かを選ぶようにいうが…。
公開前から話題だったR指定映画。なかなか面白かった。(笑)テッドがかわいいのに毒舌で全く「オトコ(おやじ?)」なのがおかしくて。ボストンが舞台なのも個人的には懐かして良かった。(ボストンが舞台だと無条件にうれしい。笑)

139. Laurence Anyways
カナダ。フランス語。監督 Xavier Dolan
90年代が舞台。主人公のローレンスはある日突然、彼女に「女性になる」と宣言する。
Xavier Dolanの「Les Amours imaginaires」が大好きな私。これも期待していたのだけれど…。
まず長かった。「Les Amours・・・」では効果的だった映像の撮り方や衣装、音楽なども、どうもくどい感じがしてしまって。映画祭で賞も取ったりしているけれど、「うーん、ちょっと違うなぁ」と思ってしまった。「Les Amours・・・」がとても好きなだけに残念。

10月は8作品でした。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-01-10 00:41 | Movie