人気ブログランキング |

2012年 08月 15日 ( 1 )

映画録 7月 その3

b0168823_031539.jpg

8月も半ばになっちゃった!!
早い、早すぎる・・・。

まだ残っている7月に映画館で見た映画の記録。

99. Rock of Ages (ロック・オブ・エイジズ)
アメリカ。英語。監督 Adam Shankman 出演 トム・クルーズ(Tom Cruise)、Julianne Hough
80年代、90年代のロックを使ったミュージカル。
率直に言って・・・あんまり面白くなかった・・・。(涙)ジョン・ボンジョビ(Blaze of Glory!!!)、エクストリーム(More than words!!!)、デフ・レパード、ポイズンと、超懐かしい曲がたくさんで、もっと楽しめるかと思いきや・・・編曲もあまり好みでなく、ひたすらオリジナルが聴きたくなってしまい・・・。最後のGuns N' Roses なんて、もう「あぁ、Axelで聴きたい!!」といてもたってもいられなくなってしまった。(ガンズは初めて聞いた時以来大好き!!!でした。今も好き。アクセル・ローズが理想だった10代。(笑))
トム・クルーズもスターなんだけど、やっぱり表情2種類しかない?(笑)あのバンダナとサングラス、ぴったりパンツ姿のモデルはAxl Roseですね。あー、アクセル、カッコよかったよなー。コンサート行ったなー。
映画はそもそも狙っている年齢層がわからない。多分今の20代は知らないであろうロックの曲を使いつつ、でもストーリーはお子ちゃま向け。ミュージカルの舞台ならもっと楽しいのかも。

100. Haywire (エージェント・マロリー)
アメリカ。英語。監督 スティーブン・ソダバーグ(Steven Soderbergh) 出演 ジーナ・カラノ(Gina Carano)、ユアン・マクレガー(Ewan McGregor)
特別工作員が主人公。罠にはめられ殺されそうになるが・・・。
うーん。まぁまぁ・・・。アクション、あまり緊張感がないなぁ。さっさとこの撮影を終えて次に行きたい・・・って思って作ったような。特に終わり方。「ま、ちょっとカッコイイって雰囲気で終わらせればいいでしょう。はい、次々。」みたいな適当さがにじみ出ており。印象が薄い作品でありました。

101. Bowling
フランス。フランス語。監督Marie-Castille Mention-Schaar  出演 Firmine Richard
舞台はブルターニュ。パリから病院の産婦人科を視察に来た女性が主人公。ボーリングをしながら看護婦達と交流を深めるが、産婦人科を閉じる決断が下される。
今年の最悪映画、1、2を争う恐ろしいつまらなさだった。(爆)プロットも何もなっちゃいないし・・・。なんかもうあまりにもめちゃめちゃで、笑ってしまうくらい。普段はつまらない映画では席を立ってしまうフランス人も、さすがに「一体どこまでひどい映画か見極めたい」ってことで最後までいたけれど。何もかもが酷かったです。現在のところ今年のワースト1。

102. What to expect when you're expecting (恋愛だけじゃだめかしら?)
アメリカ。英語。監督 Kirk Jones 出演 キャメロン・ディアス(Cameron Diaz)、マシュー・モリソン( Matthew Morrison)
5人のカップルの妊娠にまつわるそれぞれのお話。
・・・・なんてつまらない映画・・・・。キャメロン・ディアスの相変わらずのスタイルの良さ、脚の長さにはほれぼれしたけれど。フランス人、途中退場。今のところ、今年のワースト映画第2位。

103. Batman The Dark Knight Rises (ダークナイト ライジング)
アメリカ。英語。監督 クリストファー・ノーラン(Christopher Nolan) 出演 クリスチャン・ベール(Christian Bale)、ゲイリー・オルドマン(Gary Oldman)、アン・ハザウェイ(Anne Hathaway)
トム・ハーディー(Tom Hardy)、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt)、マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)
ノーラン監督のバットマンシリーズ、第3作目。
やっぱり私、かなりノーラン監督の作品が好きらしい。今回も良かった。スーパーヒーロー物に特に興味はないけれど、ノーラン監督にかかるとダークでクール!!アメリカのコミックブック・ヒーロの孤独感がとてもうまく表現されていたし、感動的でもあり。なのにユーモアもあって。
前2作にでているゲイリー・オルドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンの他、「インセプション()」にでていた数人も出演。
ノーラン組。「インセプション」で目をつけたかなり好みなルックスのトム・ハーディー、実は最後までわからなかった。顔、半分みえないんだものー。
これを見る前に前2作、「バットマンビギンズ()と「バットマン ダークナイト()」を改めてうちでBlu-rayで観たけれど、「良くできてる」とまたも感心したし。今回もハンス・ジマーによる音楽。重厚でかっこいい。これはもうepic。またそのうち3作続けてみよう・・・。
クリスチャン・ベールのバットマンのあのしゃべり方、台詞、ついついまねしたくなる。(笑)

7月は以上、16作品でした。

♪♪Merci♪♪ 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

by sahobo | 2012-08-15 00:33 | Movie