<   2013年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

箱根、恩賜公園と箱根の関所

b0168823_20403381.png

また箱根のお話。

この時は恩賜箱根公園へ。

b0168823_2040481.png


元は皇室の離宮だったこの公園。

初めて来ました。

晴れていれば芦ノ湖の向うに富士山が見えるはず・・・。
なかなか見えません。

お庭はすばらしく手入れされていて、綺麗。

b0168823_2041243.jpg


それから箱根関所へ。

ここも初めて。

b0168823_20412772.jpg


大昔に来たことがあるらしいけれど、私は中に入りたがらず大泣きしたらしい。
何かが怖かったのかな。

b0168823_20422924.jpg


上から関所と芦ノ湖を眺める…。

b0168823_20434545.jpg


最後にみたらしソフトクリームを食べて、おしまい。

このところゴロゴロしていたら、また忙しくなった~。

でも今日はまた温泉に行ってリラックスしてきました。
今日の温泉は良く行くローカルな市営温泉。
やはりここのお湯、良いです。

さて、しばらくネットの繋がりにくいところへ行きます。

アップできたら途中でしようと思っているけれど、WiFi、あるかしら?

♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-26 20:47 | Travel Japan

フランス/スイス人達と箱根へ

b0168823_22123575.png


箱根神社へお参り。

うちも涼しいけれど、箱根はもっと涼しい。

b0168823_22212497.png


この週、箱根神社へは2回来ました。

一度目は家族と旦那さんと。

もう一回は旦那の従弟と息子が日本旅行中なので、彼らと一緒に。

彼らは超身軽。
3週間の日本滞在で、それぞれ荷物は10キロ以下。
日本での予定も東京、京都など大体しか決めていない。

この時は富士登山の次の日に会えそうだとわかり、箱根湯本まで来てもらって車でピックアップ。
日本での再会となったのでした。

b0168823_22241294.png


なぜ箱根で会っているのか、不思議な気分だった。(笑)

彼らと会ったのは土曜日だったから、箱根神社も混んでいました。

九頭竜神社もお参りする人たちが列をなしていて。
若い女性が多いので「なんで?」と聞かれました。

丁度結婚式もやっていて、日本の結婚式に二人とも興味深々。

b0168823_22252577.png


箱根神社に来ると必ずお水取りをします。

ここ、今まで反対側に一匹龍がいただけだったけれど、九匹に増えました。
九頭竜だからね…。

b0168823_22273196.png


箱根神社に来ると、気分すっきり!

従弟の息子は、従弟がわかーい時の子で、今既に15歳かな。
アニメや漫画が大好きらしい。
トトロの唄、うたっていた。(笑)

