ルーヴルでパワーチャージ Paris その3

b0168823_2142525.jpg

アート、美術館が大好きなので、パリでも毎回必ず1つか2つは美術館に行くことにしている。

今回選んだのはルーヴル美術館(Louvre)。

既に何度か行っているのだけれど、規模が大きいしいつも混んでいるから、ここ数年は館内に入っていなかった。
でも日本でのことがあって、今一番見たいのはなんだろうと思った時に浮かんだのは、ルーヴル美術館にある作品達だったのです。

b0168823_21435947.jpg

ミロのヴィーナスにこんにちは。
久しぶり。

b0168823_21453824.jpg

いつも大人気のレオナルド・ダヴィンチの「モナ・リザ」。
毎回「モナ・リザ」に群がる人々を見に来ている気になる。

でも有名な絵はやっぱり違うのだ。
何度見ても「あの作品を見た」と思うだけで、気分が上がる。

b0168823_21473097.jpg


ここの仏人は数年前、ルーブル美術館に貸切で来たことがあるそう。
この「モナ・リザ」も1人で見たらしい。
部屋にもう1人いたけれど、それはフランス人俳優のジャン・レノだったって。
映画「ダビンチ・コード」のプロモーションだったのかな。

b0168823_2203919.jpg


大好きな「洗礼者ヨハネ」は「岩窟の聖母」などとともにゆーーっくり鑑賞。
たまに団体さんがガイドの説明を聞きながら通り過ぎるくらい。
プロテクションのガラスもないのがうれしい。
作品に近づいてみたり、遠くから眺めてみたり。
同じ微笑をしてみようとしてみたり。(笑)
口角がキュッと上がっている顔が好きなんだ。

そしてこれ。
この眺め。

b0168823_2245846.jpg


「サマトラケのニケ」は今回一番見たかった。

日本の地震以来、なんとなくいつも不安で疲れ気味で、気持ちも身体も縮こまってしまっている私が求めていたイメージ。

b0168823_2295721.jpg


前を見て羽を広げる!

3時間はルーブルにいるつもりでいたのに、彼の仕事が早く終わってしまい、結局いたのは1時間半ほど。
でも他の見たかった作品もほとんど鑑賞したし、美術館って作品にやられてしまうというか(歩くのもあるし)、ものすごく疲れるので丁度良かった。

b0168823_22292231.jpg


何か大きなことがあった時に私が求めるのは音楽、映画、本、そしてアート。
普段は大好きなお洋服やバックや靴やジュエリーもなんだかどうでも良くなってしまう。
お買い物でストレス発散できていたのは昔の、若かりし頃の話で、今は元気じゃないと物欲もわかない。
素敵な物を見るのは楽しめても所有したいと思わない。

精神的に生きようなんてつもり全くはないのだけれど、また自分の中で価値観のシフトが起こっているような気がする。

(でももっと落ち着いたらきっとまたショッピングに走るんだわ。「物欲があるのは元気な証拠」とか言っちゃって。笑)

♪♪Merci♪♪
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

My Flickr UP DATED♪♪
[PR]

by sahobo | 2011-03-31 23:05 | Travel France