2人とも日本滞在大満喫らしい。
特に「ごはんがなんでもおいしくて最高~!」なんだそう。

良かった。

b0168823_2233322.png


この日は大涌谷へも。

何年ぶりだろう。久しぶり。
新しい建物ができたりして、変わったのですね。

曇り空で富士山も見えず残念でしたが。

b0168823_22392926.png


夕方、遅くならないうちに二人を私が予約してあげたホテルまで送って、さようなら。
良いホテルなので、喜んでもらえて良かった。

旦那さんはその後も彼らと東京で会ったりしていたけれど、私は次回はスイスで。

今頃は京都かなぁ?
楽しんでいるといいけれど…。



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-24 22:43 | Travel Japan

おうちゴロゴロ、温泉、おいしかった物…の記録。

b0168823_1719671.png


久しぶりにごろごろ、のんびり生活。

今日は温泉へ。
両親も行くと言うので3人で行ってきた。

私はこの温泉ははじめて。
でもいつも行く市営の温泉から車で三分しか離れていない。

こちらは広いお風呂、ジャグジー、サウナ、露天風呂もあり。
休憩所や仮眠所も広くて、お食事処も良い感じ。

お風呂は丁度誰もいなくて、貸切状態。
のびのび。

まだ少し残っている登山の疲れをすっかり癒してきた。


b0168823_17252392.png


雲がなければ休憩室の窓からは正面に富士山が見えるはずが…。
今日も富士山は見えませんでした。
夏はなかなか見えない。

帰りは帰国すると必ず行くお店の一つ、ラーメン屋さんへ行ってランチ。

b0168823_17262353.png


ゴロゴロする場所はサロンのソファかベランダ、もしくは和室。

風が気持ち良い日はベランダへ。

b0168823_17271153.png


今、くちなしの花が真っ盛り。
庭から良い匂いがする。

洗面所やトイレにも飾ってあるので、あちらこちらでほんのり香っている。

夏の匂い。

b0168823_17283937.png


先日、旦那さんが来ていた時に、両親と4人で行ったお蕎麦屋さん。

私は初めてのお店。

b0168823_17291570.png


お蕎麦は上品で、天ぷらもからりと揚がり、とてもおいしかった。

他にも好お蕎麦屋があるのだけれど、ここも「近くの好きなお店リスト」入り。

b0168823_1731997.jpg


ちょっと前のおうちディナー。
お刺身がおいしかったので記録。

緑色は京都の知り合いが毎年送ってくれるお漬物。

お豆腐もトロリ。

b0168823_17343352.png


東京から来たおば2人と従姉1人、それから旦那さんがうちに泊まった先週末。
賑やかで楽しかった!

大勢だからLeTAOのドゥーブルフロマージュも少しずつ。
これもいただきもの。
この時期帰国すると頂いたおいしい物がたくさんあってうれしい。(笑)

b0168823_1736289.png


アンリ・シャルパンティエは仏人旦那が持ってきてくれたお土産。
ここのケーキ、好き。
これもおいしかった。
特にテリーヌ・ドゥ・フリュイ。

b0168823_1742312.png


さっき、いきなりゲリラ豪雨で数十分大雨が降り続いた。
やんだら気温が下がって、すっきり涼しくなった。

これから日本間にごろりとして、最中アイスを食べながら読書。

ひぐらしもカナカナ鳴いているし…日本の夏、満喫~。

ちなみに仏人旦那は昨日から伊豆諸島を1人で旅行中。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-23 17:52 | Life in Japan

世界遺産富士山、弾丸登山!その2

世界遺産富士山、弾丸登山!★の続き…。

b0168823_1556664.jpg


この日の日の出は午前4時46分。
太陽は昇るのが早い。
あっという間にすっかり朝。

ご来光を見た後は、さっそく山小屋へ。
むしろ、寒すぎてほとんど避難。

b0168823_15563258.jpg


山小屋、確か3つあったけれど、とりあえず一番近くへ!

私達が休んでいる間もどんどん到着する人たちがいて、山頂は混雑。
週末はもっとすごいはず。

b0168823_1559968.jpg


小屋で座れるだけでもありがた~い。

とにかく温かい物が食べたくて、豚汁をオーダー。
一つ800円也。

ほとんど中身の入っていない豚汁。
スイス並に高い。

でもおいしかった~!
温かい物を食べられるうれしさ…。

多分1時間以上休んでいたはず。
チョコレートやら食べたりしたし。
それでも寒さと震えはなかなか収まらなかった。

それから、意を決して出発。

今度は火口をまわるお鉢巡り。

b0168823_1631337.png


彼は一周(4キロ以上、90分)したかったらしいけれど、登ってくるまでにちょっと頭痛がしたり、足に震えが来たらしいので、まわらないことに。
高山病が怖いから、ゆーっくり登ったけれど、彼はもともと標高差に弱いみたい。
スイスでスキーをしても、2,3回登ったり滑ったりすると頭痛がしてきてしまって楽しめないらしいので。

私はこの時もまだとても元気。

…だったのだけれど、太陽の光が強烈なのと寒いのと、寝不足と空気の薄さとでさすがにだんだん疲れてきた…。

b0168823_166473.png


家に帰って写真を見たら、彼を撮った写真が「マッターホルン登頂!」みたいなのが多くて笑ってしまった。

屋久島で縦走した時も言われたけれど、富士山でも山小屋のおじさんと話した時に「スイスから来た」と言ったら「なんだ~。山登りのプロかぁ~。慣れてるもんなぁ。それじゃ楽だ。」って。
いやいや、スイスから来た人みんなが崖山登ってるわけじゃないです…。 (笑)

b0168823_16115166.png


雲海と下界。

空気が澄んでいて、緑や茶色のコントラストが美しかった。
普段見られない上からの眺め。

b0168823_16183564.png


紫外線が強すぎて、写真の色がうまくでないけれど、ものすごく寒いのに暑いし、疲れているしで設定を直す気にならず…。

b0168823_16132175.png


しばらく歩いて、見えてくるのは御殿場口の頂上。

ここには郵便局がありました。
でも人が並んでいたので、素通り。

もう早く下山したかった。 (苦笑)

御殿場新五合目口を目指して下り始めたのが大体午前6時。

前回頂上まで登った時も同じコースだったのだけれど、下りはものすごーく楽だった記憶がある。
大砂走りをガンガン走って、あっという間に下についてしまった。

私もそうだったし、一緒に登った弟や従姉も同じ印象だったみたい。
3回登った父も、高校生の時は夜中に登る弾丸で私達と同じコース、下りはとても楽だったと記憶していて。
そんな話もしたいたので、帰りは楽だと思っていたのですが…。

これがまったく楽じゃなかった!!
っていうか、登りよりも大変!!

b0168823_16205212.png


まず、普通にどんどん下りしばらく行くと途中から、砂の大砂走りになる。
ここからは走って降りれらる。
ガンガン進めて、3メートルくらい飛んじゃったりできる。

でもここまでくるのに、すでに疲れ切っていたので、走るのが大変だった。
それに記憶にあるように、軽々と飛ぶように降りられない。

そういえば、一緒に登ったオバやオジ達に帰りはどうだったか聞くのを忘れた。(今ならその時の自分の年齢よりも、彼らの年齢に近い私…)
後で気が付いた。
私達は子供だったから、体重も軽くてぴょんぴょん飛べて楽だったんだ…と…。
それにあの時は山小屋に一泊したから、それほど疲れてもいなかったんだ。

今回、事前にせっかく買った山登り用の杖を忘れてしまった私。
直前まであたふた用事があったので、すっかり持ってくるのを忘れ、車の中で気が付いた。
でも金剛杖も買わなかった。
杖がなかったからか、下りは膝に負担がかかり、どんどん歩くのがつらくなってきて。
もう大変。

そりゃそうです。
徹夜で10時間歩いているんだから。
普段からアウトドア活動しているわけじゃないし。

「もういい加減に到着するだろう」ってところから、さらに「新五合目口、8.9Km」とあったりしてうんざり。

イッパイイッパイだった私は途中の写真を撮れなかった…。

b0168823_1625476.png


彼も私も本当に疲れちゃって、ちゃんと下山できるんだろうか?と不安に思ってしまったくらい。
特に私は左膝が痛くて(今まで体験したことのない痛み)、最後の40分ほどが特に辛かった。
明らかに歩き方が間違っていて、体重が片方にかかってしまっていたという感じ。

それでもがんばりました。

最後の休憩場所にいたら、母がすぐそこまで登ってきてくれていて(ゴールからほんの5分ほど)、姿を見つけた時のうれしさったら!!

御殿場口の鳥居をくぐって下山終了した時は、本当にほっとした…。
下山、到着したのは午前10時頃。

この後、下山し始めてから大体の到着時間を携帯で知らせておいたので迎えに来てくれていた両親の車で家へ。

途中でマックで朝食を買ってもらっておうちで食べたら、これがまたおいしくて!!
あんなにマックがおいしかったのは初めてかも。

b0168823_16285475.png


私も彼も、寝不足でふらふら。
24時間起きていたわけだし…3時間ほどお昼寝したけれど、二人とも熱ぽく、風邪をひいたようになってしまった。
その日は薬を飲んで、寝ました。

次の日、私は筋肉痛などはなかったけれど、左膝が痛くて階段が大変だった。(3日目には治った)
彼はすっかり元気。

今、盛んに弾丸登山は控えるようにと言われているけれど、弾丸登山はやはりとても大変!!
体力の消耗が激しい。
私達はこれ以上は望めないってほどの良い天候に恵まれたのと、私は一度登ったことがあったので大変さが予想できたのもあって、弾丸してしまったけれど…。
実際、澄み渡る空に輝く月と星や街の明かりを遠くまで見回しての登山は素晴らしかった。
でも、少しでも風が吹いたり、雨が降ったりしたらこうはいかず、もっともっと大変だったはず。

私達ももちろん少しでも無理だと思ったら下山するか、途中の小屋で寝るつもりで登ってはいた。

とにかく、無事に登れて、降りてこられて良かった。

世界遺産登録の年にあんなに素晴らしいお天気で富士山に二人で登れたこと。
ご来光を拝めたこと。
これは良い思い出になりました。

でも、もう登らなくていいです。私は二回も登っちゃったし…。

私のリュックはエイグル・AIGLEのもの。
アウトドア関連はエイグルがかわいくて好き。

以上、富士山、弾丸登山でした。

(* 徹夜での弾丸登山は体力の消耗が激しく危険なのでお勧めしません!)


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-22 16:57 | Travel Japan

世界遺産富士山、弾丸登山!

b0168823_1811740.jpg

一週間ほど、仏人旦那が実家に滞在していました。

この間なんだかんだと忙しく動き回ったのだけれど、今回一番のハイライトはなんと言っても富士登山!

世界遺産になったばかりの富士山。
ま、「世界遺産になるって、どうなんだろう…」とか思ってしまう私なので、それに踊らされたわけではなく、以前から次回夏に日本へ来られるのがいつかわからないので、この夏は絶対登ろうと思っていたのでした。
って、旦那さんが。
私は子供の頃に山頂まで登ったことがあるので、そこまで熱心ではなかったのですが。

で、彼がうちに滞在する一週間のうち、色々な予定の関係で、登れそうな日は一日のみ。
それも夜中のうちにのぼって山頂でご来光を拝み、そのまま山を下る弾丸登頂の予定。

まったくアウトドアスポーツに興味のない私。
(屋久島縦走では、一晩泊まった山小屋で全身ジンマシンが出たくらい…)

今回の計画は、途中の小屋で夜を過ごさない弾丸登山。
徹夜で登って御来光を見て降りてくるって聞いただけで、ものすごく心配に。
昔登った時は山小屋に一泊したので、それほど大変ではなかったけれど…。
徹夜だってほとんどしたことないのに、夜中に登山なんて。

おまけに私が帰国してから、ほとんど富士山、見えないし。
お天気が悪かったら弾丸は無理。
弾丸じゃなくたって、お天気が悪かったらキャンセルするしかない富士山だもの…。

そんな心配をしつつ、でも万全の準備をして挑んだ登山当日。

なーんと、登山口に向かうために家を出発する1時間ほど前に、いきなり空が晴れてそれまでまったく姿が見えなかった富士山がくっきり見えだしたのでした。(それが上の写真)

これにはみんなびっくり!!

この日は朝9時から歯医者があり、昼間も予定があって、直前にも2時間ほどストレスフルな予定があった私。
とてもゆっくり休んで、富士登山に備える精神状態じゃなかった…。
で、バスで登山口に行く予定を変更し、両親に車で送ってもらいました。(少しストレス減)。

向かう車からも、この夏最高なんじゃないかってくらい、はっきりとクリアに見える富士山。
夏でここまでクリアなのは本当に珍しい。

b0168823_1811566.jpg


向かったのは、須走登山口。
私達が選んだのは、須走口から登り、御殿場口に下りてくるコース。

須走口、標高2000メートル。五合目。
ここで、既に少し涼しかったです。
(それなのに、半袖半ズボンで、アイスクリームを食べている西洋人若者グル―プが。そのまま彼らは登り始めたので驚いた。)

20分ほど五合目にとどまってまずは体を慣らし、夜8時過ぎに登り始めました。

真っ暗な中、頭にライトをつけて、少しずつ登って行きます。
ちょっと不安だったけれど、慣れてしまうと、結構楽しかった。

とにかくお天気にはとても恵まれたのがラッキー。
雲がまったくなく、星も月も美し輝いて、街の明かりもずーっと見えて。
箱根の山の向うまで街の明かりがキラキラとはっきり見えて、風もほとんどなし。
山って素晴らしい!と思ってしまうくらい、気持ちが良かった。

標高が上がるほど気温はどんどん下がるけれど、歩いていると暑くなるので、またにふく風が心地よいくらいでした。

b0168823_18185792.jpg


途中、人があまりいなくて自分のペースで登れたのも良かった。
でも須走口と富士吉田口が交わるところからは、突然大渋滞。
これにもびっくり!

ここで午前1時半頃。

いくつかある山小屋では必ず十分休んで(でも休みすぎて体が冷えないくらい)、何か食べ、ゆっくり上りました。
高山病が怖いので、ゆっくり、それから常に深呼吸をするようにして、酸素を吸収。

お天気が良かったからいいけれど、大雨や風が強かったら弾丸は絶対無理。

そして午前3時半前に富士山山頂に到着!!

ここまでは屋久島の2日間縦走に比べると、断然楽でした。

b0168823_18213310.jpg


山頂はとにかく寒い!!!
防寒には気を付けて行ったけれど、それでもご来光を待つまでの1時間ほどはとにかく寒かった!!!
ここは北極か!?ってくらい、地上で想像した以上に寒かったです。

b0168823_1823171.png


空はどんどん明るく、オレンジになっていって…。
雲海から太陽が登ってくる様子。

b0168823_18274189.png


素晴らしく美しいご来光が拝めました。

これはさすがに感動的。
仏人も寒さで震えながらも、感動していた。

b0168823_18331556.png


ちなみに、私達は早めに山頂に到着したからか、一番前でご来光を拝めたけれど、ふと後ろを見てみれば、まわりは人の波。
この後もどんどん人が登ってきて、山頂は大混雑。
ウィークデイですでにこれ。週末の混みようはすごいだろうと想像できます。
外国人の登山者も多かったです。

b0168823_18351260.png


富士山頂上奥宮も日の出の太陽に染まってオレンジに。

でもとにかく寒い!!しつこいけど!

ご来光を拝んで、もうとにかく小屋に入りたいと、一番近くへ飛び込みました。

長くなったので、続きはその2へ…。

(*富士登山、徹夜の弾丸登山は、体力消耗が激しく危険なのでおすすめしません!!)



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-21 18:51 | Travel Japan

お友達姉妹とフレンチレストランでランチ@六本木

先日、お友達姉妹に会って、ランチ。

毎回新しいレストラン、おいしい食べ物を紹介してもらうのが楽しみなのだけれど、今回は六本木のフレンチ・レストランへ連れてっていただきました。

残念なことにまたカメラを忘れてしまったので、写真はiPhoneで。

b0168823_2319044.jpg


オマール海老のコンソメ キャビア添え

冷製スープ(写真なし)

ビュルゴー鴨肉のポワレ 2色のピューレ

ティラミス レストラン特製

コーヒーとプチフール

どれもとーーーーーってもおいしかった!!!
何もかもおいしくて、感激。感涙。

日本のフレンチやイタリアン・レストラン、なんとなく薄味のところが多くて、味にパンチがないことが多い気がする。
日本人の舌に合うようになっていて、ある意味洗練されているとも言えるのかもしれないけれど。

連れて行っていただいたこのお店は、すべてしっかり味ある。
でも味が濃いわけじゃない。しょっぱいとか甘いとかではなくて、きちんと素材の味がする。
そして私でもとても手がかかっているのがわかる。
量もすくなすぎず、きちんと食べた感があって大満足。
サービスも良く、雰囲気もとても心地よく。

そしてお値段がっ!!
この質に対して、書きたくないけど、スイスではありえないくらいリーズナブル。
おいしいから、喜んでお支払したいお値段。

b0168823_23334545.jpg


大充実、大満足の午後でした。

ありがとうございます~。
写真を見ているだけで、またすぐ行きたくなってきた…。

b0168823_23343137.jpg


その後は某ファミリーセールに行って、お土産もいただいた♪

楽しかったですね。
また行きましょう!!


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-17 23:45 | Odekake Japan

新宿、下北沢、下町の居酒屋さん

b0168823_130306.jpg


ごろごろ生活も一区切りで、忙しくなってきました。

猛暑の先日、灼熱(!)の新宿にて、旦那さんと待ち合わせ。

どこに行こうか決めていなかったので、とりあえず、帰国すると一度は行くKrispy Kremeにてお茶。

b0168823_131929.jpg


暑くても食欲は全然落ちない。
日本だもの、食欲ないとか言ってる場合じゃないでしょう!

ってことで、ドーナツも3つずつ。

おいしかった。
また次回帰国まで食べなくてもいいわ。

でもやっぱりクリスピー・クリームはオリジナル・グレーズド・ドーナツが一番おいしい。
温めて食べるのが好き。
緑色は抹茶。つい選んじゃったけれど、まぁまぁでした。

高島屋やハンズや、いろいろ見て。
スイスじゃなりを潜めている物欲が日本では、むくむく顔を出してくる。
彼も、スイスで服を買うことは滅多になくて、衣類、靴、バックまでほとんど日本で調達しています。
別人のような買いっぷり。(笑)

b0168823_1331952.jpg


その後、彼は下北沢へ行ったことがないというので、下北沢へぴゅ~ん。
ひっさびさ!
4年ぶりくらいかも。

でもとにかく暑い。
都内は夕方になっても気温が下がらないのがつらい。

ま、夏らしくていいですけど。

下北沢、彼も気に入った様子。

b0168823_1385672.jpg


休憩のために入ったカフェ。
入ってから、かつて良く来ていたカフェだったことに気が付いた。

すっかり忘れていた…。
適当に入ったはずだったのにいつも来ていたカフェで、それを完全に忘れていたことに自分でびっくり。

普段は温かいものしか飲まない私も、さすがにこの35度近い気温では冷たい飲み物に手がでます。
選んだのはジンジャーソーダ。

b0168823_13164069.jpg


夜は、彼が日本に来ると必ず寄っている居酒屋さんへ。

超日本通の友人スイス人に連れてきてもらったのが始めだそう。
彼は日本にくると必ず一度は食べに行っているけれど、私は2回目。

友人スイスのおかげで、この小さな下町の居酒屋さんは、東京に観光に来るスイス人、フランス人のお客さんも来るみたいです。

旦那さんは日本語は少ししかできないけれど、どうやってコミュニケーションとっているのかなぁ。
私と一緒にいると、ついつい私がいろいろ読んだり話したりしちゃうので、彼1人の時はどんな様子なのかなと思う。

この暑い中、毎日精力的にあっちこっちに出かけていて、映画館にも良く行っているみたいだし、あの複雑な都内の地下鉄も乗りこなしているし。

都内にいるだけでなく、茅ケ崎に行ったり、江の島で泳いだり、鋸山に行ったりも。

体力あるなぁ、と感心。

この日は彼が1か月ステイしているマンスリー・アパートメントに行ったけれど、新宿の高層ビルを望む新しくて綺麗なビルだった。
部屋も新しいから清潔で、ワンルームとは言え、都心にしては大きく。
そして、どこに行くにも便利、駅から1分という立地。
部屋選びは大成功だったみたい。

今回、カメラを忘れてしまったので、iPhoneで撮りました。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-15 13:44 | Travel Japan

夏日、おうちでごはん、読書。

b0168823_23153493.png


夏日が続く毎日。
風通しの良いうちも、昼間はさすがに暑い。

夕方、ヒグラシが鳴きだす頃には気持ちの良い気温になるとはいえ、日中はグータラしちゃいます。

またこの2,3日は、おうちでゴロゴロ。そして本を読んで。

近所を夕方お散歩するくらい。

b0168823_22571395.png


こう暑いと、ランチに食べたくなるのは冷たい麺類ばかり。

冷やし中華に、

b0168823_22575296.png


お蕎麦に。

あとはそうめんでいい感じ。

上↑、ものすごーく普通の食卓風景…。(笑)
だって、普通のごはんなんだもの。

b0168823_23155395.png


この間、また窓に鳥がぶつかった。
新聞を読んでいたら「ドンッ!」という大きな音がしたので驚いてしまった。

今回は下のガラスにぶつかって、後が白くのこっていました。
割れなかったからいいけど…。

鳥も無事だったみたい。

上のガラスには数回ぶつかって、いつだったかガラスが割れたこともあります。
ガラスに空と木がうつっちゃうとわからないみたい。
鳥目、良く見えないのね…。

b0168823_22593240.png


相変わらず、お客様の多い我が家。

先日の夜のこと。
近所のイタリアンレストランのシェフがうちに遊びにきてくれた。

いつのまにかシェフとすっかり仲良くなってしまった両親は、レストランに食べに行くのはもちろん、うちで飲んだり遊びに行ったりしているらしい。

この日はプロセッコ、ワイン白、赤、それから前菜いろいろ持ってきてくれました。

メインはなんとフォンデュ!!こんなに暑くなるとは予想外だった。
(お皿はフォンデュ用取皿、小さいグラスはフォンデュの時の白ワイングラス。)

午後4時から始まり、11時過ぎまで、ビール(ハートランド)1本、プロセッコ1本、ワイン白2本、赤1本、父とシェフは仕上げにブランデーまで飲んだのでした。

なんだかわからないけれど、ゲラゲラ大笑いして、おいしくて、楽しかった。
シェフは東京、イタリアやハワイなど色々なところにいた人なので、話も面白く。

b0168823_2312778.png


ベランダでの読書は、夕方、涼しくなってから。

今読んでいるのは、村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」。

それと「本の雑誌」。
この本に関する雑誌、活字が多くて、マニアックで文章が面白く、ウィットに富んでいて大好きです。

「色彩を持たない…」は、なぜかなかなか進まない・・・。

もう萩が紫の花をつけだしています。
去年は不作だった柿も既に沢山緑の実がなっている。
小さくても、柿の形、ちゃんとしている。


♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-10 23:26 | Life in Japan

新横浜ラーメン博物館@横浜

七夕の日のこと。

七夕祭り()の前に行ったのは、新横浜にあるラーメン博物館。
★新横浜ラーメン博物館

b0168823_2032625.png


横浜も鎌倉も大好きだけれど近すぎて今更観光でもないので、行ったことないところにしようということで、ラーメン博物館になったのでした。

3週間ぶりの再会なのにロマンチック度、ゼロ。
色気より食い気。

b0168823_2047573.png


ラーメン博物館。
どんなところでしょう?と思っていたら…。

入口を入ると、いきなりお土産屋さんやオリジナルラーメンをつくれるコーナー。
なんとなく「これか?」と、軽くがっくり。

ラーメンの歴史などの展示も日本語しかない。
せめて英語、つければいいのに。
中国、台湾以外の外国人のお客さん、多かったから。

でも、地下は昭和33年の街並を再現してあって「おぉ」となる。
映画のセットみたいだし、おもしろい。
階段は銭湯。

b0168823_2037236.jpg


昭和な的町並みと夕暮れ。
ちょっと東京下町の祖父母の家を思い出す雰囲気もあったりして。
今は建て替えられてマンションになってしまったけれど、その家は一軒家で池のある庭がある、なかなか立派でした。
トイレが廊下の突き当たりの暗い一角にあって怖かったけれど。

いくつかあるラーメン屋さんから最初に選んだのは、豚骨。

b0168823_20395233.jpg


私は今回日本滞在初めてのラーメンだったからおいしかった。
旦那さんは既にこの3週間に何度もラーメンを食べているので、まぁまぁだったみたい。

ちなみにこれ、ミニ・バージョン。
せっかくだから2種類は食べたいと思って、ミニに。
500円だったかな。550円だったかな。

「こむらさき」にて。

b0168823_20422130.jpg


駄菓子屋さんがあったり。

私が小学生の頃に買っていた駄菓子もあって懐かしかった。

b0168823_204405.jpg


2杯目は、潮(塩)味で。

「かもめ食堂」気仙沼のラーメン屋さんだそう。

さんまの香油が効いておいしかったです。

b0168823_20324797.jpg


他にも揚げパンやさんがあったり、私が温泉で近所の温泉で飲む瓶入り牛乳も売っていたり。
的当てやマジックショウもあったり。

なかなか楽しめました。

…でも、行くのは一度でいいかな…。(^^;;



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-09 21:03 | Travel Japan

七夕祭り@平塚

b0168823_23241476.jpg

7月7日。
七夕の日。

暑いっ!!いきなりのこの暑さ。
梅雨はもうあけたのかしら?

そんな猛暑の中、横浜と平塚へ行ってきました。

まず、横浜で3週間ぶりに仏人旦那と再会。
毎日スカイプで話しているし、しょっちゅうメッセージも交換しているので、久しぶりという気はあまりしない。
でも彼、顔が焼けてた。日焼け止めなしで歩き回ったらしい。(気をつけなよ~)
そして、初めて日本の美容院で髪を切ったので、いつもとは違う髪型になっていた。
(こっちのがいいみたい!)

横浜の後、2人で平塚へ。
友人2人と落ち合って、4人で七夕祭りへ。

b0168823_23245140.jpg


この時点ですでに3時半過ぎだったのだけれど、とにかくあっつーーーい!!!
気温、35度近かったんじゃないだろうか。

b0168823_2325231.jpg


そして、ものすごーーーい人の数!!

ジュネーブの田舎ライフでは「人ごみ」なんてたかが知れているわけで。

いつも帰ってくるたび、例えば新宿駅などでは、しばらく人の波をうまく縫って反対側に渡れなかったりするんだけど。

いやはや・・・こんなに人って集まれるのか!(笑)

b0168823_23275775.jpg


あまりの暑さと人の多さに、七夕の飾りも集中して見られなかった…。
でもそれぞれ趣向が凝らしてあった…みたい。

千羽鶴を沢山連ねたものとか。
トトロの絵とか。
国民栄誉賞を受賞した松井選手とか長嶋さんの、とか。

b0168823_23281750.jpg


イメージしていたのとはだいぶ違うお祭りだったのだけれど、楽しかった!

友人達とは7か月ぶりの再開だしね。
(旦那さんとは3週間ぶりだし。)

b0168823_23301934.jpg


屋台もたーくさんでていました。

ここに来る前に食べていたのと、普段もあまりお祭りで屋台で物を買うことがない私達は流しただけ。

とりあえず、アルコールは飲みましたが。
私はバカルディ・モヒート。
彼はビール。

b0168823_23321869.jpg


烏賊もあった~。
いい匂いだった。

もっと気温が低かったら食べたかもなぁ。

b0168823_23363356.jpg


りんごあめ。

小さいころ、お祭りに行くと買ってほしかったものの一つ。
でも両親に買ってもらった記憶、なし。

数年前に初めて自分で買ってみた。
結局大きいのなんて食べきれなかった。

母は「小さい頃買ってあげなかったのを、やっと今買えたのねぇ」って。(笑)
本当にそう。小さいころの欲求とトラウマ(?)を解消した瞬間の一つでした。

絶対食べきれないし(そして大しておいしくもないのに)、なんとなく惹かれてしまう、りんごあめ。
やっぱりあのつやつやした透明な赤のせいかな。ルビーみたいな。

苺あめ、ぶどうあめ、ひめりんごあめなども…。
もう買うことないでしょう。でもあると見ちゃう。

b0168823_23554268.jpg


結局、最後はスタバでストロベリー・チーズケーキ・フラプチーので〆。
唯一席を確保できた場所でした。

今日は晴天だったから、織姫と彦星も天の川の真ん中で会えたね。

うちは、私は実家へ、旦那さんは東京へと、またしばらく別々暮らしが続きます。



♪♪Merci♪♪ 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]

by sahobo | 2013-07-07 23:58 | Life in Japan